« 決着はいいが、後悔するなよJR北海道。あ、札幌市や北海道も。 | トップページ | 整備新幹線の雪対策は、JRが決めるものではありません。JRではなくて鉄道・運輸機構を評価すべし。 »

2018年3月26日 (月)

開業2年目はまあむしろ減るのが常。問題はこれからだ~北海道新幹線2年目の開業実績

本日は2018年3月26日。北海道新幹線新青森-新函館北斗間開業丸2年です。

ネットではチラホラ開業2年目は前年度実績を下回ったという記事が出ております。

ただ、私は何度か言ったことがありますが、新幹線を造ったあとに失敗と評価するべきなのは、在来線時代よりも利用客数が減った時のことです。そういう意味ではまだ開業前よりも利用客数は多いので、物足りなさはありますが失敗とまでは言えないでしょう。

今後はやはり何といっても新在共用区間の速度制限をどういう方法で緩和するかです。線形だけでいえば東京-新函館北斗間を約3時間40分で到達でき、その後函館まで乗り換えなどを含めると大体4時間30分見ればいけるはずなわけです。

当然国も黙っているわけではなく、まずは来年度試験走行を開始し、来年のダイヤ改正で青函トンネル内だけ(新在共用区間全体ではないことに注意)160km/h化、東京-新函館北斗間3時間59分を目指していますし、下り列車に限ってGWなどの貨物列車の本数が少ないときに限り最高速度200km/h程度へのスピードアップも2020年度あたりまでに目指しています。

しかし、これも何度か言ったことがありますが、これじゃあ物足りないんだってば

確かに高速走行運用開始前に確認車を走らせるなどの決まりごとはありますが、すれ違い時の安全確保については、すれ違い時だけの減速ができるようにDS-ATCの改良をすりゃ風圧どうのの問題は解決できるでしょうが!

また、すでに分かっている人はわかっていますが、整備新幹線区間である盛岡-新青森間の高速化をするのも一手。これを320km/h化するだけで約7分の短縮です。
ただ、これは騒音規制が厳しいので結構難しいですがね。

いろいろ言いましたが、北海道新幹線新青森-新函館北斗間は他の新幹線と違い、多くの本数を走らせることや高速化といった、利便性向上が相当に難しい線区です。今はとりあえずガマンの時ですよ。

問題はこれからです。

|

« 決着はいいが、後悔するなよJR北海道。あ、札幌市や北海道も。 | トップページ | 整備新幹線の雪対策は、JRが決めるものではありません。JRではなくて鉄道・運輸機構を評価すべし。 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

今日、札幌駅新幹線ホームが、いわゆる「大東案」で正式決定しました。2年半ゴタゴタと決定を伸ばし続け、先見性のなさを露呈した、JR北海道。大東案がいいか、悪いか、賛否両論あれど正式決定したことに安堵してます。開業先伸ばしと言う不名誉は辛うじて免れました。不便さについては、実際に利用してみんな実感するかと。

一つ気になるのは、もし建設費が膨れ、差額も膨れると、JR北海道は負担出来るのか?と言うことです。まぁするしかありませんがね。

札幌市民も市内で工事が開始されたら、実感湧くのかなと思います。

しかし、ホームが創成川越えるなんて思わんかったわ(苦笑) 旭川延伸可能。長文失礼しました。

投稿: 渡邉ひとし | 2018年3月29日 (木) 19時12分

>渡邉ひとし 様

遅くなりましたがコメントありがとうございます。

やはりというべきか、大東案の新幹線駅舎にあたる部分の再開発事業にJR北海道が名乗りを上げてきたそうです。
やっぱり本音はこれじゃねえか、と思わされました。
このあり方、私はJR北海道は赤字の事業はドンドン切って、他事業で儲けることを露骨に表しすぎて、不快感を覚えています。

この事業やって儲けたお金を使って、ローカル線の延命を模索する提案があってもよかっただろうに。

さて、私は旭川延伸は札幌駅が認可案だろうが地下駅案だろうが、延伸する余地は残すべきだという考え方です。
この考え方の重要性は、むしろ今回の札幌駅の一件で、
JR北海道、札幌市、北海道は猛反省し、認識するべきではないでしょうか?

投稿: 青湘遊郎 | 2018年4月 2日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/73182457

この記事へのトラックバック一覧です: 開業2年目はまあむしろ減るのが常。問題はこれからだ~北海道新幹線2年目の開業実績:

« 決着はいいが、後悔するなよJR北海道。あ、札幌市や北海道も。 | トップページ | 整備新幹線の雪対策は、JRが決めるものではありません。JRではなくて鉄道・運輸機構を評価すべし。 »