« 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える | トップページ | 積極性が無いのは感心しないが、造ってもあまり意味がない~羽越新幹線 »

2018年8月13日 (月)

ALFA-X、やっぱりミニ仕様も造る?っていうか造っちゃいましょうよ!

今日も仕事が休み~ではありますが、資料を作らねばならず、ついでにネットをダラダラ見ていると・・・。

https://toyokeizai.net/articles/-/233036

こ~んな記事が。

内容的には既視感が漂っていますが、注目点はJR東日本の川野副社長が新在直通用ALFA-Xの製造を検討している旨の発言をしていることです。

そりゃそうでしょう。速達列車が欲しいのは、秋田方面だって同じですからね。

まあマジメな話、技術的にも新在直通用車両に求められる性能は、高速性能と曲線通過性能という、相反する性能をいかに両立させるかで決定づけられる、というのがE955形の試験結果で明らかになっており、E955形から10年以上経って今度はどうか、というのは実車を使わないとわからないでしょう。

また、騒音対策についても、フル規格車両より新在直通用車両の方が難しいので、この点でも研究された技術がどれだけ使い物になるか、の検証はやっぱり必要です。

そういうわけで、私は新在直通用ALFA-X、実に楽しみにしています。

早いところ正式発表してくれないかな?

|

« 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える | トップページ | 積極性が無いのは感心しないが、造ってもあまり意味がない~羽越新幹線 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

新在直通用のアルファXに関しては「これから勉強していきたい」旨の発言から、プロトタイプの完成からして、結構後になると
思いますよ。お書きになられているように新在直通で、かつ超高速対応となると何かと制約の多いミニ新幹線編成なので、
クリア課題が多いように思われます。

そして、‘いくら勉強しても’克服できない課題が多い場合は、割と素直に新在直通用アルファXについては諦めてしまうのでは
ないか? というのが私の勝手な推測です。

根拠は、これはフル規格編成にも共通ですが、既に320km/hの宇都宮~盛岡を40km/hアップさせたところで得られる時短は
数分(6~7分というところでしょう)。この区間が未だに275km/hでしたら話は別ですが、既に高速運転なので「伸びしろ」が
少ないこと。そのために「ちょっと難しい」と判った時点で、これ以上の資金をかけてまでミニ用アルファXの開発を続行する
のかJR東内部でも意見が出てくることだろう、こと。

もう一つはご存知の通り、秋田ミニが通る田沢湖線に部分新線が計画されていること。これの開通での時短は7分とされて、
最速では東京~秋田が3時間30分ジャストくらいにはなります。
もちろん、これプラス、ミニ用アルファXから導き出される新型の360km/h対応の営業車両による数分の時短で、併せて10数分
の時短が可能になることがスーパーベストですが、簡単な言葉で言えば「新線通行で3時間30分にもなれば充分でね?」と、
JR東なら思いそうですし、自分もそう思います。もっと言えば、全額ではないが新線建設にJR東もお金を拠出し、車両開発にも
お金がかかる。どちらも大金です。新線での時短以外の数分の時短で、東京~秋田の新幹線利用の流動数が劇的に増えるも
のかね? との考えはJR東から出ても何らおかしくはないと思うのです。

上2つの根拠はリンクしています。もし新在用アルファXが造られないとしたら、理由はこんなところではないかなぁ、と。 


投稿: ロイス | 2018年10月 6日 (土) 14時08分

>ロイス 様
ご無沙汰しております、コメント、ありがとうございます。

新在用ALFA-Xと仙岩峠新線、JR東日本にとって両方大事でしょう。

実はALFA-Xの試験の結果を反映させて量産系列を造る時期は、E5系の初期車を置き換える段階に入ります。
なんだかんだ言ってE5系登場から現在までで7年経ってますからね。

ALFA-Xの試験期間を仮に3年とすると、
試験開始の2019年から2022年までとなり、E5系登場(営業運転開始)から11年ということになります。
フル規格車両の時期標準系列は、北海道新幹線札幌開業を見据えなければならないので、
試験終了からさらに2~3年は置かれるでしょう。

話を本筋に戻しますが、車両開発の時間は意外に確保できる、というわけです。
なので、私は新在用ALFA-Xの登場はあり得ない話ではないと思い続けています。

ただし、ロイス様のおっしゃっていることを全く違うと全否定するつもりは全くなく、
仮に新在用ALFA-Xやその量産系列を出すタイミングを遅らせるという結果になった場合は
それはそれで十分に説得力のある話と思っています。

投稿: 青湘遊郎 | 2018年10月 8日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/74027744

この記事へのトラックバック一覧です: ALFA-X、やっぱりミニ仕様も造る?っていうか造っちゃいましょうよ!:

« 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える | トップページ | 積極性が無いのは感心しないが、造ってもあまり意味がない~羽越新幹線 »