« オーディオインターフェイスのドタバタ劇 | トップページ | いちおう乗客増をキープ~北海道新幹線 »

2016年8月 1日 (月)

(番外編)~青湘遊郎的、東京都知事選総括

東京都知事選、終わりましたね。

結果は皆さんご存知の通り、投票終了直後の8時過ぎの時点で、小池 百合子 氏の当選確実、開票の結果、ブッチギリでした。増田 寛也 氏は、やはり自民党支持者層の票が小池氏に半分以上取られたしまったのが痛い、鳥越 俊太郎 氏はダブルスコアの大惨敗です。

今回は、個人的見解丸出しで総括してみたいと思います。異論反論はコメント欄にてどうぞ。

結局私は増田氏の街頭演説を見ることができませんでしたが、敗因としては自民党都連幹部が小池氏の推薦願を断り(事務手続き上の行き違いとしてますが)、意地を張って無理矢理に増田氏を押し上げたことです。まあ小池氏の行動も、組織にとってみれば危険な行動ではありましたが。さて、増田氏に話を戻して、もともと知名度が弱点とされていましたが、それと共に人を惹きつける「華」が無いのが致命的。また、知っている人は知っていますが、増田氏はかつて岩手県知事であったときに大型公共事業の推進によって債務を膨らませた、と批判的に見ている人もかなり多い。もともと増田氏は自民党都連と東京都議会との関係性を崩さないための傀儡的な役割が自民党都連から期待されていたようです。それが証拠に石原 伸晃 氏が「自分たちが出したい知事」という発言をしています。自民党都連幹部の心理>都民の心理とブチまけてしまっていたわけです。こういう「政治家自身の都合」を嫌がっている都民が多いとひとたまりもないです。増田氏は、自民党東京都連に利用されて落とされたという、不幸な落選の仕方だと思います。

今後の与党、とりわけ自民党について述べておきますが、私個人の好みで言うと、内田 茂 氏と石原 伸晃 氏の退任です。実は参院選でも民進の蓮舫氏にトップ当選を許し、さらにこの失態、責任を取らないとなるとさすがに神経を疑います

鳥越氏、いや、これからは「鳥越」と表記しましょう。こいつは論外です
何が4つのよしよ?また最後の最後に女性によしを追加?女性スキャンダルが選挙期間中に発生したのによくそんなことが言えるな、と思います。そもそも、出馬会見の際に「知らない」を連発していたほか、介護離職や成長戦略、保育所の機能など都民の生活に関わっている内容を全く知らず、ジャーナリストとは名ばかりで唯のモノを解ってないのに口を出す爺さんに成り下がっていたにも関わらず、都政は3日あればわかるとふざけたことをぬかしている始末。さらに都民の生活よりも国政をテーマに組み込み過ぎ、都民が置いけぼりを食ってしまったというところでしょう。さらに公開討論会には全く出なかった、ということで、お前有権者をバカにしてんだろ?と感じさせました。
むしろこいつは当選してはいけなかったわけで、まずは一安心です。

さて、当選した小池氏に関してですが、問題点が無い訳でもないです。

当選後のテレビの質問で切手購入代5000枚について聞かれたとき、5000万と聞き間違えたということもありましたが、明らかに顔色が変わってました。小池氏は「公私混同が問題」としていましたが、意外に叩けば埃がドンドン出てくるかも。まあやましいことが無ければ堂々としてほしいもんですが。

あと、小池氏の今後について、私は自民党から離党するか、あるいは前述の内田・石田両氏の退任のいずれかになってほしいと思います。私はこれまで小池氏は当落関係無く自民党にいられなくなる、と考えていましたが、自民党支持層の半分以上が小池氏が取った関係で、都議会議員については都連が出した「一族郎党成敗の御触れ」はおいそれと実行できないでしょう。実際にやってしまったら、東京から与党の議員が消滅してしまいかねません。

あ、小池氏が出馬直後に行っていた「冒頭解散」についてですが、当選後の小池氏はマスコミからの質問を上手い具合に躱したという印象を持っています。「冒頭解散」は恐らく東京都議会議員の中で与党(自民・公明)が7割を占めるため、自民党推薦を得ないで当選した小池氏自身にとって大きな敵であり、都議会から不信任決議案が出されることを予測していたり、あるいは組織力で自分の掲げた政策が潰されるということを予測してのものでしょう。実際は議員の皆様の反応を見なければ何とも言えないので、当選直後にコメントする内容としては、テレビなどで言っていた内容が限界でしょうね。ただ、個人対組織をしっかり意識して先読みができていると思われ、周到さがうかがえます

最後に、鉄道のblogらしく、この話で締めましょう。満員電車ゼロについてです。

前回の都知事選ネタの記事に頂いたコメントのお返事にも書きましたが、私は満員電車ゼロは東京一極集中が解消されない限り、絶対に実現不可能だと思っており、小池都政の任期中はせめてそこに向けた議論がどこまでできるか、が評価ポイントだと思っています。

あ、そうそう、小池氏は2階建て電車の案を有力視していましたが、実はそれだけではなくてJR東日本215系電車の失敗についてもしっかり知ってましたね。こういう細かい問題点にも実は目が向いている点は、私は大いに好感を持っています。

総2階建て列車の問題点は車両の構造はさることながら、ホームの構造と事故対策をどうするがに大問題があり、それをやるくらいならオーソドックスに複々線化の強力推進が現実的だと思いますね。

さて、8/2に当選証書が交付され、小池百合子知事が本格的に動き出します。都民の皆様、厳しい目で新都知事を見守っていきましょう。

|

« オーディオインターフェイスのドタバタ劇 | トップページ | いちおう乗客増をキープ~北海道新幹線 »

ニュース」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

あまりにも遅い反応で恐縮ですが・・・・
鳥越さんは、最初から私の眼中にありませんでした。資質はともかく、高齢に過ぎ、途中で知事の任に耐えられなくなるのでは困るなあ、と思ったのが最大の理由ですが、記事を拝読して、やはり私にとって「選外」にしておいて正解だったな、と感じました。やはり候補者の生の声を聞くことは大切ですね。投票の参考にさせていただきました。ありがとうございました。

実は小池さんにも投票しなかったのですが、1ヶ月経ってみて分かったことがあります。彼女はバカではない。反対者の封じ方を良く知っているようです。すごい策士がついているのかもしれません。今後を見守りたいと思います。

投稿: たぬき | 2016年9月10日 (土) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/66785667

この記事へのトラックバック一覧です: (番外編)~青湘遊郎的、東京都知事選総括:

« オーディオインターフェイスのドタバタ劇 | トップページ | いちおう乗客増をキープ~北海道新幹線 »