« また車輪トラブル多発なら、予備車か機材の購入を~青い森鉄道の運休多発 | トップページ | やっぱり長え~  ~ALFA-X10号車 報道公開~ »

2019年2月 3日 (日)

青森操車場跡地新駅について、超理想主義的に妄想してみる。

ダラ~っと報道を見てみると、青森操車場跡地への新駅設置が現実化しそうな様相なので、今日は、青森操車場跡地に駅を造るとしたら、どんなものがいいかを妄想してみます。

ただの勘にすぎませんが、ここに駅を設置するのであれば、青森信号所ごと跨ぐ南北自由通路が必要となるので、どんなに簡素な駅を建設するだけでも多分10億数億円にはなるでしょう。あるいは20億円規模でしょうか。
どうせ相対式ホーム2面2線で簡単に済ませに行くんでしょうが、南北自由通路のほか、自動車での送迎がしやすいように駅前広場は広めにとるべきです。また、何度も当blogで申し上げてきていますが、現在の青森駅の機能の大部分をここに移転する余地を残すと面白いと思うんですよね。なので、「拡張性」というのも欲しいところ。

なにしろ「青森駅に行くよりも操車場新駅の方が近くて使いやすい」と市民に理解される可能性があるんですから。

さて、操車場跡地は
・青森市の居住エリアのほぼ真ん中に位置する
・JR貨物青森信号所があり、この機能の廃止はできない
・現在の青森市の娯楽施設は、もはや旧中心部にはなく、浜田地区にやや集積
・旧中心部と賑わい機能を持つエリアとの結節点にあり、なぜか見過ごされている

という特徴がある、と分析してみました。

数十年後、あるいは100年後を見据えた時に、旧中心部がさらに疲弊し機能不全に陥ると代替地が必要で、操車場跡地の周辺の土地をうまく使うことが求められてくるのではないでしょうか?

さて、上記から個人的に理想論をぶちまけてしまいましょう。
1:青森信号所については、在来線駅スペースの確保と、青い森鉄道の検車設備との平面交差解消のため、少し南に移す。
2:乗り入れ線区はもちろん奥羽線、津軽線、青い森鉄道線だが、まれに乗り入れる長大編成への対応と、他線区への乗り換え利便性の確保のため、切り欠きホーム、ホーム有効長は260m(暫定210mなどとしても可)とする。
3:余裕があれば奥羽貨物線を連続立体交差化する

というコンセプトで、こういうものにしてみました。

Photo_2←画像をクリックするとデカくなります。
※機回り線は省略しましたが、信号所線群の適当な箇所につければ、まあいいでしょう。

島式ホーム2面6線、青い森鉄道本線部を外側にし、さらに上下線を共用させます。ダイヤの組み方の工夫で、できるだけ奥羽線と津軽線の列車を同じ島のホームにまとめて停車させることで、奥羽線と津軽線の列車の続行発車ができ、青い森鉄道から奥羽線や津軽線への乗り換え利便性が高めるという考え方です。

青森信号所の移設についてですが、大昔に貨物線を地下化~という案が新聞報道されたのをご存知の方はいらっしゃるでしょうか?あれは青森信号所の機能を理解していないおバカ丸出しの案です。

ただ、いずれにしろ、旅客列車と貨物列車が新駅西側で平面交差することからダイヤのネックになることが考えられます。この緩和のために奥羽貨物線の東端から操車場新駅までは客貨分離するのが理想的と思います。

さて、これだけの規模のプロジェクトにやる気を起こせるか?
50億やら100億やらのカネが掛かりそうで、かつ出所が無いんで、まあ一笑に付されるでしょう(笑)。

突っ込み、ご意見はコメント欄にてどうぞ。

|

« また車輪トラブル多発なら、予備車か機材の購入を~青い森鉄道の運休多発 | トップページ | やっぱり長え~  ~ALFA-X10号車 報道公開~ »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

青い森鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森操車場跡地新駅について、超理想主義的に妄想してみる。:

« また車輪トラブル多発なら、予備車か機材の購入を~青い森鉄道の運休多発 | トップページ | やっぱり長え~  ~ALFA-X10号車 報道公開~ »