« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日 (月)

相鉄の星川駅、天王町駅に行ってみた~相模鉄道本線(星川~天王町)連続立体交差事業

珍しく相模鉄道(相鉄)の話題。

当blogでは相鉄の話題はほとんどなかったと思いますが、私、実は意外に相鉄のお世話になっています。ただ、全体的な雰囲気が好きになれないんですよね、なぜか。

しかし、神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線)や海老名駅の改良工事鶴ヶ峰付近の連続立体交差事業と、これまた意外と注目はしていきたい事業を行っています。

さて、今回のテーマ、相模鉄道本線(星川駅~天王町)連続立体交差事業ですが、この事業の進捗に伴い、2017年3月5日の下り線高架化に続いて本年11/24(土)より上り線が高架化工事による速度制限の解除をトピックにしたダイヤ改正が12/8に予定されてはいますが、上り線の高架化で大きな区切りを迎えたわけです。

事業開始が2002年とのことですので、16年か。やっぱり時間がかかるもんですねえ。さらに天王町と星川の両駅の工事の事業完了はまだ先の話であと3年は工事が続き、2021年度竣工予定とのことです。

あ、前置きが長くなった。

11/23と11/24の両日、天王町と星川の両駅に行ってみました。写真をたんまりとってきたので一気にアップ。

11/23の星川-和田町間
Img_1294 Img_1293

天王町-星川間
Img_1296 Img_1295

天王町
Img_1297
車内より。

天王町上りホームより。
Img_1298 Img_1299_2 Img_1300

おなじく上りホームではありますが、海老名方の端より。
Img_1303 Img_1304

下りホームより。
Img_1306
仮上りホームの構造物。なーるほどこういう造り何ですね。

さて、ちょっと移動して、

星川。横浜方の端より。
Img_1309 Img_1310
右は左写真のズーム。

今度は海老名方の端より。
Img_1312 Img_1314
同じく、右は左写真のズーム。

11/24上りホームの出入り口になる場所。
Img_1316 Img_1315
金網越しにズームしたのが右写真。

おまけ。
Img_1319 Img_1320
駅北口付近の外観。

さて、11/24。

和田町-星川間。
Img_1328 Img_1329 Img_1330
11/23は進行方向右側から撮影したのに対し、当然こちらは進行方向左側から撮影。

星川-天王町。
Img_1331 Img_1332 Img_1333 Img_1334

天王町上りホーム。
Img_1340 Img_1339 Img_1341 Img_1342
1枚目は横浜方を向いて、2~4枚目は海老名方を向いて撮りましたが、なるほどこうなったわけですね。



下りホームへ移動して、
Img_1354
軌道構造の境界部分。

ちょっとだけ横浜方へ移動して、
Img_1350 Img_1352
おそらく大体この辺りから海老名方(写真左方)で線路切り替えを行ったんでしょう。

星川。いきなりですが、
Img_1355
11/23は閉じられていた場所。

上りホームへ上がると、
Img_1356 Img_1357
右写真は左写真のズーム。

さて、上りホームをずずい、と歩きます。
Img_1360 Img_1361 Img_1362

途中でこんなものを見つけました。
Img_1367 Img_1368
この辺りは半径600mカーブですね。
実はもうちょっと横浜方へ歩を進めた位置にもありました。

エスカレーターの昇降口。
Img_1369
当然まだエスカレーターはありませんが、いずれ取り付けられるはず。

上りホーム横浜方の端付近。
Img_1375 Img_1376
まずは列車停止位置目標が見える位置から。

ホントの端。
Img_1377 Img_1378
右写真は左写真のズーム。
すでにお気づきかもしれませんが、星川は駅から横浜方に少しずれた位置に留置線を設ける計画があります。下り方が留置線1線、上り方が留置線2線の計画だったかな?
上り留置線の真下には11/23までの上り本線があったので、旧上り線撤去後に高架橋をさらに継ぎ足して完成、という流れでしょうね。

おまけ(?)
Img_1385
旧上りホームへの出入口。
この壁とドアはもちろん11/23の終電後に取り付けられたはず。

新幹線が主役である当blogにはあまり挙げてきていませんでしたが、実は私鉄の工事の様子をちょくちょく見に行ったりなんかしています。
相鉄は上記の通りまだちょっと見ておきたい事業もあるし、他社も注目すべき事業(特に京王線の笹塚-仙川の立体交差事業)もあるので、これからは工事レポをちょっと載せるようにしてみます。

お楽しみにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

あ~あ、やっぱりやっちゃいましたか~青森駅と北海道新幹線札幌駅

ご無沙汰しております、青湘遊郎です。
スマホゲームにドハマりしていましたが、いい加減飽きてきたし、こっちも放っときすぎました。
本日は2つほど書きたいネタがあるので久しぶりに書きます。

まずは青森駅

11/7についに安全祈願祭が行われました。私個人、はっきり言って全く期待していません。単純に駅舎が新しくなるだけです。青森市、特に駅西口を使うであろう方々に改めて言います。
設計変更のせいで、西口利用の皆さんは列車に乗るまでに大回りさせられますよ!

設計変更とは当初計画からの建設費アップと市役所新庁舎の建設話と同時期になったこともあって事業費圧縮のために橋上駅の位置を南側にずらして規模を変更、改札の位置も変えたというもので、今回着工された青森駅は率直に言って妥協の産物です。

そもそも、青い森セントラルパークに駅を造ったほうが、住宅街に近い分地理的な利便性は上がるんですが、こっちも恐らくまともに造れば数十億規模なのでうかつには造れない、さらに二重投資論も出るでしょう。だったら青森駅の建設、止めといてもよかったんじゃないの?

まあ着工されちゃったものはしょうがない。ちょくちょく現場を見に行くとするか。

写真は撮るとしても、新幹線の時のようなまともなカメラは使わず、スマホで十分でしょう。

話は変わって、北海道新幹線札幌駅

http://www.jrtt.go.jp/08-2Press/pdf/H30/pressh301109-2.pdf

うーん、修正東案で認可されましたね。何度も言いますが、新幹線札幌駅の位置でもめてしまったのは、大丸、ステラプレイス、JRタワーを軽率に建ててしまったから。一部「いや、そうじゃなきゃJR北海道はもうけを出せないんだって」という意見もあり、それはそれで当然認めていますが、もう一度言っておきましょう。

だから、北海道新幹線が来ることを計算してハコモノを建てるべきだったんだって!!

ぐちゃぐちゃおっしゃるご意見の数々は、この一言を見聞きして黙っとけ!です。

まあこちらもあとは工事に取り掛かっていくでしょうが、「こんなはずじゃなかった」なんてことはないようにしてもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »