工事レポート

2017年6月 8日 (木)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その7

ちょっと間を空けましたが、小田急登戸の徘徊、7回目です。

写真はすべて5/28撮影のもの。

上りホーム向ヶ丘遊園方から。
Img_0368_2 Img_0367 Img_0369_2
前回、本線側に縦方向に数本鉄骨があったはずですが、1週間の間に撤去されています。

下りホーム向ヶ丘遊園方から。
Img_0372 Img_0373 Img_0374
地上部がのぞけます。機材が撤去されていましたね。

下りホーム新宿方へ歩いてみると、
Img_0370 Img_0371
軌道にご注目。
以前はいかにも調整前でグニャグニャ曲がっていたところが調整されています。

駅の外から。
Img_0375 Img_0378 Img_0380 Img_0381
これまでPC桁の下には油圧ジャッキがありましたが、撤去されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その6

小田急線登戸駅1番線について。先日も言ったばかりですが、大きな変化が。

それは・・・、

Img_0341_2 Img_0340_2
これです。
軌道外側に鉄骨が追加で建てられていました。

ということで、前回まで上げていたコンクリート土台は、
Img_0342_2
「鉄骨の基礎」でしたね。

さて、駅の外から、
Img_0345_2
PC桁が追加で1本上げられていました。

前回のレポートと比較していただきながらご覧ください。
Img_0347_2 Img_0348_2
PC桁が移動しているわけではなさそうですね。

同じくこちらもかな?
Img_0352 Img_0350_2
こちらも移動していないようです。

下りホームから向ヶ丘遊園方。
Img_0353_2 Img_0354_2
うーん、個々からPC桁を真下に下ろすような感じですね。

ズームすると、
Img_0355_2
明らかに本線側の鉄骨が支障するんですが、本線側の縦にはしる鉄骨(右側の縦方向のもの)は当然撤去されるでしょう。

右のPC桁の鉄筋が組まれている位置に注目。
Img_0357_2
やっぱりホームが少し新宿方にズレる気がします。

一方で、既存の効果京都の床面と新しいPC桁の位置のズレに注目。
Img_0359
左側のPC桁をもうちょっと外側(さらに左方向)にずらしていく気がするんですが。

軌道工事に関しても変化が。
向ヶ丘遊園方はレールに養生され、間もなくコンクリートが打たれるといったところですが、
Img_0360
新宿方の放置されていた部分にラダー軌道が搬入されていました。

しかし、よく見ると、
Img_0361
まだ組まれていません。

近づいてみると、
Img_0362 Img_0363
右写真の右側は金具で締結されているのとは違い、締結用金具がありません。

こちらも同様ですね。
Img_0366
ラダー軌道に単純に「乗せただけ」の状態にされています。

次回行くころには向ヶ丘遊園方の真ん中のPC桁が下ろされて本線側の鉄骨が除かれ、ホーム工事が始まるという感じですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その5

今回は小田急登戸駅徘徊のその5です。

まずは駅外(南口付近)から。
Img_0323

3枚目と4枚目に注目。
Img_0324 Img_0325 Img_0338 Img_0339
如何にもPC桁の位置決めをしているという感じです。これはギリギリ手前まで来そうですね。

さてホームに上がり、
Img_0326
レール締結部に木枠が組まれました。この付近もコンクリートが打設されるでしょう。

下りホームより向ヶ丘遊園方面。
Img_0327 Img_0329
前回と比較してご覧いただければと思いますが、前回は左側(軌道中心から外側)のPC桁が真ん中の仮設軌道(?)に乗っかっていたんですが、それが橋脚上に下ろされています。
Img_0331 Img_0332
このPC桁は右に寄ってくるんでしょうかね?いまだにわかりません。

向ヶ丘遊園方をズーム。
Img_0337
軌道外側にコンクリート土台があらわれました。
鉄骨か架線柱の土台でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その4

今日からゴールデンウイークですが、昨年に引き続き自宅で過ごすことになりました。
当然というか、予定があるわけではないので、暇つぶしに登戸に行ってみました。

写真をズラーっとアップしますのでどうぞ。

上りホームから。
Img_0265_2 Img_0266 Img_0268 Img_0269_2
前回から変わったところと言えば、白い布で養生された四角い物体。
ホームの鉄骨でも刺さるんでしょうかね?
あと一番右の写真は、あれはホーム用の鉄骨でしょう。前回はあれを撮ったかな、と記憶が無かったので念のため撮りました。
前回写真と比較したところ、前回は完全スルーしてしまってたみたいです。

一旦駅舎の外へ出て。
Img_0271 Img_0272 Img_0276
工事用の足場に掛けられた布、前回はあそこまで低くなかったですし、PC桁が前回とは違って丸見えです。
私のような人間には非常にうれしいですが。

下りホームへ上がり・・・、
Img_0277 Img_0280 Img_0281 Img_0283
とまあこんな感じです。
前回レポのPC桁は既に下ろされて、丸見えだったPC桁は2本目というのがはっきり確認できました。
う~ん、ホームが掛かる部分はあのままにしておくのか?この感じだとPC桁はあと1本だけかな?

さて、軌道。
Img_0284 Img_0286 Img_0287
順に向ヶ丘遊園方から。
新宿方はすでにコンクリートが打たれてました。予想通りですね。
さて、完成時はバラストを敷くかどうかが気になります。
結構騒音低減を気にすると言われている小田急のことだから、敷くんじゃないかとは思っていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その3

今回は、約1週間前に登戸駅周辺をまた徘徊してきたので、そのレポートです。

まず、ホームとあまり関係の無い、駅周囲の様子から。
建物は取り壊しが進み始めました。
Img_0240_3 Img_0243 Img_0241 Img_0248  Img_0247
某パチンコ屋が取り壊しが完了してスッキリ。
この他にも更地化されたり取り壊し中の土地・建物が増えてきたと思います。

さて、本題の駅ホーム部
Img_0251
これは駅の外から撮影したものですが、上端に妙な物体が・・・・・。

まずは上りホームに上がり、工事個所を確認。
Img_0253 Img_0254
右写真は左写真のズームですが、見慣れない機材が置いてあります。

下りホーム・向ヶ丘遊園方へ移動。
Img_0255 Img_0256
とまあこういう感じで。
PC桁が掛けられようとしていました。注目なのは、やはりと言うべきか、桁から生えたような鉄筋がレール方向に平行ではなく、本線に合流する様に組まれている点です。

続いて、軌道・道床の部分。
Img_0257 Img_0258
向ヶ丘遊園方はこんな感じです。

少しだけ新宿方に行くと・・・、
Img_0259 Img_0260
ホーム部の道床部分は木枠が組まれさらに養生されてました。
ここにコンクリートを打設するのではないかと思います。

ホーム新宿方の軌道・道床の様子は、
Img_0261 Img_0262 Img_0263 Img_0264
このあたりは前回と変わらないかな。

そうそう、ホームのPC桁ですが先ほども申し上げたように、写真は約1週間前に撮ったもので、すでにPC桁が掛けられたかもしれません。

ということで、また近いうちに行ってみようかと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その2

今回はかなり気まぐれ感漂う記事です。

先日、小田急登戸1番線増設工事の様子を見に、登戸駅周辺を徘徊してきました。
スマホのカメラで写真を撮ってみていますが、自己満足だけで終わらすのも何なんで、公開させていただきます。

まず、上りホームから撮影した写真から。
Img_0202 Img_0203
旧下りホームは完全に撤去され、ホーム土台の鉄骨も一部が残るのみ。

さて、小田原方の高架橋工事の様子ですが、高架橋の継ぎ足し部分がはっきり見えるようになりました。

Img_0205_3 Img_0220 Img_0221 Img_0222 Img_0224_2
次はPC桁を掛ける、といったところでしょうか。

続いて、軌道について。
Img_0207 Img_0208 Img_0209 Img_0210  Img_0217 Img_0218  Img_0219
もともとホームの新宿方手前までラダー軌道が敷かれていたためか、やはりラダー軌道で行くようです。フローティングになるかどうかまでは未だわかりませんが、いずれにしても仮置き状態。下北沢近辺のように、フローティングにしておいて騒音防止にバラストを敷くんでしょうか?

また、新宿方の軌道基礎が一旦撤去されましたが、この理由は下りホームの幅員確保が必要となり、軌道を高架橋の外側ギリギリまで寄せる必要があるためかと思います。また、やはり少下りホームは新宿寄りに少々ズレるのでは?と予測しています。

というのは、軌道基礎の撤去跡がうっすら見えますが、現状仮敷設している軌道が軌道中心から外側にずれているからです。さて、予想が当たるかどうか?

また、一部「ビルが邪魔だ」という意見などが多く見られましたが、現状の現地を見る限り、今のところ例のビルは取り壊しをする必要は無さそうです。
Img_0206 Img_0211
モロに軌道敷にひっかかる建物は完了したように見えます。
※左写真はもともと某不動産屋があった場所。

さて、関連するものとして、登戸駅の北口のいかにも昭和感ただよう建物の取り壊しが一部行われています。しかも駅のすぐそばでしたね。

ご存知の方も多いでしょうが、現在周辺で土地区画整理事業が行われており、登戸1番線、あるいは登戸-向ヶ丘遊園間の複々線化(こちらはまだ本格的に着手されていない)はこの土地区画整理事業に関わりがあります。一応向ヶ丘遊園までの複々線化の計画となっているようですが、のこり1本の軌道用の用地を上り線側から捻出すると言われています。

今回登戸を訪れたついでに向ヶ丘遊園手前の踏切付近まで徒歩で行ってみました。基本的にはある程度年数がいっている建物が多かった(住民の方、スミマセン)ですが、さて軌道用用地や工事用用地、うまい具合にスムーズに買収できるでしょうか?

さて、登戸駅周辺、もう何回かチェックしていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

設計が結構厳しそうな小田急の登戸駅1番線

小田急が進めていた複々線化事業、東北沢-梅ヶ丘間と登戸駅1番線の完成により、代々木上原-登戸間11.7kmが複々線区間となります。

ちなみに私鉄で複々線区間距離が最も長いのは、東武伊勢崎線の北千住 - 北越谷間 の18.9km とか。

すでにいろいろな方がご意見をおっしゃっているようですが、私自身も工事の様子に興味があるので、度々登戸をウロウロ徘徊しています。何度見ても思うのは、登戸1番線は相当jにギリギリの設計になっているだろうな、ということです。1番線を発車した列車は、小田原方で下り本線に合流して向ヶ丘遊園へ向かいますが、登戸のホームを出るとすぐに下り勾配である上、ホームの小田原方の先端が相当に狭くなりそうな気がします。

一部の意見では、ホームが少々新宿寄りにスライドする、というものもありますが、工事用看板に書かれている限りそれはなさそうなんですよね。さて、完成形はどんな形になることやら。

また、新宿方にかつてバラストとラダー軌道が設置されてあとはレールを敷くだけという状態にされていたはずですが、先日行ってみたときはバラストとラダー軌道のコンクリート基礎が一旦撤去されていました。この理由も謎です。

今日はこの2点を挙げましたが、これから不定期で数回登戸に行ってみて、状況をお伝えしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2015年5月~その4

今回は新青森です。2015年5月分レポートとしてはこれがラスト。

まずは新幹線改札付近。
20155_064
行き先表示板のうち手前(改札側)のもの、さらに13番線・14番線(下りホーム)側のものに注目。印字が無く、表示も停止させていました。これは恐らく行き先別に分けるということでしょうか。下りホーム側を北海道新幹線用の表示、上りホーム側を東北新幹線用の表示とすることとなるのではないでしょうか?

北海道新幹線用の出発反応標識が取り付けられたのはご存知の方もいらっしゃるでしょうが、確認したところすべての番線に取り付けられていました(ホーム上のものは、すでに画像をアップしている方もいるので、省略)。また、新青森は七戸十和田方にシーサスポイントがありますが、奥津軽いまべつ方にもあり、北から北新幹線も恐らくすべての番線から折り返し運転が可能ということでしょう。
奥津軽いまべつ方の出発標識に変化があったので載せてみました。反応灯(?)がつけられています。
20101205_dsc_0211 20155_095
左が東北新幹線開業直後、2010年12月5日撮影、右が2015年5月5日撮影。

ちょっと残念なのが、「北海道新幹線起点」を表す標識が見当たらないこと。何度か探してみても見当たらないんですよね。距離標は東京起点から通算して使っているのはすでに確認済みですが、どなたか知りませんか?ひょっとしたら最初からつけるつもりなんてないのかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2015年5月~その3

今回は新函館北斗です。

最近、新函館北斗(渡島大野)を訪れる際は、在来線ダイヤの都合で七飯まで列車に乗り、そこからタクシーで渡島大野(新函館北斗)、渡島大野から函館行の列車に乗りトンボ返りをするという弾丸スケジュールで行うんですが、今回も同様です。

今回苦労したのは、七飯からのタクシー移動。これまでは駅に何台かタクシーがいたのですが、今回は先客がいたためか、ロータリーにタクシーがいない。急遽廃車待ちをし、何とか乗ることができました。お世話になったタクシーの運転手さんはかつてSLの写真を撮ったことがあるらしく、カメラの話題で結構盛り上がりましたね。

さて、新函館北斗、見物の方がやはりチラホラいらしておりました。そんな中撮影をしながら在来線ホームを目指して歩を進めたわけです。

まずは駅舎外観。
20155_002

駅舎出入口。
20155_003
まあ、今は在来線旧駅舎解体に伴う新駅舎一部開放のみなので、こんな感じ。

入ると左手にこれがあります。
20155_006

上って振り返ると、
20155_005
エスカレーターが見えます。
新函館北斗は橋上駅なので、1回の出入口から駅舎まで結構長いエスカレーターです。

階段を登り切り、新幹線札幌方面を望む。
20155_007 20155_009
右写真はズームです。

さらに写真のように案内に従って歩を進めて、
20155_010 20155_011 20155_013

ここにたどり着きます。
20155_014
左へ行くと上りホーム、右へ行くと下りホーム。

まずは下りホームへ向かいました。
20155_015

通路をすすむと、ここへ出ます。
20155_016 20155_017
階段を降りますと、

この光景が目に入ってきます。
20155_018
対面乗換七飯・函館方面用ホームですね。

ホームへ出て撮影。
20155_019

これは下り本線。七飯方面を撮影。
20155_020 20155_022

同じく下り本線。仁山方面を撮影。
20155_023 20155_025

ホーム西端。仁山方面を撮影。
20155_026 20155_028

新在乗り換え改札口。
20155_030 20155_029

上りホームへ向かうべく、跨線橋を渡り、下り本線中心から七飯方面を撮影。20155_031 20155_033

同じく、上り本線中心から七飯方面を撮影。
20155_034 20155_036

上り線ホームへ。
20155_038 20155_039 20155_040

上り側線、仁山方面を撮影。
20155_041 20155_043

同じく、七飯方面を撮影。
20155_044 20155_046

上り線ホーム乗降場端部(西端)より。
20155_048 20155_050

上り線ホームより、新在乗り換え改札出入口。
20155_052 20155_051

上り線ホームより、自由通路を撮影。
20155_054

乗降場端部(東端)より。七飯方面を撮影。
20155_055 20155_057

さて、函館行の列車の入線時刻となったので、移動しながら仁山方面を撮影。20155_058 20155_059 20155_060

おっと、忘れるところでした。
20155_061
新函館北斗駅北口。

おまけ。
20155_062
函館行キハ40系車内より。
これが新幹線駅そばにいたわけですが、むしろこういうのをウリにしても、北海道らしくていいかも、と勝手に考えてみました。

最後にツッコミを。

在来線の側線、なぜ木マクラギ?

木マクラギの管理ができてなくて保守記録を改竄したというとんでもないことをやったJR北海道が管理する新しい線路に、木マクラギは無いでしょう。津軽線大平以北も、マクラギの保守では調整で間に合わないほど老朽化が激しい木マクラギはPCマクラギへ変えているようです。いまどき木とPCってそんなにコストが違うもんなんでしょうかね?

次回は新青森の「以前から変わった様子」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2015年5月~その2

今回は奥津軽いまべつ

そもそも、奥津軽いまべつは、他の新幹線工区と明らかに異なる点として、工事中でもこれまで新幹線の軌道敷内に進入できていたことがありましたが、今年8月には現・津軽今別駅が廃止され、奥津軽いまべつ構内には進入できなくなるので、実質最終回です。

まずは外観。
20155_115
ほとんど完成(工期は今年6月まで)しているだけあって、すっきり外観が表れています。

かつての道の駅半島ぷらざアスクルのアプローチ道。
20155_117
新幹線開業に備えて改修中。確かに駅前通りを兼ねるにしてはボロかったもんなあ。

駅舎と屋内駐車場。
20155_118
奥津軽いまべつの構造上の特徴は、「昇降棟」と駅本屋を連絡通路で結ぶことにありますが、連絡通路も工事用足場などが撤去されて、すっきり。

さて、新幹線駅部です。
現・津軽今別の構内踏切から撮影。
新幹線の軌道中心から、新青森方面。右写真がズーム。
20155_126 20155_128

同じく、木古内方面。右写真がズーム。
20155_129 20155_131

下り側線中心から、新青森方面。右写真がズーム。
20155_132 20155_134

ふと目に入ったので撮ってみましたが、
20155_135
713.5km(東京起点)の距離標です。

上り本線中心から、新青森方面。右写真はズーム。
20155_139 20155_142

現・津軽今別の上りホーム南端へ移動し、
20155_143 20155_145
新青森方面を撮影。右写真はズーム。

ほぼ同じ位置から木古内方面を撮影。
20155_146 20155_148
※見物人の方、この写真見てお怒りでしたらゴメンナサイ。

津軽今別上り線ホームから新幹線ホーム全覆い上屋を撮影。
20155_149

駅東方面へ通路および階段。
20155_150 20155_151
簡素な造りなので、これは保守・業務・非常口用でしょう。

再び、津軽今別構内踏切から、今度は在来線下り線を撮影。
これは新青森方面で、右写真はズーム。
20155_158 20155_160

こちらは木古内方面。同じく右写真はズーム。
20155_154 20155_156

構内踏切から新幹線ホーム北端。
20155_161_2 20155_162

在来線下りホームより、駅本屋と昇降棟、その間の連絡路。
20155_164 20155_163

在来線下りホーム南端より。右写真はズーム。
20155_165 20155_167

在来線ホームから保守基地等を見下ろして。
20155_168 20155_169 20155_170
一部、3線軌になっています。

駅本屋を間近から。
20155_172 20155_173 20155_175

左から、在来線保守基地、新幹線保守基地、津軽線。
20155_179
ちょうどキハ40系が登場!

次回は新函館北斗です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧