« うーむ、やっぱりそうかい。さてフルとミニどっちを選ぶ?~九州新幹線FGT正式断念 | トップページ | 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える »

2018年7月22日 (日)

新幹線以外は微減傾向~青森県内鉄道利用者数

本当久しぶりに、乗車人員数や平均通過人数に関する話です。

JR東日本は毎年7月になると、前年度の駅乗車人員数(新在ともに)や平均通過人員数のデータを公表します。

最近助かるわ~と思うのは、2012年度分から新幹線各駅乗車人員数のデータが載ってること。

東北新幹線八戸-新青森間は、平均通過人員数で7,500~8,000人/日キロと需要予測をされて着工されましたが、北海道新幹線新青森-新函館北斗間開業前ですら10,000人/日キロ弱(2015年度)であり需要予測を超えていたところ、北海道新幹線開業によりさらに1,500人/日キロほど通過人員数が増えています

また、頑張ったのが七戸十和田駅の乗車人員数で、2017年度は780人(新・在)/774人(新幹線単独)と、二戸(781人/774人)にほとんど並びました。現時点で二戸に停まる列車は七戸十和田にも止まるのがほとんどですが、データが裏付けてますね。

一方で、青森と新青森です。

新青森在来線を含んだ乗車人員数より新幹線駅乗車人員数の方が多いという珍現象が起きていますが、これは在来線を含んだ乗車人員数は在来線改札分+新幹線→在来線への乗り換え改札分の集計新幹線乗車人員数は新幹線改札分+在来線→新幹線乗り換え改札分の集計分というのが結果として現れたと思われます。

さて、データの中身に関しては、新幹線は北海道新幹線開業のタイミングで700人ほど落ち込んでいますが、これは乗り換え改札通過分がごっそり無くなったのが大きな理由でしょう。

青森は基本的に減り続けています

そりゃそうだ。

青森で降りたって不便だし、何しろ面白くねえもん

青森市役所の機能の一部がアウガに移転してなんぼかマシになるのかもしれませんが、それ以外に乗客が増える未来が見えません。残念ながら魔設計の改築案での着工が10月となりそうですが、投資効果が高いと感じることができないんですよね。

路線ごとの平均通過人員数は、すべての路線で前年割れです。新幹線も新幹線新青森-新函館北斗間の開業効果が消えた影響で、問題は本年度からでしょう。

結びになりますが、新幹線に関しては需要予測を上回る結果が出ているので、まあ堅調と見ていいでしょう。しかし在来線は、何とかしないと本数が減らされたり、路線廃止になったりするかもしれませんよ

もっとも怪しいのが、津軽線新中小国信号所-三厩間ですね。

|

« うーむ、やっぱりそうかい。さてフルとミニどっちを選ぶ?~九州新幹線FGT正式断念 | トップページ | 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/73884681

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線以外は微減傾向~青森県内鉄道利用者数:

« うーむ、やっぱりそうかい。さてフルとミニどっちを選ぶ?~九州新幹線FGT正式断念 | トップページ | 何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える »