« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »

2016年4月3日 - 2016年4月9日

2016年4月 3日 (日)

祝❗️北海道新幹線開業~その2

北海道新幹線開業祭りレポートその2、今回は駅の設備面や人についての話です。

まず下り新幹線を新函館北斗で降りて興味深かったのはホームの使い方下りホームの表示板を見ると、全て回送表示となっていました。

今のところ下りホームは降車専用として扱い、上りホームは乗車専用としているようで、下り列車は降車終了後、一旦函館新幹線総合車両所へ回送、その後上り列車として11番線に入線する、という使い方を基本としています。これは在来線から上り列車への乗り換え利便性を考慮したため、と言われています。

ただ、私は以前から思っていましたが、

新函館北斗の配線は2面4線にしてもよかったんでないか?

ということです。さらに理想を言えば東北新幹線那須塩原や上越新幹線越後湯沢のように、副本線から本線を支障することなく車両基地・電留線に入出区する配線ですね。

残念に感じたのは、現時点では土木構造物が将来2面4線化を想定していると感じられなかった点です。確かに青函間は本数を最も少なくしなければならない区間なので、相当に割り切ったと感じさせられます。

一方で、駅舎などの設備面
北のターミナルだけあって、風除室が多用されているのが既開業区間との違いで、旅客のことが考えられて好感が持てました。正直言うと、新青森あたりもこのクラスの防寒設備は取るべきだったと思いましたね。
さて、開業フィーバーでトイレが足りない、在来線への乗り継ぎに問題ありなど批判はあったようでしたが、想定されている乗降客数を考えると、私は駅設備の規模は妥当だと思っています。あれやこれが足りないだとか案内が足りないというのは、開業フィーバーという特殊事情故のもの。JR北海道は基本の部分をおろそかにしないようにだけ気を付けていただければと思います、

さて、いきなりですが私は今回当blogを偶然読んだ方々に申し上げさせていただきたいことがあります。

SuicaとかPASMOなどのICカード、使えると思い込んでんじゃねえええええ

・・・・・・これね、都市圏の方々が普段使っているものを他地方でも使えるに決まってると思い込み過ぎです。列車には券売機や窓口できっぷを買って改札を通って乗る、という基本を忘れすぎ旅行するときは旅行先で交通系電子マネーが使えるかどうかちゃんと確認してください
ちゃんと調べなかったというマヌケな醜態をさらした上に上から目線でクレーム言うのって痛いですよ。

さて、今回の北海道新幹線は一部報道で外国人の集客に注目されているものがありました。実際に外国人の方も開業日に新幹線を利用していましたね。

・・・私、隣席の方から「Can you speak English?」と話しかけられました。

:固まる

隣席の方:切符を手に取りいろいろ言っている。この列車は新函館北斗まで行くのかを聞きたいらしい

:「This train あ~、なんたらかんたら(切符を指さし)this station」などなど頭フル回転で説明

何とか通じたらしく、隣席の方は間違えて途中で降りなかったので一安心。

自分で言うのも何ですが、これまでも人に道を聞かれることがたびたびありました。ついに新幹線車内で外国人からも道を聞かれてしまったか・・・・・

それにしても今回の自分のやりとり、あまりにもカッコ悪すぎで、反省しきりです。外国人の方も意外と街を歩いていたり交通機関を利用したりしている時代、日本人も外国人の方に気軽に旅行していただけるようにしたいものです。

うーん、英会話の練習するとかスマホに翻訳アプリを入れるとかしようかな?

次回は、やたら叩かれまくっている予約率や乗車率について述べましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »