« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »

2015年12月13日 - 2015年12月19日

2015年12月19日 (土)

北海道新幹線ダイヤ発表~まあまあこんなもんでしょう。

ホントは昨日(12/18)のうちに記事をアップしたかったんですが、1日遅れ、お詫びします。

北海道新幹線ダイヤ、ついに発表されました。今回はこれを少々解説してみましょう。

新幹線本体のダイヤについては、

・新青森停車時間は2分
・最速列車ははやぶさ5号、11号、34号
・その他も現行ダイヤのそのまんま北伸

ということで、「やはり」という内容です。

何本か新青森発着モノがありますが、盛岡以北各駅停車の列車に少々偏らせている印象がありますね。新青森発着の新幹線の半分以上を北伸するんですから、まあこんなもんでしょう。

私自身も注目していた宇都宮停車ですが、今回は見送り。もともとそういう噂は流れていたのでとくにガッカリはしていません。航空機から利用客を引っ張り込みたいのであれば、その分仙台あたりでの緩急接続はしっかり取るべきでしょうね。

つづいてはこだてライナーとの接続についてですが、接続時分の確保は予想以上でした。12~13分ならまだわかるんですが、20分以上のケースもあり、これは接続時分取りすぎでしょう。無理が無いことが前提ではありますが、概ね10分程度としてほしいところです。

奥羽線方面では、新青森での乗り換えは変わらない条件として、新青森‐青森の走行時分、青森の長時間停車のロスが完全になくなることに加え、新青森‐新中小国信号所間、木古内‐新函館北斗間の高速化などが効き、さすがに結構な時間短縮になっています。

青森・弘前当たりにお住いの方が函館に日帰りで往復する場合、新青森6:38発のはやて91号を使うと8:00ごろには函館に到着でき、函館21:00くらいまで大体13時間滞在できることとなります

ちなみに、現行ダイヤは8:03新青森発8:25青森発のスーパー白鳥93号10:26函館着と、函館19:32発スーパー白鳥98号で約9時間というところです。

ただ、意地悪な指摘をすると、青森-函館間ということであれば、新幹線が開業してもしなくても、所要時間はあまり変わりません。青森-新青森間と新函館北斗‐函館間の乗車+乗り換え時分があるためで、これは地理的にしょうがないですね。

さて、いよいよ開業まで100日を切っています。自分自身も開業祭りに参加をしたいと企み柱ですが、その前に1月1日、日中新幹線の試運転、やってくれるかしら?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年12月6日 - 2015年12月12日 | トップページ | 2015年12月20日 - 2015年12月26日 »