« (番外編)JASRACは音楽を廃れさせる気か??? | トップページ | ドヤ顔報道で苦笑いもんですヨ~青函トンネル160km/h化検討 »

2017年2月25日 (土)

JR北海道が悪いとは限らない。原因をしっかりと見つめましょう。

久しぶりの鉄道絡みのエントリーだというのに、何とも良くないテーマですが、2/23、室蘭本線の洞爺-有珠間の北入江信号所付近で貨物列車の脱線事故(と言っても機関車のみ)がありました。

ニュースが流れたときは、条件反射的にJR北海道が悪いとした方も多くいらっしゃるでしょう。まあ線路保守不良でやらかしてしまっていますから、そういうイメージは当然と言えば当然。

しかし、私はだからこそ申し上げます。

脱線には線路側だけでなくて車両故障の原因もあるんだから、原因がわかるまでどっちが悪いと断罪はしちゃいけませんヨ

現在も原因調査中ですが、現時点では線路状況に関しては問題は認められず、むしろ機関車DF200側の異常もしくは保守不良(台車のボルト外れ)の可能性が濃厚との説です。

線路保守がまた手抜きされていたのがはっきりすればJR北海道が責められるべきでしょう。しかし本件は「DF200を整備している部署」が責められるべきかもしれません

いずれにしろまだ調査中なので、叩くのは原因がわかってからで!

|

« (番外編)JASRACは音楽を廃れさせる気か??? | トップページ | ドヤ顔報道で苦笑いもんですヨ~青函トンネル160km/h化検討 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/69722151

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道が悪いとは限らない。原因をしっかりと見つめましょう。:

« (番外編)JASRACは音楽を廃れさせる気か??? | トップページ | ドヤ顔報道で苦笑いもんですヨ~青函トンネル160km/h化検討 »