« 番外編~ASKAのオワリ | トップページ | 北陸新幹線とイヌワシは共存できるか? »

2016年12月 1日 (木)

北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない

現在の北陸新幹線の敦賀以南のルートは、米原ルート、小浜・京都ルート、小浜・舞鶴・京都ルートの3案が検討されていますが、ここにきて京都府は独自試算を出し、B/Cが最も優れている、と言ってきました。はっきり言います。

ふざけんなannoyannoyannoy

整備新幹線とはかなり厳しい試算をして着工にこぎつけた末開業後はしっかり需要予測以上の乗客数を運んでいる、実は優良な公共事業となっている、というあり方をたどっており、この京都独自試算はそれとはなじまないものです。

これをみて私はかつて青森県内の民間が独自試算で県内の新幹線利用者数を2万人以上/日と試算したが、八戸-新青森間着工前の国試算で7500人~8000人/日となり、開業後はそれに近い輸送実績であったことを思い出しました。

もうお分かりでしょう。

地元はモリモリ試算をやる傾向があり、信頼に足るものではないです。

つまり、あてにできるものではないので、京都府は大人しく国基準の試算で検討してもらい、天命を待つべきでしょう。

|

« 番外編~ASKAのオワリ | トップページ | 北陸新幹線とイヌワシは共存できるか? »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

九州新幹線の全線開業の際も似たようなもんでした。沿線自治体の試算とJR九州の試算に開きがあって、実際は少なく見積もったJRの予測がほぼ当たっていた、なんてことを思いだしました。あれで自治体は数字を盛る、盛れなきゃかき集めるものだということを学びました。
でも沿線だったら民間でも盛っちゃう、っていうのは今学びました。

投稿: 日置りん | 2016年12月 2日 (金) 07時52分

うちも飛行場の建設の時が全く同じでした。

国内外に便ができて便利になると抜かして無理やり作りましたが、
予想どおり低迷をして、国外からの一泊補助という形で
数字の上では利用者が増えるようにしていました。
それも最近は怪しくなってきました。

県の人は利用者を東西の県境から50kmも離れた県外者が
利用するとしていましたが、そんな事もあるわけがないので
JRに空港に近接する新幹線駅を望んでいましたが
一蹴されていました。

投稿: ねこあたま | 2016年12月 2日 (金) 16時18分

>日置りん 様、ねこあたま 様
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

ねこあたま 様のコメント内容、パッとイメージしたのはN県とS県ですが、どうでしょう?
(全然違っていたらゴメンナサイ)

とにかく誘致できればいいので事実や予測を捻じ曲げる、
ということが通っているのが恐ろしいところ。

税金の無駄遣いは慎むべきであり、
交通インフラ建設の需要予測はしっかり厳しめにやっていただきたいものですね。
そういうことで、強引さしか感じない京都案は、やはり怪しんでしまいます。

投稿: 青湘遊郎 | 2016年12月 5日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/68667043

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない:

« 番外編~ASKAのオワリ | トップページ | 北陸新幹線とイヌワシは共存できるか? »