« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その4 | トップページ | やっぱり建て替えちゃいますか、青森駅? »

2017年5月 4日 (木)

青函を結ぶ在来線車両に必要な技術をてんこ盛り~TRAIN SUITE四季島

5/1から運行を始めたクルーズトレイン TRAIN SUITE四季島、無事に初回のクルーズを終えたようです。

首都圏だけでなく、わが故郷・青森のニュースにも取り上げられました。

やっぱりこういった列車はなぜか人のテンションを上げますね

ただ、JR九州のななつ星 in九州やJR西日本のトワイライトエクスプレス瑞風もそうですが・・・・。

高くて乗れるか!

一方、ニュースの中に上野駅で写真撮影を試みた撮り鉄さんたちが回送列車にそれを阻まれ、ブーブー文句を言っていたという、なんとまあ、と思わされるものもありました。

この列車に乗車できる方々は色々な思いを抱いて高い金を払って乗るわけです。鉄ヲタどもにジロジロ見られては気分がブチ壊しでしょう。そういう意味ではJR東日本の感覚はまともであるし、鉄ヲタどもの阿鼻叫喚はただの逆ギレです。

鉄ヲタの皆さん、キモイ~~~~と言われたくなければ、駅での撮影は止めて、できるだけクールに、かつ乗客のプライバシーを守りながら気づかれないように撮りましょう。

さてこの四季島、形式名は正式発表されていないとのことですが、「E001形」とされているようです。
私は四季島(E001形)の最大の特徴は、単純にクルーズトレインであるというだけではなくて、保安装置や軌道の規格の条件を満たしていれば、電化区間・非電化区間ともに自走できるという点にあると思っています。ATS-Ps(JR東日本)、ATS-DN(JR北海道)、DS-ATC(新在共用区間)と複数の保安装置を載せていますし、対応電源も20kV・50Hz、20kV・60Hz、25kV・50Hz、直流1.5kVと4電源に対応していますからね。文字通り、技術のてんこ盛り状態です。
偉そうではありますが、私にとっての四季島の存在意義はむしろこちらの方で、このEDCシステムの信頼性やいかなるものか、きちんと故障なく走ってくれるかに着目していきたいですね。

|

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その4 | トップページ | やっぱり建て替えちゃいますか、青森駅? »

趣味」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こういう記事を読むと、ますます信じられません。

「豪華列車の『TRAIN SUITE 四季島』などいらないから、その代わりどの駅にもホームドアを設置してほしい」と言い放ったまま未だに撤回していない鉄道ジャーナリストがいるという事実が。

鉄道ジャーナリスト 梅原淳
2017年1月14日にJR東日本蕨駅で起きた旅客の転落事故について
http://www.umehara-train.com/

投稿: 日置りん | 2017年5月 5日 (金) 09時38分

>日置りん 様
コメントありがとうございます。

リンク記事、拝見しました。ありがとうございます。

梅原氏の指摘、ハッキリ言って四季島要らないという話とは関係無いですね。
四季島が完成した後の事故について「要らない」と言われても後の祭り。

まあ、言い分が理解できないわけでもないので、コストについて一応、軽く調べてみました。
四季島は車両や関連整備等含めて100億円掛かりましたが、
ホームドア(可動式ホーム柵)は、これまでは山手線の場合は1駅当たり約20億円程度かかっていたそうです。

将来的にはこの半分程度までコストが抑えられることは目指されていますが、
それでも10駅分(ホーム20線分)で、四季島の製造等コストとほぼ同等になります。

ホームドアというのは一般的にはカネが掛かってしまう、ということを言われていますが、
今回の記事の内容に即した表現をすると、「儲けや魅力を生み出さない」ので、
ホームドアは設置するタイミングが難しいということでしょう。

四季島と梅原氏の主張を見て、
人に魅力を感じてもらう列車の企画制作の部分とホームの安全確保は表面的には話が別、
ただし、安全で魅力ある鉄道を創るという意味ではリンクさせなければならない思想だ、と私は思いましたね。

投稿: 青湘遊郎 | 2017年5月 5日 (金) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/70462290

この記事へのトラックバック一覧です: 青函を結ぶ在来線車両に必要な技術をてんこ盛り~TRAIN SUITE四季島:

« 小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その4 | トップページ | やっぱり建て替えちゃいますか、青森駅? »