« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »

2015年4月5日 - 2015年4月11日

2015年4月 5日 (日)

竜飛・吉岡両定点と木古内・奥津軽いまべつの両駅は無駄ではない~その2

さて、前回記事の続きです。

車両はすでに函館に戻され、原因調査中というところです。

今のところ過電流が原因と推測されていますが、それはなぜなのか?制御装置の不具合と言われていますが、さらにそれはなぜなのか、しっかりと原因を確認していただきましょう。

何にしろ、体調不良者が出ただけで怪我人・死者が出なかったのはまあ一安心。

さて、本論ですが、結果的には北海道新幹線に設置される災害対策拠点の存在意義が示された形にはなったと言えましょう。今回はこれについて述べてみます。

以前青函共用区間の走行について述べた際に触れましたが、北海道新幹線新青森‐新函館北斗間にはいくつかの災害対策拠点(下記リンク記事では「保守拠点」と表記)があります

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-d815.html

・新青森駅(新青森起点:0.0km)
・奥津軽いまべつ駅(同:38.5km)
・竜飛定点
・吉岡定点
・知内湯の里信号所(同:101.6km)
・木古内(同:113.3km)
・新函館北斗駅(同:148.4km)

何故か資料を調べて誤差が出たので次のように述べてしまいますが、奥津軽いまべつ-竜飛定点間は19.5km、竜飛定点-吉岡定点間は23.0km、吉岡定点-知内湯ノ里信号所間は20.5kmの距離です。奥津軽いまべつ-知内湯の里信号所は20kmや両定点間の23kmと、まあまあ等間隔に拠点が設けられていることになります。

今回はこのうち。竜飛定点が活用され、乗客乗員は無事避難できたわけです。まあ、JR北海道がドヤ顔で避難誘導に問題は出なかったとしたのにはツッコミを入れたい気分ですが。

今回はJR北海道の車両ということでまたJR北海道は叩かれることは必至ですが、同様のトラブルはJR東日本の車両でも起こりうることです。そのトラブルに対応できる拠点はある程度の間隔で必要ですが、それが駅であったり信号所であったりするわけです。正直、奥津軽いまべつは乗客数だけで言えば「不要」なんですが、こと災害対策ということを考慮して、必要性を認めたいところ。これは木古内や他の定点・信号所設備も同様です。

単純に人がいないからって駅の存在をむやみやたらに叩くのは是非止めにしてほしいもんです。

さて、故障の原因が整備ミスなら、私もJR北海道に再びもの申したいと思います。続報を待つことにしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »