« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月23日 (金)

北陸新幹線 小浜・京都ルート決定~米原と舞鶴支持者はガタガタ言いっこなしで!

ちょっと乗り遅れてますが、北陸新幹線の話。

12/20、敦賀以南(以西)のルートについて、

・米原ルート
・小浜・京都ルート
・小浜・舞鶴・京都ルート

のうち、小浜・京都ルートが正式に決定京都以南については北回りと南回りで別途検討という形で「ほぼ」決着しました。

「ほぼ」というのは、環境アセスの結果、イヌワシの生態系を守れない~などという自然保護団体のご意見が出るとか欲にまみれたオッサンがたしつこく舞鶴舞鶴とか米原米原と、着工するまで念仏のように唱えてくる可能性が少なからずあるからです。

軽く報道に目を通して物申したいことが2つ。

まずは京都・舞鶴。

何?「活性化の起爆剤が奪われた?」

すいません。もともと舞鶴に新幹線を通すこと自体が地理的に無理があるわけで、「新幹線という起爆剤はもともとなかった」話です。

勘違いしてんじゃねえよ(笑)

言葉が悪くなりました。

さて、現時点では京都以南は東海道新幹線の北を通るか南を通るかで議論が継続されることになっていますが、京都以南に何とかして京都府内に1駅ほしいということでしょうか?東海道新幹線の南回りルートを推す声が根強いようです。

考えてみれば京都府内の新幹線駅、東海道新幹線の京都以外ありません。ただ、小浜から京都あるいは京都から大阪の距離からみて、京都府内に絶対に必要か、と言われれば、NOという意見が多いのではないでしょうか?どうしても京都府内にもう1駅ほしければ、それこそ大阪府境付近に1駅造ってなどとJR東海におねだりすればよかったわけです。

京都-新大阪間では必ずしも追加で駅を設けなければいけないわけではないので、とにかく東海道新幹線と同等以上の高速性がありかつ低コストの方で決着を出してほしいところです。

続いて、米原。

何?「費用対効果が最も高い」?

そらそうだ。だって大阪まで造るわけじゃないんだもん(笑)

前にも申し上げましたが、国交省が公表したB/C試算、他ルートとは違い米原ルートは建設区間が敦賀-米原間のみ、しかも北陸新幹線の建設意義に背くルートです。

北陸新幹線は、あくまで京阪と北陸をつなぐのが建設意義なわけですから、コストの安さに騙されてはいけませんし、関係者も今のところ騙されていませんヨ

まして、JR東海とJR西日本が許してくれません(笑)

さて、長くなりましたが、舞鶴や米原の方々はもうガタガタいうのは止めにしましょう
北陸新幹線のルートは京阪と北陸を結ぶこと、高速性を確保すること一定以上の需要を確保すること建設コストを無駄に増加させないこと運営主体のJRが乗ってくれることなどを総合的に考えると、小浜・京都ルートとなるのはごく自然な話

何とかしたかったら需要を増やす方法やJRを納得させる材料を組み立てて、国やJRにプレゼンすることですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

番外編~ASKAは終わってない?

あれ?

というのが第一印象です。

ASKA氏が覚醒剤使用の疑いで逮捕されたものの、容疑不十分で不起訴、釈放となる見通しとか。

色々疑問があります。

・再逮捕の騒ぎは一体何だったのか?
・容疑不十分という情報は本当なのか?
・尿の代わりに茶を出したとは、ふざけているのか?

正直言ってどんな情報が出ても事実とは思えなくなってくるし、逆もまた然り、ASKA氏も薬物の影響で何をやらかすかわかりません

これからまたいろいろな騒動が出てくるかもしれません。つまり、このまま何もなく執行猶予期間を過ごすのもありうるし、あるいはまったく逆に薬物に再び手を染めてしまうこともあり得るということです。
私たちとしては、仮にまた逮捕されたとしても、一旦は落ち着いて成り行きをみて、逮捕容疑が真実か否かを見極める必要がありそうです。

とりあえず文句を言いたいのは報道機関に対して。

事実の裏付けをちゃんととって報道しなさいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やることが全く無さそうな年末年始

早いものでもうすぐ年末です。

年末年始は帰省はするんですが、あらかじめお伝えします。

やること、何にもありません(笑)

ただ単純に行って帰ってくるだけです。

北海道新幹線は3月に開業してしまいましたから、青森県内の新幹線工事の写真を撮るネタがほとんど無くなってしまいましたし、今回の帰省は12/31が土曜日で仕事始めは当然1/4から、1/3には戻ってこなければならないので3泊4日のみ。

1/1は初詣は確実に行くので、自由な時間がはっきり言ってほとんど無い。

まあしょうがないです。

ただ、来年は山陽新幹線がATC-NSの運用を始めるそうですから、これをどうしようか考え中です。一旦鹿児島あたりまで飛行機で行って、山陽・九州新幹線を通しで乗ってみようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

北陸新幹線とイヌワシは共存できるか?

北陸新幹線の敦賀以南のルート、小浜・京都ルートに決まりそうな勢いですが、その想定ルートにあたる京都丹波高原国定公園にイヌワシ営巣地があり、自然保護団体から懸念の声が上がっているとか何とか。

なんで今このタイミングでこのテの話を出してくる?と思いますが、今回のルートというのは、あくまでも経由地を決めるという側面のもの。

ここから着工までにはさらにいくつかの手続きが必要です。ルート公表もそうですが、環境影響評価もそのうちの1つ。

土木工事が行われるから環境に悪いに決まってる、という偏見が持たれがちですが、施工基面幅が高速道路の3分の1程度(4車線の場合)ですし、全く環境のことを考えずにルートを設定するわけじゃありません。同じ北陸新幹線における、福井県敦賀市の中池見湿地のルート変更はそのもっとも最近かつ身近な例です。

ただ、京都(駅)に乗り入れる場合はなるべく滋賀県との府県境をなぞらないといけなくなるので、さて実際に影響は出るか?イヌワシの生息地、滋賀県にまたがらないだろうな?

舞鶴や米原の息が掛かった、「反対のための反対」の可能性もあるし、逆もまた然りでどうやってもイヌワシの生息域にあたるかもしれませんが、よーく調べて確定ルートを決定してほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

北陸新幹線敦賀以南~地元の試算ほど、あてにならないものはない

現在の北陸新幹線の敦賀以南のルートは、米原ルート、小浜・京都ルート、小浜・舞鶴・京都ルートの3案が検討されていますが、ここにきて京都府は独自試算を出し、B/Cが最も優れている、と言ってきました。はっきり言います。

ふざけんな

整備新幹線とはかなり厳しい試算をして着工にこぎつけた末開業後はしっかり需要予測以上の乗客数を運んでいる、実は優良な公共事業となっている、というあり方をたどっており、この京都独自試算はそれとはなじまないものです。

これをみて私はかつて青森県内の民間が独自試算で県内の新幹線利用者数を2万人以上/日と試算したが、八戸-新青森間着工前の国試算で7500人~8000人/日となり、開業後はそれに近い輸送実績であったことを思い出しました。

もうお分かりでしょう。

地元はモリモリ試算をやる傾向があり、信頼に足るものではないです。

つまり、あてにできるものではないので、京都府は大人しく国基準の試算で検討してもらい、天命を待つべきでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »