« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

北陸新幹線、米原は通らなさそう。

当blogでいまさらこの話をテーマにするわけですが、北陸新幹線敦賀以南のルート問題、JR西日本は小浜・京都ルートとしたい旨を表明しつつ、米原ルートは却下しましたね。しかもこれは正式に、です。

以前私はこんな記事を書いたことがありました。
http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/jr-4795.html

京都-新大阪間をどうするかが気になっていましたが、JR西日本は別線案と考えているようですね。

私は基本的には小浜(若狭)ルート支持でしたが、その理由はJR東海が東海道新幹線区間への車両の乗り入れに対して融通が利かないこと、北陸新幹線はもともと東名阪の輸送の多重化に建設の意義があり大阪につながらないと効果半減であること、そして東海道新幹線に乗り入れるとJR西日本があまりもうからないと考えられること、がありました。

少々JR西日本の儲けの部分について、営業距離をベースに比較してみましょう。
計算の条件としては、
・金沢-敦賀間は125.1kmでだいたい確定
・敦賀以南については、西側への遠回りをできるだけ避けて京都駅へ乗り入れるルートを仮定して
 だいたい95km
(実際は5kmくらいは増える可能性があるでしょうが)、
・京都‐新大阪間は東海道新幹線の実キロをとりあえず仮定
 (細かいところでルート変更したり、地下化したりがあるでしょうからこちらも数キロのズレがでるかも)
これでしてみたところ、金沢以南が米原ルートが160kmくらいにとどまるのに対し、大体260kmくらいとなりました。
ちなみに、この記事を書きながら、ふとJR西日本が支持するルートが最終的に新大阪まで伸びると、JR西日本が営業する新幹線の実キロ合計がどうなるか気になってきましたので、計算してみたところ、山陽新幹線の553.7kmや北陸新幹線の既開業区間等と合計すると、1000km弱となります。さらにちなみにJR東日本は東北の674.9km、上越の269.5km、北陸・高崎-上越妙高間176.9kmを合計して1121.3kmとなるので、新幹線の営業距離の規模としてはJR西日本とJR東日本がほとんど等しくなります

JR西日本にとっては、東海道新幹線乗り入れは面倒くさいし、それに労力を使うぐらいならやり方次第で山陽新幹線にも乗り入れられる可能性もあるわけで、かつ米原ルートより100km営業距離が延びる分儲かるので、総合すると京都経由大阪乗り入れのメリットは高い、という判断が働いてきたのではないかと思われます。

こりゃ米原ルート支持者の皆様、一気に分が悪くなってしまいましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

いったいどうやって高速化させるんでしょうね~新在共用区間

1週間前の1/18、青函共用走行区間技術検討WG(第6回)が行われましたが、みなさんこの概要をご覧になりましたか?

http://www.mlit.go.jp/common/001116788.pdf

http://www.mlit.go.jp/common/001116785.pdf

時間帯区分、すれ違い時減速システム、TOTの3つのテーマで述べられていましたが、いかにも縦割り的というか日本的というか、めんどくさそうな課題が多いと思わされます。
しかし、安全面からこのめんどくさい課題のオールクリアをぜひ目指していただきたいですね。

それにしても何度も言いますが、なんでこの話をいまさらやってるんでしょうかね?
着工の時から始めてれば、解決が間に合ってたんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

番外編~次期相棒選びはまだまだ続く

1/11まで3連休だった方も多かったと思います。皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はクルマの試乗をしまくってきていました。3日間で5台かな?

・スズキ アルトワークス
・トヨタ プリウス
・BMW 118i
・ルノー ルーテシアZEN0.9ℓ5MT
・ルノー ルーテシアINTENSE(1.2)

アルトワークスは速い速い。車重が2WDの5MTモデルで670kgと驚異的な軽さで、トルクウエイトレシオは現在の相棒とほぼ同等、低中速域ではむしろ相棒よりもトルクの厚みがある、ということで、クルマ造りにはエンジンパワーだけでなくて、トルクを低中速域で厚さを持たせることと軽さが大事であることを実感させられます。ただ、いかんせん車のデザインが好きじゃないんだなあ。マイナーチェンジまで様子を見ようか?

プリウスは、2代前のモデルに試乗したことはありましたが本当に久しぶりに乗ってみると、回生ブレーキの不自然さがほとんど無くなっていました。ただ、残念なのは試乗コースの条件があまりにも良すぎて、ボディ剛性の高さや足回りの改良が実感できなかったこと。試乗やタクシーで感じたことがある「脚の華奢感」からの改善をもっと感じたかったんですがね。ディーラーを変えてもう一回乗ってみるか?

BMW118iは、昨年のマイナーチェンジで3気筒ターボエンジンが乗るようになったのがトピックですが、想像以上にスムーズでした。ディーラーさんのご厚意で某有料道路も走らせていただきましたが、結構気に入りました。時期1シリーズはFF化されてしまうのがほぼ確定のようなので、小型FRファンは注目したいところ。私自身も一度はFR車を持ってみたいという願望があるわけです。昨年の東京モーターショーでトヨタがコンセプトカーを出していましたが、私はクルマを買い物にも使うので、2シーターはさすがに厳しすぎます。トヨタ86/スバルBRZという手が無い訳でもないですが、パワートレーンが少々前時代的と思っており、どうせFRという理想を追求するならBMWも検討したいね、というわけです。

ルーテシアは0.9のZENでも日常では不足はなさそうですが、1.2に乗るとやはり違いますね。0.9は少々ターボラグ的な感覚を感じたので、使いやすさで言えば1.2の方がいいです。MTが5速に対しツインクラッチは6速で、かつ制御の芸の細かさに好感が持てます。乗り心地も少し締まり気味なのが好みなので、1.2モデルは外国車のFF者の中では結構いいと思います。VWゴルフもよかったと記憶していますが、乗り心地の感覚を忘れかけているので、近いうちにまた試乗しようか?

あ、VWと言えばディーゼルのスキャンダルが世間を騒がせていますが、日本はガソリン車しか入ってきていないので、私はあまり気にしていません。日本の販売台数が極端に落ち込んでいますが、まあこれはヒステリックな日本人の気質です。

話は戻って、うーん、条件次第で選ぶクルマが何となく見えてきたぞ。

とにかく安く済ませる場合→アルトワークス
とにかく理想を追求する場合→BMW118i
上手い具合にバランスを取る場合(外国車部門)→ルノールーテシア1.2リッターモデルかVWゴルフTSIハイライン
上手い具合にバランスを取る場合(日本車部門)→ホンダ フィット、マツダ デミオ

後日プジョーの208やシトロエンの試乗を計画していますが、また選ぶクルマが変わるかもね。

ただし、まだ相棒には乗り続けるつもりでいるわけです。3月末~4月に車検を控えていますが、これは通しちゃうつもりです。BMW1シリーズの現行モデルが生産終了するタイミングを見ながら、次の2年でじっくりクルマを買い替えるかどうかを決めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

番外編~ASKAさん、自滅してどうするよ?

本筋の新幹線ネタで記事を書いていたところ、覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けたASKA(本名:宮崎 重明)が長文ブログを公開し、すぐに関係者によって削除されたというニュースが流れたようです。

私がこの事実を知ったのはブログが削除された後でしたが、内容に目を通すことができたので、一言物申したいと思います。

アンタの起こした行動は、ただの自滅です。

本気で音楽活動再開を考えるのであれば、まずブログで挙げた内容を関係者に伝えるべし、そして、アンタがやったことは経緯の内容が正しいとしても犯罪であることに変わりは無い、また、本文には出てはいけない名前まで出ている・・・・・・・・。

色々ありますが、ごくごく客観的に見ると、アンタの言うことが本当のことだとしても、ブログに挙げることそのものが個人の感情の暴走なんだよ。

個人の暴走で音楽活動再開できると思ってるの?味方が何人いるかわかりませんが、こういう暴走がある以上関係者もその暴走を想定して慎重に慎重を期してことを運ばざるを得ないよ。場合によっちゃあマジで音楽活動再開させられないという判断されるよ。なぜか?アブなくって信頼できないから。

たった一人だけで音楽活動を再開するつもりならばこの行動でもいいかもしれないですが、私は思います。

ますます復帰はできなさそうだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

あけおめことよろでございます

皆さん、明けましておめでとうございます。
青湘遊郎でございます。

さっそくのご報告ですが、今日は津軽海峡線が北海道新幹線の地上設備最終切替の事前確認で終日運休なわけですが、昼間に走行試験を行っているかどうか注目して張り込みをしたところ、

しっかりと試験してました❗️

所用があったため張り込み時間は1時間弱しか確保できず、撮影した動画もマイクの電源入れ忘れという大チョンボをやらかしてしまいましたが、下り1本昼間に青森市内の北海道新幹線を走るH5系をこの目で見ることができました。非常に時間的条件が厳しく、対応しきれなかったのが悔やまれますね。

まあ何はともあれ、本年は北海道新幹線開業年です。
当blogも岐路にたってますが、まずは本年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »