« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その18 | トップページ | 明けましておめでとうございます。~2018年 »

2017年12月31日 (日)

地下化案、あっさり止めることに?~北海道新幹線札幌駅

2~3日前の話にはなりますが、当blogの年の瀬にふさわしいネタが舞い込んできました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/154285?rct=n_jrhokkaido

北海道新幹線札幌駅で突如再浮上した地下化案ですが、断念の方向です。

私はこの断念の話、歓迎します。

いかに大都市の札幌とはいえ、新幹線は中距離移動に最も適する乗り物、需要予測では14,800人キロ/日・キロ程度と予測されているため、高すぎる工事費は割に合わないです。

着工時のB/Cが1.1なので、地下化に工事費を費やしすぎると1.0以下となってしまいます。

また、現在直面しているように、青函共用区間において、将来的に高速化を目指すものの、新幹線の本数が相当に限られてしまうため、新幹線の本数はホーム1面2線で足りてしまう可能性が高いです。

何度も言いますが、JR北海道にとって新幹線は、特急料金でボッタくって鉄道部門収入を上げられるもので、かつ札幌駅にハブ的機能を持たせて旭川あたりまでの地域までにJRの利用客増を促すつもりでいかないとならないことから、地下案はそれと逆行する要素満載で、いかに国が地下化案の費用を出したとしても自殺行為と言わざるを得ません。

さああとは現駅と東案、どちらで決まるでしょうか?

|

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その18 | トップページ | 明けましておめでとうございます。~2018年 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

地下化断念については、まぁそうだろうなぁ〜ぐらいの受け止めですね。正直札幌じゃいまファイターズの新球場がどこになるか。が一番関心事ですから(笑)こちらも来年3月ぐらいにきまります。

JR北海道はもう腹くくって、1、2番線差し出せよ。ダイヤの調整もまだ時間あるんだから。

さあ新球場と新幹線ホーム。3月こりゃどっちが反響でかいんだ?

今年もいろいろ読ませてもらいました。来年もよろしくお願いいたします。ではよいお年を。

投稿: 渡邉ひとし | 2017年12月31日 (日) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/72574307

この記事へのトラックバック一覧です: 地下化案、あっさり止めることに?~北海道新幹線札幌駅:

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その18 | トップページ | 明けましておめでとうございます。~2018年 »