ニュース

2017年6月25日 (日)

(番外編)小林 麻央 さん逝く~「生」と「死」について語ってみます。

美人薄命……。

この言葉、異常にしっくり来ると感じます。

小林麻央さんが6/22お亡くなりになりました。

さすがに報道各社が大きく取り上げましたね。
麻央さんについていろいろ言うには私は彼女のことを知っているわけではないので
他の方にお任せするとして、
クソ真面目に「生」と「死」について述べてみたいと思います。

麻央さんは2016年に乳がん闘病中であることが発表されましたが、
告知時ですでに遠隔転移あり、すでにステージⅣ、
その一方で乳房の保存を選択した(あるいは全摘の有用性が薄いとされた)と言われていました。

私は報道を聞いた瞬間正直、「あ、ダメだ」と思いました。

ステージⅡ(Ⅲに近い)とされ乳房の全摘を決断、
現在テレビに復帰を果たしている北斗晶さんとついつい比べてしまいます。

病状そのものはもちろんのこと、
ちょっとの決断の早さや決断の内容の違いで大きく異なってしまうのは、
運命の恐ろしさ・残酷さを感じさせます。

麻央さんについて多くの人が「治る」という奇跡を信じたかもしれません。
しかし、麻央さんに限った話ではありませんが、
奇跡はほとんど起こらないから奇跡というのであって、
現実はそんな甘いもんじゃない、
無理に抗い続けるとただただツラいだけでその割には良い結果が出ず、
ということは良くあります。
私は、眼前にある厳しい現実を受け入れてその中で生活の質を可能な限り保つ、
という考えの方が、実は大事ではないかと思います。

どんな生物もやがては死にます。
人間の平均寿命が延びつづけている現代でもその真理からは逃れられません。

私は仕事柄、多くの方々の生活、時には生と死にも向き合いますが、
人は、結局は非情な現実を受け止めて生きることになる、
という結果になることが多く、
だからこそ多くの人には後悔の無い人生の選択をしてほしいと思っています。

麻央さんは自宅で旅立たれました。
恐らくではありますが、麻央さんも結局は最後の時を家族で過ごすという選択をし、
一番いい形で旅立ったのではないでしょうか。

さて、何故病院で過ごさなかったんだろうか、という方々はどのくらいいるでしょうか?

人の生死が現実のものとなってきたとき、
人間というのは勝手なもので、
その現実から少しでも目を背けたい、とか
病人と最後の時を一緒に過ごすのは家族の方がツラい、とか
そもそもこんな状態の病人を家に帰せるか!などなどという理由で、
現在でも病人が病院で患者が最後を迎えるケースは非常に多いです。
それはそれで結構。
この麻央さんのケースのように、
病人を支える環境的な準備と患者を支える人たちの覚悟があれば、
病人は自宅で最期を迎えることはできます。
「病院でも自宅でも、どちらでもお好みでどうぞ」と申し上げたいですね。

ただし、支える人たち自身がツラいから、というのって、
一歩間違えると意外に勝手なものであり、
病人を孤独にしてしまう論理であることは、
ぜひ意識していただきたいと思います。

読者の皆さん、このエントリーは相当纏まりに欠けて読みづらいと思った方がいらっしゃるでしょう。
この記事は、私なりにいろいろなことを考えましたので、
敢えて綺麗に纏めるのをやめることにしました。
乱文にお付き合いいただいたことにお詫びを申し上げるとともに、
御礼申し上げます。

最後に、マスゴミへ。

お前ら海老蔵さんが自分の口で話すまで数時間も待てなかったのか?

この件、フライング報道されたわけですが、
海老蔵さんはきっと自分の言葉で国民に伝えたかったでしょう。

お前ら空気読め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

(番外編)~青湘遊郎的、東京都知事選総括

東京都知事選、終わりましたね。

結果は皆さんご存知の通り、投票終了直後の8時過ぎの時点で、小池 百合子 氏の当選確実、開票の結果、ブッチギリでした。増田 寛也 氏は、やはり自民党支持者層の票が小池氏に半分以上取られたしまったのが痛い、鳥越 俊太郎 氏はダブルスコアの大惨敗です。

今回は、個人的見解丸出しで総括してみたいと思います。異論反論はコメント欄にてどうぞ。

結局私は増田氏の街頭演説を見ることができませんでしたが、敗因としては自民党都連幹部が小池氏の推薦願を断り(事務手続き上の行き違いとしてますが)、意地を張って無理矢理に増田氏を押し上げたことです。まあ小池氏の行動も、組織にとってみれば危険な行動ではありましたが。さて、増田氏に話を戻して、もともと知名度が弱点とされていましたが、それと共に人を惹きつける「華」が無いのが致命的。また、知っている人は知っていますが、増田氏はかつて岩手県知事であったときに大型公共事業の推進によって債務を膨らませた、と批判的に見ている人もかなり多い。もともと増田氏は自民党都連と東京都議会との関係性を崩さないための傀儡的な役割が自民党都連から期待されていたようです。それが証拠に石原 伸晃 氏が「自分たちが出したい知事」という発言をしています。自民党都連幹部の心理>都民の心理とブチまけてしまっていたわけです。こういう「政治家自身の都合」を嫌がっている都民が多いとひとたまりもないです。増田氏は、自民党東京都連に利用されて落とされたという、不幸な落選の仕方だと思います。

今後の与党、とりわけ自民党について述べておきますが、私個人の好みで言うと、内田 茂 氏と石原 伸晃 氏の退任です。実は参院選でも民進の蓮舫氏にトップ当選を許し、さらにこの失態、責任を取らないとなるとさすがに神経を疑います

鳥越氏、いや、これからは「鳥越」と表記しましょう。こいつは論外です
何が4つのよしよ?また最後の最後に女性によしを追加?女性スキャンダルが選挙期間中に発生したのによくそんなことが言えるな、と思います。そもそも、出馬会見の際に「知らない」を連発していたほか、介護離職や成長戦略、保育所の機能など都民の生活に関わっている内容を全く知らず、ジャーナリストとは名ばかりで唯のモノを解ってないのに口を出す爺さんに成り下がっていたにも関わらず、都政は3日あればわかるとふざけたことをぬかしている始末。さらに都民の生活よりも国政をテーマに組み込み過ぎ、都民が置いけぼりを食ってしまったというところでしょう。さらに公開討論会には全く出なかった、ということで、お前有権者をバカにしてんだろ?と感じさせました。
むしろこいつは当選してはいけなかったわけで、まずは一安心です。

さて、当選した小池氏に関してですが、問題点が無い訳でもないです。

当選後のテレビの質問で切手購入代5000枚について聞かれたとき、5000万と聞き間違えたということもありましたが、明らかに顔色が変わってました。小池氏は「公私混同が問題」としていましたが、意外に叩けば埃がドンドン出てくるかも。まあやましいことが無ければ堂々としてほしいもんですが。

あと、小池氏の今後について、私は自民党から離党するか、あるいは前述の内田・石田両氏の退任のいずれかになってほしいと思います。私はこれまで小池氏は当落関係無く自民党にいられなくなる、と考えていましたが、自民党支持層の半分以上が小池氏が取った関係で、都議会議員については都連が出した「一族郎党成敗の御触れ」はおいそれと実行できないでしょう。実際にやってしまったら、東京から与党の議員が消滅してしまいかねません。

あ、小池氏が出馬直後に行っていた「冒頭解散」についてですが、当選後の小池氏はマスコミからの質問を上手い具合に躱したという印象を持っています。「冒頭解散」は恐らく東京都議会議員の中で与党(自民・公明)が7割を占めるため、自民党推薦を得ないで当選した小池氏自身にとって大きな敵であり、都議会から不信任決議案が出されることを予測していたり、あるいは組織力で自分の掲げた政策が潰されるということを予測してのものでしょう。実際は議員の皆様の反応を見なければ何とも言えないので、当選直後にコメントする内容としては、テレビなどで言っていた内容が限界でしょうね。ただ、個人対組織をしっかり意識して先読みができていると思われ、周到さがうかがえます

最後に、鉄道のblogらしく、この話で締めましょう。満員電車ゼロについてです。

前回の都知事選ネタの記事に頂いたコメントのお返事にも書きましたが、私は満員電車ゼロは東京一極集中が解消されない限り、絶対に実現不可能だと思っており、小池都政の任期中はせめてそこに向けた議論がどこまでできるか、が評価ポイントだと思っています。

あ、そうそう、小池氏は2階建て電車の案を有力視していましたが、実はそれだけではなくてJR東日本215系電車の失敗についてもしっかり知ってましたね。こういう細かい問題点にも実は目が向いている点は、私は大いに好感を持っています。

総2階建て列車の問題点は車両の構造はさることながら、ホームの構造と事故対策をどうするがに大問題があり、それをやるくらいならオーソドックスに複々線化の強力推進が現実的だと思いますね。

さて、8/2に当選証書が交付され、小池百合子知事が本格的に動き出します。都民の皆様、厳しい目で新都知事を見守っていきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

(番外編)~東京都知事選 鳥越氏がひどすぎるので、小池氏で勝負ありかな

当blogにしては、珍しく政治ネタ。

参院選の直後に東京都知事選、そしてその候補者擁立もグダグダということなので、結構興味を持ってしまったんですよね。

7/23、私は東京都内に買い物に行ったんですが、場所と時間の都合が合えば見れるぞ、ということで、小池 百合子 候補と鳥越 俊太郎 候補の街頭演説を見てきました。

結論から言います。

鳥越氏は小池氏にあらゆる意味で遠く及びません。それどころか、ジャーナリストとしてももはや終了です。

私の記憶の範囲内で街頭演説の様子を比較します。街頭演説は30分、始めは前座で応援の方がしゃべり、真打登場、というのはまあセオリー通りとして、小池氏は自分の言葉で20分近くは演説してたでしょうか?一方の鳥越氏は、前座に3人の区議会・都議会議員、そして参議院議員の杉尾氏、そして残り10分のところで本人登場、5分時間オーバーして15分演説、という流れでした。

小池氏は自分の政策、そしてそこから具体化への方法論へ一歩だけ踏み込むという演説の展開をしており、項目だけでなくて具体的方法論を聞きたがっている「選ぶ側の心理」というのをきちんと理解している、という印象を受けました。この一歩だけ、というのがミソで、あまりものを言いすぎると、「大風呂敷を広げたはいいが畳めない」という大恥をかくことになりかねないので、さじ加減が難しそうですが、私は小池氏ぐらいがちょうどいいと感じました。
演説中に、都職員のことを「公僕」という言葉を使って表現したので、一瞬問題発言が出るかな、とも思いましたが、主旨は都職員も誇りを持って働けるように、というものであり、セーフ。発言にもそれなりの神経を使っていることも実感しました。

一方の鳥越氏は、司会の方が巣鴨の短時間バックレ演説に対して、「炎天下の中でお待ちいただいていた皆様の健康を考えた結果です」などとし、本人は皆さんの話を聞くんです、と連呼してました。

いや、言い訳なんて知らねえよ(苦笑)

しかも前座のクライマックス、杉尾 秀哉氏(参議院:長野・民進 元TBSアナウンサー)の話の内容がひどいひどい。鳥越氏の当選のお願いというよりも自民党を貶してるだけじゃないですか。そもそも落下傘候補は、小泉劇場のときの自民党のマネでしょ?元アナウンサーが逆ギレするとは情けない

あ、でも、どうしようもない知事候補を無理やり持ち上げなければならないので、持ち上げる理由づけとしてはこれをネタにするしかないのか(笑)

さて肝心の本人の話ですが、よくこんなんで都道府県の知事になろうとしましたね

介護離職「賃金少ないからやめること」と解釈しているようですが、違うからね。

家族を介護するために労働者が仕事を辞めることを言うんだからね。

老人ホームや保育所の不足の解消のためにポイント制?何を言っているのやら。

民間の積極参入によって解決を図るという主旨と解釈してますが、

あの、介護業界はすでに民間(質の問題はともかく)がバンバン参入してるんですが

ヒト(介護従事者)、モノ(建物)、カネ(介護従事者の給与含めた運営費)のところに踏み込まないと、有権者は食いつきませんよ。

また、別の演説会場で保育士の待遇や都立保育所について述べたらしいですが、そのやり取りを報道でみた印象だと、こっちについても内容的に全然ダメ。公立保育所は既にあるわけで、この報道を見て私はさらに腰砕けしました

長くなりすぎるので詳細は割愛しますが、鳥越氏がこのテの問題を全く理解していないことが証明されており、正直、有権者をバカにしてると思いました。

非核都市宣言?原発も廃止?非核都市宣言するのはいいんだけど、核を持つ持たないを決めるのは国であって、東京都じゃないし、原発廃止した場合の代替エネルギーに触れられてませんね。

しかもこれは国政レベルの話です。

そうこうしてるうちに鳥越氏の演説が終わりましたが、時間が無いので述べられなかったというのとは雰囲気が異なり、これらを目指すための具体的アクションのビジョンなしにしゃべっちゃっている感が否めません

さて、鳥越氏はジャーナリストという肩書です。伝えたい内容については正確な知識と正確な情報の使い方が求められると思いますが、現在の鳥越氏はジャーナリストに必要な資質が無くなっており、もはやただのおしゃべり好きなおじさんになり果てている、というのが私個人の印象です。

あ、最後に1ツッコミ。

鳥越さん、マイクの使い方ヘタ過ぎ(笑)

街頭演説でところどころマイクが声を拾えておらず、聞き取れなかったもので・・・・・。

まあいろいろ言ってきましたが、小池氏が特段優れているのではない、鳥越氏があまりにもあまりにも悪すぎる、こういうことです。
自称ジャーナリストのおしゃべりおじさん、こういう方が東京都知事になったらと思うとゾッとしますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)