« JR九州さん、佐賀県の地元負担分、代わりに払いますか?~JR九州FGT導入断念 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その13 »

2017年7月27日 (木)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その12

小田線登戸駅1番線徘徊シリーズの第12回です。

今回は7/22撮影分。

上りホームから撮影。
Img_0486 Img_0485 Img_0483
レール部の分岐器ポイント工事がちょっと進んでました。

また、高架橋でまだ桁が無かった部分も、
Img_0487
しっかり造られ、コンクリートが打たれていました。

一旦改札外へ。
Img_0488 Img_0492
ちょっとすっきり?

さて、下りホームの向ヶ丘遊園方は、
Img_0498 Img_0497 Img_0495 Img_0496
こーんな感じに。
新設桁部ものぞけるほか、ホームの脚用にコンクリートが打たれる直前の様でしたね。

ところで、前にも述べましたが、今のところ新設高架橋のPC桁と既設駅舎の路盤の幅が合わないので、とくにレールが載る部分が大丈夫かをチェックするべく何度か確認してみていましたが、
Img_0499 Img_0502
やっぱり大丈夫。
レールは、しっかりとしたPC桁上に載るようになっています。

しかし、新宿方に行くと、
Img_0503 Img_0504 Img_0505 Img_0506
何故かこうなっていました。
一旦レールが外されていたんですよね。

まあ前回などをよく見ると、レールがラダー軌道に金具で固定はされていませんでしたが。
それと、かなり古いラダー軌道(未使用)も混じっていましたね。
新旧どういう使い分けをするんでしょうか?

|

« JR九州さん、佐賀県の地元負担分、代わりに払いますか?~JR九州FGT導入断念 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その13 »

小田急 登戸1番線」カテゴリの記事

工事レポート」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/71217310

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その12:

« JR九州さん、佐賀県の地元負担分、代わりに払いますか?~JR九州FGT導入断念 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その13 »