その他

2017年6月25日 (日)

(番外編)小林 麻央 さん逝く~「生」と「死」について語ってみます。

美人薄命……。

この言葉、異常にしっくり来ると感じます。

小林麻央さんが6/22お亡くなりになりました。

さすがに報道各社が大きく取り上げましたね。
麻央さんについていろいろ言うには私は彼女のことを知っているわけではないので
他の方にお任せするとして、
クソ真面目に「生」と「死」について述べてみたいと思います。

麻央さんは2016年に乳がん闘病中であることが発表されましたが、
告知時ですでに遠隔転移あり、すでにステージⅣ、
その一方で乳房の保存を選択した(あるいは全摘の有用性が薄いとされた)と言われていました。

私は報道を聞いた瞬間正直、「あ、ダメだ」と思いました。

ステージⅡ(Ⅲに近い)とされ乳房の全摘を決断、
現在テレビに復帰を果たしている北斗晶さんとついつい比べてしまいます。

病状そのものはもちろんのこと、
ちょっとの決断の早さや決断の内容の違いで大きく異なってしまうのは、
運命の恐ろしさ・残酷さを感じさせます。

麻央さんについて多くの人が「治る」という奇跡を信じたかもしれません。
しかし、麻央さんに限った話ではありませんが、
奇跡はほとんど起こらないから奇跡というのであって、
現実はそんな甘いもんじゃない、
無理に抗い続けるとただただツラいだけでその割には良い結果が出ず、
ということは良くあります。
私は、眼前にある厳しい現実を受け入れてその中で生活の質を可能な限り保つ、
という考えの方が、実は大事ではないかと思います。

どんな生物もやがては死にます。
人間の平均寿命が延びつづけている現代でもその真理からは逃れられません。

私は仕事柄、多くの方々の生活、時には生と死にも向き合いますが、
人は、結局は非情な現実を受け止めて生きることになる、
という結果になることが多く、
だからこそ多くの人には後悔の無い人生の選択をしてほしいと思っています。

麻央さんは自宅で旅立たれました。
恐らくではありますが、麻央さんも結局は最後の時を家族で過ごすという選択をし、
一番いい形で旅立ったのではないでしょうか。

さて、何故病院で過ごさなかったんだろうか、という方々はどのくらいいるでしょうか?

人の生死が現実のものとなってきたとき、
人間というのは勝手なもので、
その現実から少しでも目を背けたい、とか
病人と最後の時を一緒に過ごすのは家族の方がツラい、とか
そもそもこんな状態の病人を家に帰せるか!などなどという理由で、
現在でも病人が病院で患者が最後を迎えるケースは非常に多いです。
それはそれで結構。
この麻央さんのケースのように、
病人を支える環境的な準備と患者を支える人たちの覚悟があれば、
病人は自宅で最期を迎えることはできます。
「病院でも自宅でも、どちらでもお好みでどうぞ」と申し上げたいですね。

ただし、支える人たち自身がツラいから、というのって、
一歩間違えると意外に勝手なものであり、
病人を孤独にしてしまう論理であることは、
ぜひ意識していただきたいと思います。

読者の皆さん、このエントリーは相当纏まりに欠けて読みづらいと思った方がいらっしゃるでしょう。
この記事は、私なりにいろいろなことを考えましたので、
敢えて綺麗に纏めるのをやめることにしました。
乱文にお付き合いいただいたことにお詫びを申し上げるとともに、
御礼申し上げます。

最後に、マスゴミへ。

お前ら海老蔵さんが自分の口で話すまで数時間も待てなかったのか?

この件、フライング報道されたわけですが、
海老蔵さんはきっと自分の言葉で国民に伝えたかったでしょう。

お前ら空気読め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

(番外編)JASRACは音楽を廃れさせる気か???

ふとネットニュースをダラダラ見ていたところ、日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針とのニュースを目にしました。

いちおう現時点での案は、年間受講料収入の2.5パーセントを著作権料と設定するようです。まさか、これを生徒が払う受講料に上乗せしないよね?

それともなにかい?著作権料を払うのががイヤなら、教師や生徒自身が練習用楽曲を作詞作曲でもしろってか?

楽器や歌の技術向上にはモチベーションを保つのが重要ですが、その1つの方法として生徒たちになじみのある楽曲(当然JASRACが管理するものも含まれる)を使うというものがあります。このニュースを見て音楽教室の教師が生徒に教えにくくなり、生徒もやる気をなくす、これが悪循環になると音楽そのものが廃れていく・・・・・・・・こういうことを想像してしまいました。まあ想像しすぎて妄想の域なのかもしれませんが。

以上、新しいギターを買おうと考えている、独学ヘタクソギタリストのボヤキでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

(番外編)~高齢者は何を目的にデイを使えと?

神戸市から兵庫県全体へアミューズ型デイを規制する条例が10/13から施行されるようです。条例の目的や背景をみて、まあ理解できないわけではないですが・・・・・。

そんなカタイこと言っちゃうと、高齢者が余計に在宅生活できなくなっちゃうヨ

さらにデイの事業者も収益を上げる手段を狭められ、デイ事業者の生き残りがますます厳しくなっていきますヨ

と思いますね。

まあ役人が当blogを見れば、「介護保険法上の通所サービスの理念に則るようにすればいいじゃないか」と思うでしょうが、とりあえずこう言わせていただきましょう。

通所系サービスに限った話じゃないですが、利用者はそんな堅苦しい理念は意外にどうでも良くて、純粋にサービスを使い続けるメリットを追い求めるわけで、その中には「楽しみ」というのがあるんですよ(笑)

介護保険事業は給料は安いわサービス提供者の質は低いわ使って面白くないわと、超高齢社会にとっては重要な事業であるにもかかわらず、働く側から見ても使う側から見てもこの体たらくです。

その中で介護報酬は削減傾向ですから、デイはもちろん、全体的に介護保険事業は事業者それぞれ生き残りに必死であり、アミューズ型デイはその生き残り策の1つでしょう。生き残り策の方法論の1つをつぶされてしまう形のこの条例、事業者にとっては頭の痛い問題です。

この条例が全国的に広まってしまうと、介護保険事業はさらに厳しい局面に陥ったり、あるいは国が目指す地域包括ケアが難しくなったりしないか、私は非常に危惧しています。

クソ真面目にかかりすぎて結局は人々の生活を脅かす、こういう状況は避けていただきたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

(番外編)CHAGE & ASKAの復活は、永遠に無いものと思うべき

今回は、当blog初の芸能ネタです。まずはこちらを・・・・・・・。

今夜もクスリを射ち込んだ 若者がいる
自分の中のもう一人に 押し返されて

夢を買うにせよ コントロールが必要だ

こういう詩を書いていた張本人が5/17に逮捕されました。

そう、ASKA(本名:宮﨑 重明)容疑者です。

上記は1998年リリースのソロアルバム「kicks」のタイトルチューン、kicks streetという曲の歌詞の一部ですが、若者とオッサンの違いはあるとして・・・・・、

これ、アンタそのまんまなやないですかsign03

実は、私の青春時代はCHAGE & ASKAの楽曲、特にASKA曲と共にありました。中途半端に音楽をかじっている私にとって、彼の歌の表現(とくに歌番組やライブでCDからリズムをちょっと崩すバリエーション)の豊かさは尊敬すべきと思っており、面白味のないボーカリストが多い日本の中ではトップクラスであると思います。

いろいろな報道などで活動の経緯はお調べいただくことができるでしょうからそれは省略しますが、私が宮﨑容疑者に対して、様子そのものに違和感を覚え始めたのは2000年以降で、1996年から1999年までCHAGE & ASKAとしての活動が3年間ストップしてしまったあたりにその前兆があったと思います。

この頃はちょうど2度目のASIAN TOUR(ASIAN TOUR II - MISSION IMPOSSIBLE)を行っていた時期で、フジテレビ系列でドキュメンタリーも放映されました。その後3年を経てやっとCDをシングルとアルバム各1枚リリース、翌年の2000年にいきなり韓国公演です。

テレビのドキュメンタリーで本人自身が「(興業的には)ものすごく赤字だと思うんですよ」と言っていたし、今回の騒動で2000年の韓国公演は失敗し負債を抱えた事務所が倒産したとの報道が一部にありますが、これが2つとも事実であれば、大規模海外公演→ほとんどCDリリースなし→韓国公演と、事務所が得る収入よりも出す金の方が圧倒的にデカいことも想像でき、前事務所の「リアルキャスト」がこの世から消えたのは、彼が原因と思えてしまいます。

さて、彼自身に関する違和感の話に戻りますが、精神的なバランスを崩している人間独特の雰囲気が次第に強くなり、だんだんいわゆる「アブナイ人」になっていくのが、過去にリリースされた映像作品を見ても確認できます。

かつて言われていた声の不調は戻ってきたのとは逆に、歌う時の表情は暗く目を瞑りっぱなしでライブを楽しんでるとは思えないもの、MCトークの呂律は現在に近づくにつれ回らなくなっていき、内容もおかしくなってきていました。
(ちなみに、私はこういう様子を見てられないのでMCはカットして映像を見てました)

怪しいな~と思っていたところ昨年、CHAGE & ASKA復活イベントライブ開催発表→「一過性脳虚血発作(TIA)」を理由に延期を発表→薬物使用報道→5/17の逮捕ときたわけですが、私は大して衝撃は受けませんでした。

現在のところ本人は容疑を否認しているようですが、自分の尿から薬物の陽性反応がでて、さらに自宅から薬物が押収される状況、否認に根拠がなければさっさと自白して欲しいですね。そもそも使う覚せい剤の種類によってはTIAも出るのではなかったかしら?

先ほどのASIAN TOURと韓国公演の話と絡めますが、ここの部分を書きながら、当時所属事務所にとっても利益が出る形にしないまま「やったほうが絶対いいって!」と強行実施したイメージをしてしまいました。ひょっとしたら勘だけで海外公演を強行し、今回も「否認続けていれば絶対いい」とでも思ってるんでしょうか?

意図の有無はさておき、宮﨑容疑者は結果的に大ウソ付きの犯罪者に落ちぶれてしまったわけです。

これからASKA曲が誕生するか、ひょっとしたらしない可能性の方が高いとも思います。そういうことで、ファンの方々もCHAGE & ASKAはもう復活は永遠に無いものとした方が気が楽でしょうね。
今回の事件で、私はこう思っています。
歌そのものには尊敬は続けるが、ただそれだけ、人間としては認めるつもりはありません

しかし、尊敬した人を扱き下ろすことになろうとは・・・・・・、人生わからないもんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

番外編~関東ドカ雪ピンチ!

昨日から降り積もった雪の影響が今日になっても残っており、各地大変な状況かと思います。

私の自宅アパートのすぐ近くは某ディスカウントショップがあり、いつもの土日であれば駐車場が満車になっていますが、今日はガラガラ。駐車場の除雪ができないもんだから、さぞかし店は開店休業状態なんでしょう。

一方、私めはと申しますと、とりあえず引きこもっております(笑)
ただし明日は仕事なわけですが、相棒(クルマ)と通勤しているため駐車場から出られないとピンチなわけなので、本日休みなのを利用してちょっと出し入れしてみたんですが・・・・・・・。
やっぱりダメでした(笑)
雪が湿気を含んで重くなってるもんだから、全然前に進まない!
そのうち前にも後ろへも進めなくなり、ちょうどそばで雪かきをしていたアパートのオーナーさんにスコップを借りて、なんとか道路から駐車スペースへ相棒を引っ込めて事なきを得ました。
明日はバス・電車通勤決定だけど、ちゃんと動いてくれるんだろうな、ヲイ?
それにしても、首都圏の雪に弱いこと弱いこと。
驚いたのは、上越新幹線高崎-越後湯沢間と長野新幹線が終日運転取りやめとなっていることです。
当然雪対策が十分でないのが問題なんでしょう。
まあ無理やり動かして事故を起こすよりはマシですが、ただし、もうちょっとドカ雪対策屋ゲリラ豪雨対策などを強化しないと、いざという時にはどうにもならないでしょうに。
同様に驚いたのは、東急東横線元住吉駅の追突事故
普通じゃ「追突事故」というのは考えられません。まだ事故原因が完全に把握できてるわけじゃないので想像でモノを語るしかないんですが、保安装置が先行列車のオーバーランからの停止位置修正に対応しきれてないんでしょうか?
とまあ、記録的な豪雪でいろいろな意味でガタガタな首都圏、もうちょっと雪に慣れてくれんもんでしょうか?
あ、そうだ、私自身も偉そうに言ってる場合じゃない。
スコップを2~3種類買っとこうかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

あの、間違ってますよ?

先日、某巨大掲示板をのぞいていたところ、某自称鉄道アナリスト・川○令○氏が昨年、リニア・新幹線関連の本を出していたことを知りました。

私は決して彼のファンではありませんが、東北新幹線八戸開業直前に書かれた本の内容が自分好みの程度に詳しい(デジタルATCや乗り心地とカントの関係の解説など)のが印象的でした。

今回もそれに期待してさっそく購入。

ざっと読んでみたところ・・・・・・・・、

誤字、誤った事実認識による記述が幾つか見受けられましたね

まず、

fastekって何?

それと、

編成が「変遷」となっているじゃないか(笑)

そして、

津軽線は並行在来線に該当しないと決着しているんですが・・・・・・・。

特に最後の誤った事実の記述について言うと、この本、昨年6月発行なんですが、正直吟味が足りないまま出されてしまった感があり、少し残念ですね。

まあかつて書いた原稿を新し目の本の原稿に流用すると言うのは、多数の本を書かれている作家の常套手段であるとは思いますがね。この間違いもこの過去の現行の流用かもしれません。しかしそれにしても確認はして欲しかった・・・・・・。

さて、また読み直してさらに間違い探しするか(笑)

・・・・・・と笑ってばかりもいられない。仕事絡みでマジメな本を数冊買ったのに、未だにちゃんと読めていない。こっちも読まねばsign01

※今日は記事アップの時間が遅くなってしまったので、写真は後日アップします。

「後日」がかなり遅くなってしまいましたが、写真のアップ!

平成19年9月の荒川橋梁・高田高架橋の続き、細越トンネル近くです。

H1909 H1909_6

上の左は細越トンネル七戸(仮称)・八戸側坑口、右が同じ位置から軌道だけ写るように撮ったものです。

H1909_4

これはスカイブリッジの下から七戸(仮称)・八戸方面を望んだカット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

番外編 ~交通安全!!!

ただ今、新幹線に関するネタがちょっと切れ気味です(爆

ということで次回の新幹線ネタを考えつつ、たまには新幹線とは離れたこともやりましょう。

と言ってもこれまで既に何回かやってますがね(笑)

数日前のこと。

仕事でクルマを運転中、左側から小学生が横断歩道を渡ろうとしてました。

私とは反対側にあたる左側は見ているけれど、こっちはぜんぜん見ない・・・・・。

あれ?まさかこっち見ないまんま渡るワケじゃないよな???

と思いつつ、横断歩道を渡ろうとしてくることを予測しときました。

次の一瞬・・・・・

渡るんかい!!!!!

もちろんブレーキ掛けましたよ。

いやあ、あぶないあぶない。こっちが左右確認しないまんま渡ることを予測していなかったらもっと危なかったですね。クラクションを鳴らしましたが、慣れないクルマのために不発に終わったのがカッコ悪っsign01

それにしても最近の歩行者・自転車って、ロクに左右の確認をしないで道路を横断しますよね。

道路の横断するときはちゃんと左右を確認しろって、お父さんお母さんとか先生に習わなかったのかおまいらわsign02annoyannoyannoyannoyannoy

・・・・・っと、年甲斐もなく興奮してしまいましたが、これは大人にも言えることです。十分に気をつけましょう。

※写真は今日はとりあえずお休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

まもなく新兵器導入

すいません、ちょっと更新遅れました。

今回は前回ちらっとネタバラしした新兵器の話。いよいよ注文へのカウントダウンが始まりました。

デジタル一眼レフカメラです。

某社カメラのレンズキットと70-300mm望遠ズームレンズという、レンズ2本体制でいきます。

昨今は18-200mmなどの高倍率ズームレンズを組み合わせたキットが普通に出ているので、そっちにしようかなーとは思ったんですが、手が届く範囲の望遠レンズが欲しいということから望遠側が300mmあった方が幸せになれるかな~と思いまして、敢えてこの組み合わせをとります。

レンズメーカーからは手ブレ防止機構付きで18-270mmという高倍率ズームレンズも出てますから、本体+他社レンズの組み合わせとも迷ってました。

ただ、まあ初デジ一だし、最初は純正レンズで行こうよという気持ちの方が強いので、しばらくはこれでいきます。

でも、「なぜ今デジ一なんだ?」って?

それは2年後に歴史的瞬間を味わいつつ、良い写真を撮るためですよ(笑

正直その時になっていきなりデジ一を買って使いこなせるわけが無いので、デジ一に慣れる時間が欲しいんですよね。

今から買う本体を2年後も継続して使うか、それとも1ランク上の機種にステップアップするかはまたその時に考えますが。

ただし、実家にこのこと(ただし、デジ一とは言ってない)を話したところ・・・・・

今まで使ってた古いヤツ、くれsign03

という話が急浮上(!)

しかししばらくはこれまでのヤツも使い続けたいので、何とか言いくるめて逃げようかと考え中・・・・・。じーさんばーさんでも使いやすいコンパクトデジカメ用の出費を覚悟せにゃならんかもですdown

それ以前に、実家の連中はデジカメ写真の現像の方法、知らんだろannoy

デジカメ使わせるのは良いんだけど、先が思いやられます。

本日からは、再び青森市内へ。荒川橋梁と高田高架橋、いきたいと思います。

H1605b27 H1605b H1605b_2

まずは荒川橋梁と高田高架橋の工区の境にあたる場所を。いずれも平成16年5月撮影。

左:かつて県道27号だった市道との交差部で、本線北側から撮影。

真ん中:あ、また自分の影が写ってる(恥)sweat01交差部から七戸(仮称)・八戸方面。奥に見える高架橋は船岡高架橋。消雪実験のため先行着手されていたことはご存知の方も多いと思いますが、H16年時点では完成してました。ちなみにトンボが向いている方向と船岡高架橋がズレていますが、もちろんこれは設計・測量や杭の打ち込みのミスなんかではありません。ここ辺りから新青森に向けての右カーブがかかり始めます。

右:同じ位置から新青森方面。まだなーんにもありませんでした。

ちなみに、この辺りは平成16年12月15日に工事安全祈願祭が行われたので、これらは本格着工前の写真ですね。

注:※印下線部、平成20年12月14日、追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

寝台特急と新型機関車

12/2、何と

JR東日本が、同社初となる新型電気機関車導入を発表sign03

http://www.jreast.co.jp/press/2008/20081202.pdf

導入されるのは、JR貨物が開発したEF510形式交直流電気機関車(以下、EF510形)。

そう、赤い雷様、thunderRed Thunderthunder(レッド サンダー)です。

導入目的は、これまでのEF81形式交直流電気機関車による走行から故障に対する信頼性と輸送安定性を向上・維持させるためとか。

どうもEF81形に故障が相次いできているようで、実際今年4月にEF81形が電気系統の故障で常磐線土浦駅構内で立ち往生、営業線に輸送障害が発生し、上下とも約4時間運転を見合わせ、約25500人に影響が出たそうです。JR東日本社長は「このまま放置すれば首都圏の安定輸送に影響すると判断。経年から考えても故障の多いEF81形は限界。」と定例会見で導入する理由を述べたとのこと。

プレスを見ると現在中央線や京浜東北線に導入が進んでいる「E233系電車」の思想と重なり、故障に対してのバックアップ構造を採っています。

これはあくまで私の想像に過ぎませんが、現在客車列車自体が少なくなってきているので、対故障救援の体制が取りにくくなってるんでしょうかね?それにましてJRからの経営分離区間内で故障が頻発されるとさらに厄介なことになるかもしれません。これも故障に強い電気機関車の導入に踏み切った理由なのではないでしょうか?

そういえば、上野-青森間全区間通しでをEF510が走るのって、初めてになるんじゃあ・・・・。

さらに1つ疑問を言うと、やっぱり客車部は新型車導入まではしないんですか?

理由は分かりきってて、考えるまでもありませんけどね。

ただ今回の方針、意地の悪い解釈かもしれませんが、客車の新型車導入に踏み切らない以上、寝台特急はいつでも廃止できるように体裁を保っているということかもしれません。老朽化した客車を使い倒して廃止するに至るまで客が減ったら、EF510形はJR貨物に売ることができますからね・・・。

「あけぼの」は新幹線新青森開業と同時に廃止という見方もありますが、「北斗星」や「カシオペア」はブランドイメージもあって根強い人気があります。この2列車はさすがに少なくとも新函館開業までは保つでしょう。

ただしこの2列車は青い森鉄道やIGRいわて銀河鉄道の収入源にもなっており、青森県自身も簡単に廃止させたくないはずですが、客が減ったらどうするか?寝台特急に新型機関車を入れるのでと安心できる状況ではありません。青い森鉄道も楽観視出来ないと思います。

あれ?何か話が膨らみすぎたような気が・・・・。

本日は天間館路盤第7弾。場所はこれまでと同一で平成19年12月末撮影です。

H1912 H1912_2 H1912t

左:七戸(仮称)・八戸方面。路盤が繋がっただけでなく、いつの間にか架線柱設置もかなり進み、架線用ブラケットも付けられてました。

中:新底田き電基地。形が整ってきています。

右:新青森側、八甲田トンネル七戸(仮称)側坑口。架線柱が立てられ、架線用ブラケットも付けられているのは反対側(左写真)と同じですね。

3枚目のカットを撮るのはちょっとばかし苦労しました。

このときはご覧の通り、snowでした。実はこの付近、八甲田トンネル坑口を最初に撮ったんですが、雪が強く降ってて視界が良くなかったんです。七戸(仮称)駅に近づきながら撮影していると雪が少し弱まったのでこれはチャンスと思い、また戻って撮影しなおしました。その決断は当たり、少しはマシなカットになりました。

こういうのって、あんまり妥協したくありませんよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

七戸十和田って、長い?

とある方から頂いたご意見です。

「七戸十和田」って駅名、長くないすかsign02

今日は駅名についてお話してみましょう。

東北新幹線は起点から数えて、

東京上野大宮小山宇都宮那須塩原新白河郡山福島白石蔵王仙台

古川くりこま高原一ノ関水沢江刺北上新花巻盛岡いわて沼宮内二戸

八戸七戸(仮称)新青森

と、建設中の2駅を含めて計23駅(2008年11月現在)あります。

このうち、読んでも書いても短いのは同率で上野小山二戸の3駅の2文字3音、

逆に読んでも書いても長いのは、これも同率でくりこま高原いわて沼宮内の6文字8音です。

仮に七戸(仮称)の駅名が「七戸十和田」となれば5文字7音で、比較的長い駅名にはなりますね。

ちなみに白石蔵王水沢江刺は七戸十和田と同じ7音ですが、見てお分かりの通り、4字です。七戸十和田はこの2駅に比べると、書いて長い駅名です。

というわけで「七戸十和田」だと、単独3番目の長さ(独断)になっちゃいます。

長い駅名が嫌いな方にとっては鬱陶しいでしょうね。前にも似た内容を言ったことがありますが、私は駅名は長い短いよりも、利用者にとってなるべく正確な名前が好ましいと考えています。「十和田」を付けるのは譲歩するという意味で「あり」とは思いますが、これを外したほうが所在地に対して正確かつ短い駅名ですから、こちらをやはり好む人が多いんでしょうかねえ?

どんな結果になるのかは今しばらく時間が必要ですが、JRの最終判断が注目されます。

本日は天間館路盤他工区第2弾。

前回と同じく七戸町底田、中部上北広域農道から全て平成18年5月撮影。

H1805_2 H1805_3

上の写真左側は軌道中心から八戸方面を望んだもの。新幹線本線との立体交差のために、跨線橋も併せて建設中。右の写真はそれを拡大したもの。

次は

H1805_4 H1805

左側は本線南側から旧道路部分との交差部と建設中だった跨線橋を望む。本線は右2本の橋脚の間を交差。

右側は本線軌道中心上から、八甲田トンネル入口(新青森方面)を望む。

このとき本線のRC路盤工事の真っ最中でした。道路との交差部は後回しにし、畑地や原野の部分を優先的にやってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)