« 地下にすると在来線から200m離れ、深さ約30mになるわけか~北海道新幹線札幌駅 | トップページ | 向ヶ丘遊園以西は微妙と言えば微妙~小田急ダイヤ改正概要 »

2017年10月13日 (金)

新幹線札幌駅地下案の規模を妄想してみる。

先日の報道の通り、北海道新幹線札幌駅に地下案が追加されました。

気になるのはその規模です。

地下となることで2面4線になるのかな~などと考えてみました。しかし、一部では2面4線だと北5条手稲通りの幅員が足りない、という意見が。

新幹線2面4線だと、大体幅約50メートル(上野)、狭く造っても約38m程度(整備新幹線の一般的なもの)が必要ですが、北5条手稲通りってそこまでの幅はありません。

北5条手稲通りの幅員内に収める方法があるとすれば・・・

私鉄頭端駅(例えば小田急江ノ島線片瀬江ノ島)のような配線の2面3線?

計算してみるとギリギリ収まるか足りないかくらい。

確かに理想を言えば2面4線ですが、北5条手稲通りの幅員内で収めることを厳守なければならないとし、かつ9m程度のホーム幅員の確保、新函館北斗の例のように、2面4線となるほどの列車本数となるのかを考慮すると、2面3線は妥協範囲内なのかもしれません。ただ、旭川方に引き上げ線2線は欲しいところですがね

さて、結論や如何に?

|

« 地下にすると在来線から200m離れ、深さ約30mになるわけか~北海道新幹線札幌駅 | トップページ | 向ヶ丘遊園以西は微妙と言えば微妙~小田急ダイヤ改正概要 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線札幌駅地下案の規模を妄想してみる。:

» 北海道新幹線は札幌駅を過ぎてもトンネルの中 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 北海道新幹線の終着駅、札幌駅は地下につくられるという話があります。「地下案」と [続きを読む]

受信: 2017年10月15日 (日) 11時53分

« 地下にすると在来線から200m離れ、深さ約30mになるわけか~北海道新幹線札幌駅 | トップページ | 向ヶ丘遊園以西は微妙と言えば微妙~小田急ダイヤ改正概要 »