« JR北海道は博多駅を見習うべき~新幹線札幌駅と博多駅との比較 | トップページ | さて、どうやって高速化しますか?~整備新幹線小委員会 青函共用区間等高速化検討ワーキンググループ »

2017年3月27日 (月)

ここで基本的なお話。~新幹線のホームって幅何mだっけ?

新幹線札幌駅についての記事をここ数回書いたわけですが、

そう言えば新幹線ホームの幅って何mだったっけ?

という基本的な疑問を整理する必要があると感じ始めてきました。
というのも、JR北海道が新幹線札幌駅の現駅案へ反対する理由として、ホームやコンコースの広さ・狭さを挙げてましたからね。

手持ちの鉄道雑誌などの資料をひっくり返して探してみたところ・・・・・、

鉄道ジャーナル1982年9月号(持っててよかった!)に載ってましたよ。

相対式ホーム:7m
島式ホーム9~10m

まあ、これは旧国鉄時代の標準的な寸法ですが、

整備新幹線規格の標準幅

相対式ホーム:5m
島式ホーム:最大9.6m

これは設計図のファイルや皆さまが大キライ(?)な某鉄道アナリストの書籍などが情報ソースです。

じゃあ大都市圏の駅はどうなんだ、と言いますと・・・・・・、

東京駅20、21番線の幅について確認できましたが、その幅は最大11m(鉄道ジャーナル1998年1月号)です。

ただし、近年開業した新幹線は可動式ホーム柵(以降、わかりやすいように「ホームドア」と表記します。)が設置されており、当然札幌にも設置されますから、旅客が実際にホーム幅として動ける幅を算出するには、ホーム端からホームドアまでの幅を除かなければなりません。

通過線側のホーム端から可動式ホーム柵までの幅は1.4mとなっているとのことです。

ところで、福井駅(最大幅9.24m)は金沢のようにホーム端から80cmの位置にしてくれと言っているようですが、私はこれに断固反対します。

通過列車が設定された場合、風圧でホームドアぶっ壊れませんか?

話は戻って札幌駅、新幹線は全列車停車するので、金沢と同じようにホーム端から80cmの位置にホームドアを付けると予測されます。

私は具体的に札幌駅の1・2番線ホームの幅員が何メートルかは調べていませんが、現在から実質2.8m(ホームを新幹線車両に合わせて削る、新幹線車両は車体がホームに掛かる部分で在来線比60cm幅が広くこれを2線分、ホーム端からホームドアまで80cm、上下計160cm内側に設置)少々は狭くなるでしょう。
幅が60cmならば片側の20cm削るって話でいいじゃん、と簡単に思う方もいらっしゃるでしょうが、この計算は、新幹線と在来線の車両限界・建築限界への支障の度合いがわからないため、敢えて1・2番ホームを削って新幹線車両が乗り入れるスペースを生み出す考え方で出してみています。

あとは予測される乗降客数で捌ききれると判断するか否か?

さて、ホーム幅の結論。

島式で最大大体9m、相対式ホームは大体5m。乗客が自由に動けるスペース幅はこれからホームドアの分をマイナスです。

|

« JR北海道は博多駅を見習うべき~新幹線札幌駅と博多駅との比較 | トップページ | さて、どうやって高速化しますか?~整備新幹線小委員会 青函共用区間等高速化検討ワーキンググループ »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

青湘遊郎様
(ハンドルネームを変更させていただきます)

札幌駅の場合、冬季における待機スペースの確保というのが重要になります。(JR北が言うホーム幅が足りないというのも、このことだと思います。)。
地上部分でマイナス気温になる札幌では、東京や名古屋のように、到着列車を待つためにホーム上で長時間待機することがかなり厳しいです。
在来線1、2番線の転用の広さで新幹線利用客の待機スペースを確保できるか。ホーム転用で削減された在来線乗客の分の待機スペースを確保できるかが問題になるでしょう。(現状でも札幌駅構内の待機スペースはいつも混雑していて、十分にスペースを確保できているとはいえないです。さらに札幌駅での列車の待機時間をなくすと、ホームに早着させてその車内で乗客を待機させることができなくなります。)。

↓札幌市営地下鉄の地上走行部分の暖房を停止した場合
http://www.47news.jp/m/news/201501/SM0112_1120914.html
http://www.geni-tetsutabi.com/lrw/stheating.html

投稿: イエロー | 2017年4月 2日 (日) 11時31分

イエロー様

コメントありがとうございます。

この記事では主に新幹線ホームの幅を数字で例を挙げてみたものですが、
記事を書きながら疑問に思っていたのは、
JR北海道はホームの規模をどのくらいと見積もっていたのか、
ということです。

ただ、JR東日本系の新幹線は、発車駅では発車10分以上前にドアを開けて
ホームに在線させるのは稀です。
イエロー様はこの記事をどう解釈されたかはわかりませんが、
私はホームに長時間旅客を待たせることを想定しているわけではないです。

イエロー様のコメントを拝見し思ったのは、
「現在の札幌駅は何にも考えないで造ったの?
曲がりなりにも北海道の一大ターミナルですよ?」
ということで、しかもこの意見は今回が初めてではない、
ますますJR北海道の先見性の無さを感じざるを得ません。

さて、これ以上書くと記事のテーマから外れるので
とりあえずはこのくらいにしておきますが、
もしこれからもコメントをいただけるようであれば、
別記事を作って私見を述べてみたいと思います。

よろしくどうぞ。

投稿: 青湘遊郎 | 2017年4月 2日 (日) 20時47分

青湘遊郎様

ご返信、ありがとうございます。
>現在の札幌駅はなにも考えないで作ったの?

正直、ここについては私もよくわかりません。
ですが、札幌駅高架化後すぐに完成した新千歳空港駅については、地下ホームかつ常に片側ホームに列車が待機していて暖かい車内で待てる、というふうに、乗客の寒さ対策について対策が練られていますから、札幌駅についても、まったく考えていなかったわけでもないと思います。

事情の一つに、国鉄民営化後、札幌駅の在来線利用客が飛躍的に増加した、という理由はあるような気がします。
札幌駅のデータがないので札幌市内のJR在来線の乗車人員数で示しますが、1985年時点で約6万人だったのに対し、1995年には17万5千人、約3倍に増えています。(福井善高著、鉄道は生き残れるか、p103)。当然、それに応じて札幌駅の利用客数も増加したことが想像できます。先見性の無さといえばそれまでなのでしょうが、この乗客数の伸びでは、当時の乗降客数で考えていた対策ではキャパが足りなくなった、というのも、ある意味やむおえないなあ、と、思います。

もちろん、こういうふうに札幌駅の利用客が増えたことに対し、JR北がなにも対策を打ってこなかったわけではないのです。例えば2000年、特急、快速エアポートなど全列車が新札幌に停車するようになったことで、札幌駅まで行かず新札幌駅で下車して地下鉄東西線へ乗り換える人が増え、札幌駅の乗客が少しは分散しました。また2016年の旭川行き特急の新千歳空港駅乗り入れ中止によって札幌駅を始発とするエアポートが事実上増加し、寒いホームで列車を待たなくて済むようになっています。ただ、札幌市内における郊外から中心部への人口転移、および海外からの旅行客の増加によって、それ以上に札幌駅利用客が増加しているのですが‥

投稿: イエロー | 2017年4月 3日 (月) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/69956727

この記事へのトラックバック一覧です: ここで基本的なお話。~新幹線のホームって幅何mだっけ?:

« JR北海道は博多駅を見習うべき~新幹線札幌駅と博多駅との比較 | トップページ | さて、どうやって高速化しますか?~整備新幹線小委員会 青函共用区間等高速化検討ワーキンググループ »