« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その5 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その6 »

2017年5月20日 (土)

何度も言うけど、魔設計はやめてよ~青森新駅舎と自由通路

先日、「青森駅を中心としたまちづくり有識者会議」というヤツで、青森新駅舎と自由通路のデザイン案の中から、木目調のデザインを中心に話を進める、という報道がされました。

私は当blog内でも

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-18c9.html

でデザイン案について少々述べましたが、リンゴ箱イメージのヤツですね。

まあ別にデザインはお好きなようにどうぞ、というところですが、これを見てください。

(下の図をクリックお願いします。)

Photo

これは元々の計画案から事業費圧縮のために「こんな風に修正されたよ」という概要図です。

かつて私は下記の記事でこんなことを言っています。

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-8f5c.html

そして今回も同じことを言わせていただきます。

西口からの動線はハッキリ言って、アンタら何考えてこんな設計にしたの、と言っていいレベルです。本来西口からの利便性を高めるはずが、列車に乗るまでに何が悲しくて一旦東口付近にある改札まで行き、西口方面へ引き返すようにホームへ行く動線を採らなきゃいけないんですか?

それにしても、新青森の時は魔設計が見直されましたが、今回は見直す声って出てるんですか?寡聞にして聞きませんが・・・・・・。

まあ「青森駅は街の顔」というのは口だけということなんですかね?

|

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その5 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その6 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

適当にテレテレに酔っぱらって夜行列車に乗るとか、せわしなく北海道行きの列車に行くのを待ったり見ながら次の列車を待つのが無くなって時点で、青森の位置づけは変わったんですよ。
旅情を求めるなら、やっぱり関西・関東・北海道方面への夜行の復活しかありませんね。

投稿: ねこあたま | 2017年5月24日 (水) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/70617628

この記事へのトラックバック一覧です: 何度も言うけど、魔設計はやめてよ~青森新駅舎と自由通路:

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その5 | トップページ | 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その6 »