« 早期着工を望む!~福島駅上り新幹線アプローチ線増設の噂 | トップページ | 海上輸送は反対。海上でも第2青函でもコストは国が負担すべき~青函新在共用区間高速化 »

2019年2月24日 (日)

変貌している旧・盛アオと新青森、荒川橋梁以北。

ちょっとした所用で2/22~本日、実家に行ってまいりました。
今回はツイッターを使ったので、皆さんにリアルタイム感をお感じいただけたと思います。
多くの「いいね」や「リツイート」をいただいている最中で、なかには「フォロー」もしてくださる方もいらっしゃり、うれしい限りです。
さて、今回ツイッターで盛岡車両センター青森派出所(旧・盛アオ)の写真をあげてみました。
これはちょっと前にYouTubeで津軽線の前面展望を投稿してくださったものを拝見したなかで、旧・盛アオの敷地内に多数の太陽光パネルが置かれていたのを見たので、ちゃんと確かめたかったんですよね。
実際見て驚いたのが正直なところ。
新青森の停車位置目標は、「見落とさなくてよかった」の一言に尽きます。
あれはモロにALFA-X用のものでしょう。
新青森の停車位置目標は、「10」(10両停止目標)と「U」(U編成停止目標)がありますが、その位置からさらにホーム中心寄りに停車位置目標が追加されていた、というものです。
ちなみに、ご指摘の中で「10」が無くなっているというものがありましたが、新函館北斗方にはまだ「10」があります。無くなっているのは「8」です。
もっとも、東京方の「10」がまだ残っているかについては、ちゃんと見てくるのを忘れてしまいました。
それと、今回の新幹線の乗車では荒川橋梁以北の130km/h化に伴う工事は、具体的に何をやっているかも注目していましたが、ところどころ吸音パネルがつけられていましたよ。
ただ、現時点では思ったほど多くないな、との印象を持っています。これからもっと増えるかもしれませんが。
私が次回新幹線に乗るのはたぶんゴールデンウイーク。
誰か、変わったことがあったら是非お教えください。

|

« 早期着工を望む!~福島駅上り新幹線アプローチ線増設の噂 | トップページ | 海上輸送は反対。海上でも第2青函でもコストは国が負担すべき~青函新在共用区間高速化 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変貌している旧・盛アオと新青森、荒川橋梁以北。:

« 早期着工を望む!~福島駅上り新幹線アプローチ線増設の噂 | トップページ | 海上輸送は反対。海上でも第2青函でもコストは国が負担すべき~青函新在共用区間高速化 »