« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »

2016年10月23日 - 2016年10月29日

2016年10月25日 (火)

青い森鉄道のウリを少しだけ考えてみる

今回の帰省では、少々時間があったので青い森鉄道の青森-浅虫温泉間の往復、GPSのデータを取ってみました。

上り列車
Photo

こっちは下り列車。
Photo_2

何が言いたいかというと、

改めて言う、青い森鉄道は青森県内の在来線鉄道の中で今も最速の路線である、

ということです。

青い森鉄道の現有車両青い森701系および青い森703系です。車両性能(設計最高速度と設定された営業速度)の関係で最高速度は110km/hですが、ご承知のように東北新幹線八戸-新青森間が開業する前までは、旧・東北本線 八戸-青森間の最高速度は130km/h出していた線区です。つまり、保守が適切にできており、車両性能が適合され、かつJR貨物との調整ができれば今でも130km/h運転は論理的に可能である、ということです。※前述の通り現在は営業最高速度110km/hの車両しかいないので当然できませんが。

次に述べるのは最高速度の比較です。

青い森鉄道:110km/h

~JR各線~
奥羽本線:秋田-弘前-青森:95km/h
津軽線:100km/h
五能線:85km/h
大湊線:85km/h
八戸線:85km/h

~私鉄~
弘南鉄道:弘南線、大鰐線ともに不明ですが、まあ85km/hは超えないでしょう。
津軽鉄道:70km/h

普通列車のレベルでも、青い森鉄道は県内在来線最速です。

新幹線は圧倒的に速いですが、高速性で言えば青い森鉄道もがんばってはいて、こいつはウリのうちの1つでしょう。

あんまり冷遇しないであげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »