« 2016年6月19日 - 2016年6月25日 | トップページ | 2016年7月3日 - 2016年7月9日 »

2016年6月26日 - 2016年7月2日

2016年6月29日 (水)

鹿内青森市長辞任へ~ちょっと待とうか青森駅改築

仕事から帰宅してネット見てびっくり

青森市の鹿内市長が辞任するとかなんとか。

アウガの債務処理に関する責任を取って、というところで、先日ニュースを見た限りでは、先送りが重ねられてきた処理案の具体案提示が先送りがさらに先送りされた、ということでとどめを刺されたといったところでしょう。

さすがにアウガの対策案が出てこなさすぎるのは問題だし、辞任もやむなしと思わされます。

ただ、当blogはお人好しなつもりはありませんので1ツッコミ。

新町、やっぱり活性化なんてできないヨ

そもそもアウガは中心市街地活性化を目論まれていたはず、忘れたとは言わせません。それがこのザマです。

そしてどうですか?新町商店街はシャッター街になりつつあるじゃないですか。

こういった面を含め、私はまた青森駅改築を見合わせるべきであると言わせていただきます

これまで工期が重なる計画だった市庁舎については、市の機能自体がマヒするとまずいので、優先順位を付けるとした場合には、少なくとも駅よりは建設が優先されなければなりません。
あ、そう言えば市庁舎も、意味なく駐車場の設計変更を訴え、また元に戻した、というわけのわからないマヌケなことをやったのは記憶に新しいところです。

さて青森駅もともと西口からの利便性も確保する目的もあったはずですが、ハッキリ言ってケチり版の基本設計は、逆に改築前より不便になるという体たらくです。市庁舎建設と同時に行うことを重視しすぎたのか、事業費をケチることにとらわれ過ぎた結果、利便性を完全に低下させています。

もともと新幹線開業により鉄道利用客の集客は新青森に逆転されるかもしれないという状況である中で、無駄に金を掛け、さらにかけた結果が不便というのでは、恥ずかしくて目も当てられません。

アウガはいわば中心市街地はもう終わっているということを教えてくれるシンボルです。古い価値観にとらわれ過ぎた方々は、駅の改築と中心市街地の活性化をワンセットに考えており、結果ジリ貧に、アウガもその例に漏れていません。こうなった以上くれぐれも申し上げておきますが、駅の改築と中心市街地の活性化はあくまで別に考えるべきです。

これから市長になる方は、中心市街地活性化を思い切ってあきらめ、転換するぐらいの度胸がある方になっていただきたいと思いますね。

そして、カネがカネが無い、と言われているわけですから、明らかに投資効果が薄い青森駅舎の改築、慌てて行うよりも市庁舎の改築が済んでから方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月19日 - 2016年6月25日 | トップページ | 2016年7月3日 - 2016年7月9日 »