« 北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない | トップページ | やることが全く無さそうな年末年始 »

2016年12月15日 (木)

北陸新幹線とイヌワシは共存できるか?

北陸新幹線の敦賀以南のルート、小浜・京都ルートに決まりそうな勢いですが、その想定ルートにあたる京都丹波高原国定公園にイヌワシ営巣地があり、自然保護団体から懸念の声が上がっているとか何とか。

なんで今このタイミングでこのテの話を出してくる?と思いますが、今回のルートというのは、あくまでも経由地を決めるという側面のもの。

ここから着工までにはさらにいくつかの手続きが必要です。ルート公表もそうですが、環境影響評価もそのうちの1つ。

土木工事が行われるから環境に悪いに決まってる、という偏見が持たれがちですが、施工基面幅が高速道路の3分の1程度(4車線の場合)ですし、全く環境のことを考えずにルートを設定するわけじゃありません。同じ北陸新幹線における、福井県敦賀市の中池見湿地のルート変更はそのもっとも最近かつ身近な例です。

ただ、京都(駅)に乗り入れる場合はなるべく滋賀県との府県境をなぞらないといけなくなるので、さて実際に影響は出るか?イヌワシの生息地、滋賀県にまたがらないだろうな?

舞鶴や米原の息が掛かった、「反対のための反対」の可能性もあるし、逆もまた然りでどうやってもイヌワシの生息域にあたるかもしれませんが、よーく調べて確定ルートを決定してほしいもんです。

|

« 北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない | トップページ | やることが全く無さそうな年末年始 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/68858593

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線とイヌワシは共存できるか?:

« 北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない | トップページ | やることが全く無さそうな年末年始 »