« 番外編~ASKAは終わってない? | トップページ | やること無い年始でダラダラ中 »

2016年12月23日 (金)

北陸新幹線 小浜・京都ルート決定~米原と舞鶴支持者はガタガタ言いっこなしで!

ちょっと乗り遅れてますが、北陸新幹線の話。

12/20、敦賀以南(以西)のルートについて、

・米原ルート
・小浜・京都ルート
・小浜・舞鶴・京都ルート

のうち、小浜・京都ルートが正式に決定京都以南については北回りと南回りで別途検討という形で「ほぼ」決着しました。

「ほぼ」というのは、環境アセスの結果、イヌワシの生態系を守れない~などという自然保護団体のご意見が出るとか欲にまみれたオッサンがたしつこく舞鶴舞鶴とか米原米原と、着工するまで念仏のように唱えてくる可能性が少なからずあるからです。

軽く報道に目を通して物申したいことが2つ。

まずは京都・舞鶴。

何?「活性化の起爆剤が奪われた?」

すいません。もともと舞鶴に新幹線を通すこと自体が地理的に無理があるわけで、「新幹線という起爆剤はもともとなかった」話です。

勘違いしてんじゃねえよ(笑)

言葉が悪くなりました。

さて、現時点では京都以南は東海道新幹線の北を通るか南を通るかで議論が継続されることになっていますが、京都以南に何とかして京都府内に1駅ほしいということでしょうか?東海道新幹線の南回りルートを推す声が根強いようです。

考えてみれば京都府内の新幹線駅、東海道新幹線の京都以外ありません。ただ、小浜から京都あるいは京都から大阪の距離からみて、京都府内に絶対に必要か、と言われれば、NOという意見が多いのではないでしょうか?どうしても京都府内にもう1駅ほしければ、それこそ大阪府境付近に1駅造ってなどとJR東海におねだりすればよかったわけです。

京都-新大阪間では必ずしも追加で駅を設けなければいけないわけではないので、とにかく東海道新幹線と同等以上の高速性がありかつ低コストの方で決着を出してほしいところです。

続いて、米原。

何?「費用対効果が最も高い」?

そらそうだ。だって大阪まで造るわけじゃないんだもん(笑)

前にも申し上げましたが、国交省が公表したB/C試算、他ルートとは違い米原ルートは建設区間が敦賀-米原間のみ、しかも北陸新幹線の建設意義に背くルートです。

北陸新幹線は、あくまで京阪と北陸をつなぐのが建設意義なわけですから、コストの安さに騙されてはいけませんし、関係者も今のところ騙されていませんヨ

まして、JR東海とJR西日本が許してくれません(笑)

さて、長くなりましたが、舞鶴や米原の方々はもうガタガタいうのは止めにしましょう
北陸新幹線のルートは京阪と北陸を結ぶこと、高速性を確保すること一定以上の需要を確保すること建設コストを無駄に増加させないこと運営主体のJRが乗ってくれることなどを総合的に考えると、小浜・京都ルートとなるのはごく自然な話

何とかしたかったら需要を増やす方法やJRを納得させる材料を組み立てて、国やJRにプレゼンすることですね。

|

« 番外編~ASKAは終わってない? | トップページ | やること無い年始でダラダラ中 »

政治」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 新幹線駅のある街に住んでいますが、新幹線で活性化できるとかいうと?と言わざるを得ません。
駅前は飲み屋か授業員がいない個人商店の店でないと維持できないのが実情です。
地域の活性化という定義は難しいでしょうが、雇用を拡大させる労働集約型産業を地域に持ってくる
発想は、グローバル化が進展した現状では難しいでしょう。また大資本が津々浦々まで
 新自由主義のコンバインのように刈り取る制度設計のもとでは、価格面においてローカル企業が
残るのはかなりきついものがあります。シャッター商店街なんてまだかわいいもので維持費や
税金が払えず、駐車場商店街なりつつあるところもあります。
 クルーザ客を相手にという話もありますが、日本も今から40年前にパック旅行で海外に行っていたとき
観光地+お買い物をさせるためにバスに乗ってオプションツアーが組まれていたわけです。その状況は
インバウンド客であっても基本的に変わらないでしょう。
 舞鶴の場合、山陰新幹線の布石にしたいという発想があるでしょうが、北陸新幹線が320km/hを
しない限り米子や松江にとってはメリットがありません。、近畿北部や鳥取県・市は強く希望するでしょうが
山陰線高速化の時の県負担の3億円を踏み倒していますから、新幹線が国が満額払ってくれるわけでは
ないので、何をかいわんやというのが実情でしょう。

 

投稿: ねこあたま | 2016年12月24日 (土) 08時39分

どんな奇天烈なルート案でも、その沿線が熱狂するのは理解できます。

しかし今回、地元メディアも政財界と一緒になって、誰が考えても不自然なルート(舞鶴)や、地図上では一見よさそうだけれども問題が多すぎて現状では使えないルート(米原)を後押ししていました。そして自分のところが不採用になったら、今度は小浜京都ルート採用が「不当である!」と叫んでいるようですね。

私達なら「小浜・京都ルートとなるのはごく自然な話」と分かりますが、メディアがそれを指摘できない。昨今、メディアの劣化が著しいようです。

投稿: たぬき | 2016年12月24日 (土) 09時47分

>ねこあたま 様
コメントありがとうございます。
仰る通り、新幹線で地域活性化はできるとは私は思っていません。

ねこあたま 様はお気づきかどうかは存じませんが、
当blogは「地域活性化」には必要以上に触れないようにしています。
それは下記の考えを常に持っているからです。

かつて私自身がガキんちょの頃、
やっぱり新幹線=地域活性化という考え方でした。
しかし、かつて秋田新幹線開業時の報道特番で
コメンテーターとして出演されていた方が仰っていた、
「新幹線はあくまでも人を運ぶ道具なので、過大な幻想を持つべきではない」
という言葉を聞き、「あ、そういえばそうだった、基本を忘れていた」
と考えを改めています。

新幹線で地域活性化させるのは、あくまで現地に住む住民の皆様です。


>たぬき 様
いつもコメントありがとうございます。
仰る通り、メディアは結構重要な「見落とし」をしていました。
「営業主体のJRがどう考えるか」というものです。
たぬき 様の仰る通りメディアは確かに劣化していると感じますし、
劣化したメディアの傾向として、「大衆のウケを狙っているだけ」の気もします。

一方で、米原押しや舞鶴押しのメディア・政財界は、
未だに「運用するJR西日本(東海)の都合なんぞ知ったこっちゃない」
という論調で巻き返しを図ろうとしているでしょうから、
JR西日本も気を付けていただきたいですね。
自分の「欲」で運用主体に負担を課すというのは、
一種のパワーハラスメントだと思います。

投稿: 青湘遊郎 | 2016年12月25日 (日) 21時25分

昔舞鶴に住んでいたことがあります。それは置いといて

事実上、小浜-京都になったわけですが、次にどういう反応を
京都府や舞鶴市はするかということに関心がありますね。

1)それでも舞鶴ルートにこだわり、主張する。
2)小浜起点の山陰新幹線を主張する。
3)山陰・舞鶴線の高速化・複線化を主張する。

どれでしょうね。

投稿: ねこあたま | 2016年12月25日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/68955410

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線 小浜・京都ルート決定~米原と舞鶴支持者はガタガタ言いっこなしで!:

« 番外編~ASKAは終わってない? | トップページ | やること無い年始でダラダラ中 »