« これでは物足りない、早いとこ何とかしてください~青函共用区間高速化 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その19 »

2018年2月11日 (日)

「認可(現駅)案」と「大東(修正東)案」のどっちかでしょうが、やっぱり「大東案」は却下!!~北海道新幹線札幌駅

先日、新幹線札幌駅ホームについてJR北海道、札幌市、北海道、鉄道・運輸機構、国の5者協議が行われました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000140-mai-soci

先日から話題に上がっている修正東側案(大東案)の概要は、相対式ホームとして、上り線・下り線のホーム始点をズラし下り線は幅最小4m~最大12.4m上り線は8.4mを採るようです。おそらくこれは下り線を降車専用ホームとして、最も旅客が集中しがちな降車時のホーム混雑緩和を狙うというものでしょう。

しかし、前回このネタで申し上げたように、乗り換えの移動距離が長すぎるのは苦情の元であることに変わりはありません

一方で、鉄道・運輸機構は依然として認可案で問題なしとしています。ただ、その一方で修正東側案に対して追加コストはJR北海道が負担するのであれば採用してみてもよし、との見解を示しています。

新幹線札幌駅は、そもそも何人の利用客を想定しているんでしょうか?
北海道新幹線は青函共用区間の介在によって、本州に乗り入れできる本数はかなり限定されるため、利用客を増やしたくてもなかなか増やせないわけです。新函館北斗は私は必要最小限の設備と思い好感を持っていますが、極端な話、札幌駅は通常は10,000人/日程度の利用客を捌ければいいと思われます。よって、狭いと指摘されている現役の最大幅約10mでも行けてしまうわけです。

JR北海道の西野副社長は、修正東側案を「50年使うにふさわしい駅を考えた」ということを話したようですが、

おいおい、たった50年?100年と言いなさいよ

と思ってしまいました。

もう1つ、

50年100年先を見据えて大丸デパートやJRタワーの計画を立てるべきだったな

とまた言わせていただきます。

JR北海道の西野副社長のこの発言はある種、大丸、JRタワーの建設時、50年100年先を見据えて札幌に新幹線が来ることを十分に予測しなかったことと矛盾を表している、と私は思ってしまい、かなり嫌悪感を覚えます。

これはJR北海道だけでなく札幌市や北海道も同罪ですが、長期的視野に立たずに札幌駅の再開発を慌てて行い、結果本来あるはずだった新幹線の用地を確保できず、ドヤ顔で「これで使いやすいだろう」とトンデモ案を押し付けてくる始末、何なんでしょうね?

改めて、修正東側案は、どんなにあがいても移動距離が200m~300m余分に増えるという時点で却下、と言わせていただきましょう。

ともあれ、この2案でいよいよ最終決着へと話が進む様相です。

結論やいかに?

|

« これでは物足りない、早いとこ何とかしてください~青函共用区間高速化 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その19 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
ここに来てやっと、煮詰まってきましたね。地下案は跡形もなくなりました。認可案か修正東側案か。やっぱり認可案でしょ〜。跨線橋で在来線ホームと結ぶと言っても、一番端は創成川越えんだよ。結局何だったんだ、地下案てのは?時間の無駄でしたね。

決まりそうだけど、やっぱり今の関心事は、ファイターズ新球場の位置ですな。

投稿: 渡邉ひとし | 2018年2月11日 (日) 22時51分

北海道新幹線の新函館北斗駅が着工する前から楽しく拝見させて頂いております。

全く持って現駅案の何を持ってJR北海道はあそこまで無駄な抵抗をしているのでしょうかね。
列車をさばけないさばけないって、博多駅にしろ小倉、岡山、広島、品川など他のJR各線の主要駅を見学してもらいたいですよね。

私もすぐにでも現駅案が通る事を願って見守っています。

投稿: かいおう | 2018年2月14日 (水) 03時11分

百歩譲って、2面4線なら検討の余地ありですが、
こんな中途半端な案は棄却ですね。

投稿: つばめ800 | 2018年2月16日 (金) 09時30分

東側修正案のゴリ押しで行くなら、JR北海道の出す金額は更に多いものとしてもらいましょう。
JR北海道は貧しい? 在来線発着本数の減も極力抑えられるという機構のシミュレーションさえも
蹴り飛ばすのだから、追加金額の相応額の増は受け入れてもらわねば。

先ずは在来線札幌駅とドッキングする箇所以外は、ホーム全体を八戸駅のようなドームで覆って
いただきましょう。ドームはホームと同じ長さで途切れさせず、更に30~40m先の創成川のずっと
向こうまで。もちろん雪を吹き込ませないため。そして、ドームには電熱線を埋め込んで冬季は
常にONにして雪をドーム屋根に積もらせないようにする。
更にホームは2線ともに完全密閉型のホームドア式を採用する。東京のメトロ南北線とか新交通
にもホームドアが採用されていますが、上の方にスキ間が開いていますので、これさえも無くす
方向の完全密閉でお願いします。車種を本州直通と道内完結用で統一させればドア位置も
同じなので大丈夫です。道内用をフル規格の10両編成とするのは些か過多なのような気も
しますが、どうしても東側修正案で行くならこれも受け入れて下さい。

ああ、お金かかるね~

更に更に、10号車から1号車までの全部にとは言いませんけど、5両分くらいの長さにかけて、
それぞれのホームの端に動く歩道を設置してもらいましょう。

投稿: ロイス | 2018年2月18日 (日) 21時54分

上で色々と書きましたが、もう8割がた「修正東側案=大東案」で決まりなようですね。
在来線客と混在せずキャパに余裕がある・・・ と、今までの日本の新幹線ターミナル駅の弱かった所を、ゴリ押しの
ような感じでJR北海道に突かれてしまいました。これは確かに言えてます。
キャパが無いから東京・新大阪のような新幹線ターミナルでも、大勢が座席に座って待合できる場所が造れない、
新幹線単体に乗るのにも在来線客と混在しながら新幹線ホームに向かわねばならない等々、北海道新幹線では本数の
多い東海道と違い、そのままホームに行って停車してる列車に乗ってしまえば広い待合所はいらない、という言い訳は
出来なくなりました。北海道は冬季の寒さからホーム上で列車を待つ文化でもなさそうですし。

あとは札幌に到着した新幹線客のうち、在来線に乗り継ぐ客・そのまま改札を出て札幌駅下車でJRは完結して、JR以外の
交通機関に乗り継ぐ客の割合がどうか、ですよね。

投稿: ロイス | 2018年2月22日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/72896396

この記事へのトラックバック一覧です: 「認可(現駅)案」と「大東(修正東)案」のどっちかでしょうが、やっぱり「大東案」は却下!!~北海道新幹線札幌駅:

« これでは物足りない、早いとこ何とかしてください~青函共用区間高速化 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その19 »