« 2018年6月10日 - 2018年6月16日 | トップページ | 2018年7月15日 - 2018年7月21日 »

2018年7月8日 - 2018年7月14日

2018年7月 9日 (月)

青森駅改築よりも操車場新駅!~ただしアリーナは要らない

久しぶりの記事で、なおかつ久しぶりに青い森鉄道ネタ。

青森操車場跡地に青森市がアリーナ建設の検討をしているそうです。健康づくりとスポーツ振興へあてるように、と市民から20億円の寄付があり、それを元手に、ということですが、アリーナ建設関連する事項として、青い森鉄道の新駅設置もあるとか。要望を受けた県は慎重姿勢を示しているようです。

まあそりゃそうだわな。

私見を先に申し上げてしまいますが、駅建設だけでその20億は吹っ飛ぶと思いますよ。

新駅を設置するとなるとカネを出すのは県と市両方でしょうが、もうすぐ魔設計のまま工事が始まりそうなJR青森駅のケースで事業費が97億円(国の交付金:約53億、青森市:4億6000万円、他は起債)で計画されています。

青森駅と操車場新駅は、駅舎の規模は違いますがJR貨物青森信号所に隣接する位置になるという、ちょっとめんどくさい立地であること、青森駅の機能移転に対する拡張性など、いくつか考え処はあります。ただの勘にすぎませんが、筒井駅のように7億円では到底収まらず、事業費はまあ50億円は下らないのではないでしょうか?

まさか10億以下で造ろうなんて思ってないよね???

小野寺市長は市役所改築の事業費を圧縮したことだけは評価できますが、一転市役所の方が操車場に近いはず(青森駅と市役所は約1.4km、操車場跡地と市役所は1km無い)なので何とも矛盾を感じます。どうも浅く広くというスタイルなんでしょうか?

青森市は地理的中心部に鉄道路線が走っているのにもかかわらずそこに駅がないという、なんとも可笑しな街です。操車場新駅はそこに楔を打つ話なんですが、どうにも煮え切らない。計画そのものは20年程度前に出されているはずですが、いい加減何とかしませんか?

あ、忘れちゃいけない。

アリーナは稼働率を保てるかが疑問なので、反対!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月10日 - 2018年6月16日 | トップページ | 2018年7月15日 - 2018年7月21日 »