携帯・デジカメ

2010年8月17日 (火)

ただ今、修行中

前回は追加したカメラ機材のことをお話しましたが、今回も写真ネタで。

お忘れの方も多いかもしれませんが、私、デジイチのカメラを持ってまして、買った動機が、東北新幹線八戸-新青森間開業時に歴史的瞬間を味わいつついい写真を撮ることにあるわけで。

ふと気が付きゃ残り4ヶ月無いやということで、先日修行の一環として、東北新幹線那須塩原駅に行ってきました。流し撮りの練習のためです。とは言っても八戸以北開業後のファーストショットは流し撮りという無謀なことは絶対にしないつもりですがね

在来線で移動したために自宅からの往復にやたら時間が掛かってしまいましたが、東北新幹線のフルスピード区間で流し撮りの練習をする最も自宅から近い駅となると、どうしても那須塩原になってしまいます。

さて、練習の成果はというと・・・・・。

もっと精進せねばcrying

どうも顔の部分が止まらない。それどころかドア付近が止まったり、はっきり写したくないピカチュウがはっきり写ったり(泣)

でも那須塩原、今後ちょくちょく練習に行きたいとは思いましたね。考えてみたら近い将来関東で最初に300km/hオーバーで走行する車両を駅ホームから撮れることになるんですから。でも、さすがに次からは新幹線で行くか・・・。

ここからは余談になりますが、帰りの電車内で、この世の縮図となる光景が・・・・・。

ある親子が乗っていたんですが、子どもの方が少々落ち着きが無く、つり革や手すりに2~3回ぶら下がり、一方の親は文庫本を読んで自分の世界に浸っている始末。子どもがもう1回つり革や手すりにぶら下がったら何か言ってやろうと思いましたが、そうこうしているうちに自分の下車駅に到着してしまいました。

ここで一言・・・・・。

オイ親、ちゃんと自分の子ども躾けろやannoyannoyannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

いつの間にか手を出させていただきました。

ぢつはですね、私、これまでカメラ機材を1つ追加してました。

まだお話してませんでしたね。

5月の帰省の直前に35mmの単焦点レンズを買ったんですよ。
このレンズ、ユーザーの間ではコストパフォーマンスが高いという評価で、私も単焦点を使ってみたくなり、ポチっとしたわけです。

これまで弘前さくら祭その帰りの新青森駅箱根強羅公園の紫陽花を撮りました。今回は久しぶりに写真をアップしようかな。

20100504dsc_0205
弘前さくら祭~八重紅枝垂とチューリップ(平成22年5月4日撮影)。

撮影データ:シャッタースピード1/80秒、F値11、ISO感度200、露出-0.3、ホワイトバランス曇天

20100504dsc_1068
夜の新青森駅(同日撮影)。

撮影データ:シャッタースピード1/160秒、F値1.8、ISO感度1000、露出-1.3、ホワイトバランスを少々暖色系に。

特に新青森の方は、写真に心得のある方から、設定(撮影データ)が適当感丸出しというツッコミが来そうです(笑)。さくら祭で色々カメラの設定をいじくり、ほとんどのその設定のまんま撮ってしまったからですね。でもこの時期だからこその雰囲気が出ているということにしてください(笑)

というわけでこれでカメラのレンズのレビュー出来るってワケではないんですが、個人的には結構取り回しが良くて使いやすいかな。
後は自分の腕を磨いて、レンズの特徴を計算して写真を撮れるようにしなければsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

あの場所はどこだ?

ちょっと前の暇な日曜日、いつもの通り思い付きで、浜名湖に行ってきました。

東名・浜松西IC間違えて浜松飛行場をウロウロ浜名湖周辺をグルグル浜松工場を一回り浜松駅→そして来た道を戻って再び浜松西ICから家にもどりました。

目的は3つ。

①某アーティストのファンである職場の先輩に「あのイベントの会場に行ってきた」とちょっとだけ自慢すること

②浜名湖周辺の新幹線撮影地を実際見てみること

③浜松工場を遠巻きに見ること

浜松飛行場は、当初は行く予定にしていませんでした(爆)浜松西ICからどうやって浜名湖に行くかちゃんと調べなかったので、コンビニにクルマを止めて地図を見直したんですね。で、飛行場沿いを走っているとわかり、だったら飛行機見つけて写真撮るかとおもったわけです。残念ながら飛行機は見当たりませんでしたが、一人旅の気楽さというヤツです

あ、ちなみに私の相棒にはカーナビをわざと付けませんでした。

だって、機械に道案内されるってのは、何となく人間様がバカにされてるような気がしてイヤなんだもん

浜松工場も、実は閃きで追加しました。いや、だってせっかくあの浜松に来てるんですから、新幹線ファンなら行っておかなくっちゃ!ってわけです。

浜松駅は駅前広場のロータリーにクルマを入れ間違えてしまいました。一般車であるにもかかわらず、バス・タクシー用入口から入ってしまったんですね。

私はクルマをUターンさせるときに駅前広場をたまに使いますが、案内図を良く見ないとすぐに間違えてしまいます。これはどなたでもそうかもしれませんがね。

まあいろいろ楽しかった今回の旅、しかし1つだけ残念だったことがあります。

第3浜名橋梁西側の撮影地について、見当をつけることしかできなかったことです。理由等の詳細は、現地で暮らしていらっしゃる住民の方々のプライバシーなどに関わるので言わないことにしますけど、これはちょっと悔しかったですね。

さて、今日の写真は前回の続き、高田高架橋になりますが平成19年12月末撮影分です。

H1912 H1912_2

まずは上2枚。調整に失敗して露出がアンダーなのはご容赦を。

スカイブリッジアクセス部からですが、冬の撮影って地味に防雪柵が邪魔になります。なるべく写らないようにするのはメンドクサイです(笑)

H1912_3 H1912_4

H1912_5

位置はほとんど同じですが、七戸・八戸方面へ回転。

このときはところどころ上り線側の架線柱が立ってなかったりしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月11日 (水)

再び、富士山♪

今日はとある暇な日曜日の話。

テレビも面白くないし、天気が良い。こういう時は外出するに限るsign03

ということで思いつきでまた富士山の写真を撮りに行ってきましたup

前回は東名高速道路の富士ICでアクセスしましたが、今回は

そういえば富士川SAからスマートICで出入りできなかったっけ?

ということで富士川SAで出入りしました。

すっかり忘れていたスマートICの存在をふと思い出して、富士川にあるか確かめたところ、あるじゃあないですか、というわけです。

まずは富士川SA下り線側で休憩しましたが、富士山をバックに写真を撮る方々はやはり多いですね。軽くモノを食ってコーヒーを飲んだ後、私も富士山撮りました。

それにしても東海道新幹線富士川橋梁の撮影ポイントに向かう際、富士川SAを使うと物凄く楽ですね。前回の富士市街地経由のように、ドライブ先の街の雰囲気を味わいながら向かうのも良かったんですが、渋滞というストレスが無かったので快適でした。

さて、現地の様子はと言うと、やっぱり同じこと考える人は何人かいるものです。ポイントには数人、カメラを構えた方々がいらっしゃいました。

私は現地に向かうまでに考えておいた撮影の考え方(自分好みの構図を探る、シャッタースピードは速めにするなど)から、今回は全て手持ち撮影をし、三脚は使いませんでしたが、ほとんどの方が三脚を使ってましたね。実際この手のあまり人の迷惑になりにくいところはガンガン使っていいと思いますがね。

さて、富士川橋梁の撮影を済ませ、今度は富士川SA上り線側に行ってみると、上り線側の方がイイじゃあないですか。

何枚か撮った後少しだけ仮眠をとり、辺りが暗くなってきたところでまた辺りを見回してみると、富士山、東名高速道路、富士市街地の夜景がちょっとだけイイ感じになってきてました。今回はまずその中の1枚をアップしてみましょう。

Dsc_0096

↑撮影データ:ISO200、シャッタースピード1/15秒、絞り値F5、ホワイトバランスはオート

東名高速道路富士川SA上り線側から東京方面を望んだものです。余分すぎる部分である道の駅富士川楽座の一部をトリミングでカットしました。

左側の富士山と右下部の東名高速道路を走るクルマのライトがお気に入りですが、自分にもっと腕があればもっとキレイに撮れるだろうと悔やまれます。他の方が撮ればもっとすばらしい写真になると思います。

あ、そうそう新幹線の方は前よりも上手く撮れましたよ。富士川橋梁と車両だけでなく、前写せていなかった富士山もバッチリ写りました。こっちのアップは遠慮させていただきますが。だって他の人の方が絶対上手いんだもんdown

本日の写真は、荒川橋梁・高田高架橋の第21弾、平成19年1月の最終版です。

H1901 H1901_4

だいたい県道44号を境に左が七戸(仮称)・八戸方面、右が新青森方面を撮ったものです。この位置からだとスカイブリッジの橋脚や電柱・電線などが邪魔になりやすいんですが、高架橋や路盤のつながりは分かりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

強引に冬の収穫♪ その9 最終章

いや~、数日間更新せずに放ったらかしにしちゃってすみません(謝 某動画サイトで懐かしい映像を見てハマってしまったもので・・・・・(照

さて、本日は冬の収穫・最終章です。八戸駅近辺について。

下の写真をご覧のとおり架線柱は立ってますが、ブラケットが八戸駅近く(八戸-新青森間工事始点付近)は、1月2日時点では取り付けられていませんでした。

「レールはどうなっているんだ?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、前回撮影の昨年9月時点で既に敷かれていました。やはり尻内高架橋に上がるまでの部分はバラスト軌道ですね。

※立ち入り禁止区域に入ったのでは?と疑われてしまいそうなので写真の公開は避けてきてますが。しかし、断じて言いますが、入ってませんよsign03

前回も今回も、朝早くから八甲田トンネル七戸(仮称)側坑口より撮影開始してそこから八戸方面に向かいましたが、八戸の工事始点に着く頃にはやはり夜になってしまいました。日照時間の関係で止むを得ないところ。

しかし、前回の古くて高感度に弱いコンデジではなく、高感度に強くなった新しめデジ1で撮った写真なので、アップに耐えるということで載せてみました。

Dsc_0677_iso3200_2 ←尻内高架橋

本線西側より。右が八戸駅方面、左が七戸(仮称)・新青森方面。

撮影データ:焦点距離18mm、ISO3200、シャッタースピードは5分の1秒、F値4.5

Dsc_0678_iso3200 Dsc_0679_iso1600 ←工事始点より

七戸(仮称)・新青森方面を望んだものです。

左の写真は上の写真と同条件(撮影データ:焦点距離18mm、ISO3200、シャッタースピードは5分の1秒、F値4.5)です。右はその条件からISO感度だけ1600まで下げています。

そういえばオレンジの光は八戸駅構内用照明ですが、鋼管柱に反射して意外に綺麗だと思いませんか?

ちなみに、コンデジ画像はかな~りノイジーでアップに耐えないので、アップやめときます。

あ、そうそう、今回使用したカメラの話。言い忘れてたことがあります。

撮影前はメインはこれまでのコンデジを使い、デジ1をここ1発用にすると言ってましたが、新七戸変電所付近でコンデジが電池切れsign03・・・ということで、図らずもデジ1がメインになってしまいました(笑

でも、デジ1のフィーリングが結構気に入ってしまいましたね。メインで使っても苦になりませんでした。また、予備の電池を思い切って買っておくという選択は、どうやら間違っていなかったようです(コンデジは1組のみでした)。ただ、前にも言ったとおりコンデジはコンデジで役に立つのでまだしばらく使用することにしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

強引に冬の収穫♪ その1

今日は今回の撮影活動全体のレポートです。

撮影枚数は、カメラ2台計983枚!!

前回よりは少なめになりましたが、それでも異常と断言して良い撮影枚数です(笑)自分で言うのも何ですがね(また笑)

前回よりやや少ない撮影枚数になったのは、田茂木野トンネル-ねぶたの里高架橋と牛鍵トンネル-川去川橋梁など、幾つかの工区を省略したり、もしくは撮影不能だったためです。

それにしても・・・・・・・

運は我にありsign03sign03

昨年末に見た週間天気予報は軒並み雪マークsnowでしたが、撮影した3日間、全くと言っていいほど雪が降りませんでしたup撮影、天気が良くてやりやすかった反面、逆に天気がよすぎて太陽の照り返しがきつく、露出が厳しくて七戸(仮称)駅あたりを少し多めに撮るなど、ちょっと気を遣いました。まして初めて実戦使用したカメラですからね。

あ、そうそうデジタル一眼レフカメラ(めんどいので以下、デジ1)ですが、フィーリングがやっぱりコンパクトデジタルカメラ(同じく、コンデジ)とは格段に違って、良いですね。しかし、今回でやはりコンデジもしばらく持っておくという判断は間違っていなかったという結論も得ました。

理由は「金網の写り方」です。デジ1で金網の隙間越しに写真を撮ろうとしても金網自体をフレームアウトさせることがほとんど出来ませんでした。一方、コンデジはズームしていくと金網がフレームアウトしてくれるので、金網があまり苦になりません。恐らくこれはコンデジとデジ1のズーム時のレンズの延び方、記録素子の手前への移動、これらによる画角の関係によるものでしょうかね。

両方使ったことのある方はご理解いただけると思います。コンデジのズームはレンズ部があまり延びず、記録素子の手前への移動が小さくて済むんですが、デジ1はズームするとレンズがかなり延びますから、その分記録素子が手前へかなり移動してしまいます。そのせいでデジ1は金網をフレームアウトさせることが、コンデジに比べると難しいと感じましたね。

今回使ってみて分かり始めていることを言うと、「工事の様子の写真を撮るときにデジ1を使うなら出来ればコンデジも併用したい。」というところですね。もう少しデジ1の1台だけで済ませられる方法も追求する余地はありますが。

今回もいつもと同様、1日目は青森市内、2日目は八甲田トンネル以東、3日目(おまけ的)は北海道新幹線区間(今回は津軽蓬田トンネル現場のみ)という日程になりましたが、休憩やお土産調達のために立ち寄ったところに異変が・・・・・・。

そう、断水ですshock

途中立ち寄った公衆トイレに鍵が掛かっていて、変だなーと思ったその時、そういえば断水してたんだと思い出しました。

しょうがないからトイレは職場のみんなにお土産を買うために訪れた八食センターまでガマンしました(それでもやっぱりトイレは水道作動せず)が、ここも妙に静かで、中に入ってみると・・・・・・

半ば開店休業状態downdown

いや、これは本当に被害にあった皆様の心中をお察しする他ありません。生鮮食品を取り扱うにはキレイな水が不可欠ですから、水が使えなければ商売になりません。実際開店休業状態の店が多数ありましたし、食堂も全て臨時休業だったのではないでしょうか。また、断水によって命の危険とも隣り合わせになる方もいらっしゃるとか。そんな中新幹線の工事現場の写真を撮って遊びまくってて、バチが当たらないんだろうか?と、ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。

年末の移動の件もそうですが、私自身大した被害にあわなかったとは言え、いまいちみんなが幸せになっていない年末年始という気がしますね。

次回からは工事の様子を詳細にレポートしますよscissors

本日は、こちらもやっぱりこれですね。

H2101dsc_0316 ←七戸(仮称)駅

これは2009年1月2日、デジ1で撮影。

余計なものが写ったのでちょっとだけトリミングしましたが、真横から駅全体が写るように距離を取って撮影してみました。この「真横から駅全体」ってのが意外と多くないと感じていたものでやってみましたが、どうでしょう?でも結構距離を取らないとフレームに収まりませんでしたから、このときばかりはほんの少し広角レンズが欲しくなってたりして・・・・・。写っている足跡はワタシheart01(←キモイって?)

ホントはこの付近ももっと多数の写真を撮りましたが、写真だけでなく記事のまとめ作業もあるので、アップはちょっと小出しにさせてくださいm(_ _)m時折ガンガンアップしますので・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

ただ今使い方覚えてます

お知らせした新兵器であるデジタル一眼レフカメラ、いつの間にか届いております。

本格使用の準備として8GBのメディアと水準器、レンズ2本と手持ちのデジカメが収納できる専用バッグを買い、実家へ持っていく準備オッケ~

ただし、使い方ちゃんと覚えれば・・・・・・

てゆーかホントに間に合わせます、いやマジで。そうしないとカッコつきません(笑)

まあ一応取説片手に基本中の基本の操作は一通りやってはみましたけどね。仕事が休みだった20日はさっき言ったモノを買いまして(そのほかに楽器の練習用機材も1つ買いましたが・・・・)、21日は洗濯と、ちと年末に向けて簡単ながら部屋の掃除を・・・・・。せっかくの連休だったんだから、少し時間作って外に持ちだしゃよかったな。まあいいや23日天気がよけりゃ試し撮りするか♪

・・・・・・ということで23日、試し撮りしてきました

被写体は、富士山sign03fuji

国道246号道の駅ふじおやま山中湖畔、そして東海道新幹線の定番撮り鉄スポットである富士川橋梁そばの3箇所で撮ってみました。比較のために今まで使っていたデジカメも携え、日が短い時期なので時刻を気にしながら、相棒と共に爆走しましたよcardash

道の駅ふじおやまと山中湖畔では、肝心の富士山に雲が掛かってて、撃沈。望遠レンズの使い勝手のチェックだけになってしまいました。

富士川ではほんの少しだけ、今までほとんど経験が無い新幹線撮り鉄に挑戦してみましたが・・・・・、

結果、大撃沈cryingdown

撮影モードフルオートにして、ハイスピード連射で富士山をバックに富士川橋梁を通過する700系下り列車を撮ったんですが、露出が橋梁本体と車両に対しては適正だったんですが、富士山が露出オーバーとなって白飛びしてしまったため、写ってませんでした・・・・。

こりゃフルオートに頼らずに、マニュアルモードで撮りゃよかったな・・・・

青森で八甲田山をバックに走る新幹線車両を撮る時は絶対失敗しないぞsign03dash

・・・・まあそのために今のうちにデジ一買ったんですからね。

ちなみに、比較のために持って行った手持ちのデジカメ、こちらも基本フルオートにしたんですが、ISO感度が思った以上に上がってしまい、ノイジーなものに・・・・。いつもは低ISO感度で固定して絞りとシャッタースピードで明るさを調整していたので、いつもの使用方法との違いにも愕然。当然ですが、いろんな意味で驚きましたね。

さて、本日は荒川橋梁・高田高架橋の第7弾。平成18年1月撮影の続き。

H1801b H1801b_2

(↑)旧県道27号の防雪柵の隙間から、新青森方面を望む。左は本線南側から、右は同じく北側から。

H1801b_3 H1801

(↑)この2枚も新青森方面を望んでますが、柵が設置されていない部分から。本線になるべく近い位置を探したところ、本線すぐ北側だったと記憶してます。右は左の拡大。細越トンネルが見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

まもなく新兵器導入

すいません、ちょっと更新遅れました。

今回は前回ちらっとネタバラしした新兵器の話。いよいよ注文へのカウントダウンが始まりました。

デジタル一眼レフカメラです。

某社カメラのレンズキットと70-300mm望遠ズームレンズという、レンズ2本体制でいきます。

昨今は18-200mmなどの高倍率ズームレンズを組み合わせたキットが普通に出ているので、そっちにしようかなーとは思ったんですが、手が届く範囲の望遠レンズが欲しいということから望遠側が300mmあった方が幸せになれるかな~と思いまして、敢えてこの組み合わせをとります。

レンズメーカーからは手ブレ防止機構付きで18-270mmという高倍率ズームレンズも出てますから、本体+他社レンズの組み合わせとも迷ってました。

ただ、まあ初デジ一だし、最初は純正レンズで行こうよという気持ちの方が強いので、しばらくはこれでいきます。

でも、「なぜ今デジ一なんだ?」って?

それは2年後に歴史的瞬間を味わいつつ、良い写真を撮るためですよ(笑

正直その時になっていきなりデジ一を買って使いこなせるわけが無いので、デジ一に慣れる時間が欲しいんですよね。

今から買う本体を2年後も継続して使うか、それとも1ランク上の機種にステップアップするかはまたその時に考えますが。

ただし、実家にこのこと(ただし、デジ一とは言ってない)を話したところ・・・・・

今まで使ってた古いヤツ、くれsign03

という話が急浮上(!)

しかししばらくはこれまでのヤツも使い続けたいので、何とか言いくるめて逃げようかと考え中・・・・・。じーさんばーさんでも使いやすいコンパクトデジカメ用の出費を覚悟せにゃならんかもですdown

それ以前に、実家の連中はデジカメ写真の現像の方法、知らんだろannoy

デジカメ使わせるのは良いんだけど、先が思いやられます。

本日からは、再び青森市内へ。荒川橋梁と高田高架橋、いきたいと思います。

H1605b27 H1605b H1605b_2

まずは荒川橋梁と高田高架橋の工区の境にあたる場所を。いずれも平成16年5月撮影。

左:かつて県道27号だった市道との交差部で、本線北側から撮影。

真ん中:あ、また自分の影が写ってる(恥)sweat01交差部から七戸(仮称)・八戸方面。奥に見える高架橋は船岡高架橋。消雪実験のため先行着手されていたことはご存知の方も多いと思いますが、H16年時点では完成してました。ちなみにトンボが向いている方向と船岡高架橋がズレていますが、もちろんこれは設計・測量や杭の打ち込みのミスなんかではありません。ここ辺りから新青森に向けての右カーブがかかり始めます。

右:同じ位置から新青森方面。まだなーんにもありませんでした。

ちなみに、この辺りは平成16年12月15日に工事安全祈願祭が行われたので、これらは本格着工前の写真ですね。

注:※印下線部、平成20年12月14日、追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)