« 2018年3月18日 - 2018年3月24日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »

2018年3月25日 - 2018年3月31日

2018年3月26日 (月)

開業2年目はまあむしろ減るのが常。問題はこれからだ~北海道新幹線2年目の開業実績

本日は2018年3月26日。北海道新幹線新青森-新函館北斗間開業丸2年です。

ネットではチラホラ開業2年目は前年度実績を下回ったという記事が出ております。

ただ、私は何度か言ったことがありますが、新幹線を造ったあとに失敗と評価するべきなのは、在来線時代よりも利用客数が減った時のことです。そういう意味ではまだ開業前よりも利用客数は多いので、物足りなさはありますが失敗とまでは言えないでしょう。

今後はやはり何といっても新在共用区間の速度制限をどういう方法で緩和するかです。線形だけでいえば東京-新函館北斗間を約3時間40分で到達でき、その後函館まで乗り換えなどを含めると大体4時間30分見ればいけるはずなわけです。

当然国も黙っているわけではなく、まずは来年度試験走行を開始し、来年のダイヤ改正で青函トンネル内だけ(新在共用区間全体ではないことに注意)160km/h化、東京-新函館北斗間3時間59分を目指していますし、下り列車に限ってGWなどの貨物列車の本数が少ないときに限り最高速度200km/h程度へのスピードアップも2020年度あたりまでに目指しています。

しかし、これも何度か言ったことがありますが、これじゃあ物足りないんだってば

確かに高速走行運用開始前に確認車を走らせるなどの決まりごとはありますが、すれ違い時の安全確保については、すれ違い時だけの減速ができるようにDS-ATCの改良をすりゃ風圧どうのの問題は解決できるでしょうが!

また、すでに分かっている人はわかっていますが、整備新幹線区間である盛岡-新青森間の高速化をするのも一手。これを320km/h化するだけで約7分の短縮です。
ただ、これは騒音規制が厳しいので結構難しいですがね。

いろいろ言いましたが、北海道新幹線新青森-新函館北斗間は他の新幹線と違い、多くの本数を走らせることや高速化といった、利便性向上が相当に難しい線区です。今はとりあえずガマンの時ですよ。

問題はこれからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月18日 - 2018年3月24日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »