« 新幹線札幌駅地下案の規模を妄想してみる。 | トップページ | ヘタこいた〜〜PC故障! »

2017年11月 8日 (水)

向ヶ丘遊園以西は微妙と言えば微妙~小田急ダイヤ改正概要

小田急が先日、来春のダイヤ改正の概要を発表しました。

ポイントは何と言っても梅ヶ丘-代々木上原間の複々線化工事完了に伴う増発・混雑緩和です。

ただし、私個人的には代々木上原-新宿間と新百合ヶ丘-登戸間がラッシュ時はほとんど限界になるのかな?と想像しています。

小田急は快速急行の増発で時間短縮~など言ってますが、登戸停車と急行からの置き換えとするわけで、登戸-新宿間の短縮幅は急行からの置き換え分(成城学園前通過)という、いわゆる数字のマジックです。

数字のマジックと言えば、向ヶ丘遊園以西の区間内での利用は、条件次第では改悪となってしまいます。

ただ、梅ヶ丘-代々木上原間が複線のままでこれができたかと言えばまずできない、私は今回のダイヤ改正の本質は、増発による混雑緩和に集約されるとみています。

そう言えばまだデイタイムのパターンダイヤが明らかになっていませんので、これは12月のお楽しみでしょうか?

あ、それよりも今度は登戸-新百合ヶ丘間の複々線化事業化をして欲しいなあ。でも、東京都内と同じように、連続立体交差化事業と抱き合わせで小田急の持ち出し分を少なくしようとするかもね

|

« 新幹線札幌駅地下案の規模を妄想してみる。 | トップページ | ヘタこいた〜〜PC故障! »

私鉄」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/72169580

この記事へのトラックバック一覧です: 向ヶ丘遊園以西は微妙と言えば微妙~小田急ダイヤ改正概要:

« 新幹線札幌駅地下案の規模を妄想してみる。 | トップページ | ヘタこいた〜〜PC故障! »