« いつの間にか5周年~東北新幹線新青森開業~ | トップページ | 青森・北海道をどう走る?~TRAIN SUITE四季島 »

2015年12月19日 (土)

北海道新幹線ダイヤ発表~まあまあこんなもんでしょう。

ホントは昨日(12/18)のうちに記事をアップしたかったんですが、1日遅れ、お詫びします。

北海道新幹線ダイヤ、ついに発表されました。今回はこれを少々解説してみましょう。

新幹線本体のダイヤについては、

・新青森停車時間は2分
・最速列車ははやぶさ5号、11号、34号
・その他も現行ダイヤのそのまんま北伸

ということで、「やはり」という内容です。

何本か新青森発着モノがありますが、盛岡以北各駅停車の列車に少々偏らせている印象がありますね。新青森発着の新幹線の半分以上を北伸するんですから、まあこんなもんでしょう。

私自身も注目していた宇都宮停車ですが、今回は見送り。もともとそういう噂は流れていたのでとくにガッカリはしていません。航空機から利用客を引っ張り込みたいのであれば、その分仙台あたりでの緩急接続はしっかり取るべきでしょうね。

つづいてはこだてライナーとの接続についてですが、接続時分の確保は予想以上でした。12~13分ならまだわかるんですが、20分以上のケースもあり、これは接続時分取りすぎでしょう。無理が無いことが前提ではありますが、概ね10分程度としてほしいところです。

奥羽線方面では、新青森での乗り換えは変わらない条件として、新青森‐青森の走行時分、青森の長時間停車のロスが完全になくなることに加え、新青森‐新中小国信号所間、木古内‐新函館北斗間の高速化などが効き、さすがに結構な時間短縮になっています。

青森・弘前当たりにお住いの方が函館に日帰りで往復する場合、新青森6:38発のはやて91号を使うと8:00ごろには函館に到着でき、函館21:00くらいまで大体13時間滞在できることとなります

ちなみに、現行ダイヤは8:03新青森発8:25青森発のスーパー白鳥93号10:26函館着と、函館19:32発スーパー白鳥98号で約9時間というところです。

ただ、意地悪な指摘をすると、青森-函館間ということであれば、新幹線が開業してもしなくても、所要時間はあまり変わりません。青森-新青森間と新函館北斗‐函館間の乗車+乗り換え時分があるためで、これは地理的にしょうがないですね。

さて、いよいよ開業まで100日を切っています。自分自身も開業祭りに参加をしたいと企み柱ですが、その前に1月1日、日中新幹線の試運転、やってくれるかしら?

|

« いつの間にか5周年~東北新幹線新青森開業~ | トップページ | 青森・北海道をどう走る?~TRAIN SUITE四季島 »

ダイヤ」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

つい最近の道内テレビ局のニュースで、貨物列車の共用区間での訓練運転の様子を報道公開したネタを扱っていましたが、例によって深夜帯の映像でしたが青函トンネル
入口付近でH5系とコンテナ満載の5両編成ダミー貨物が交差するシーンが上手く映っていました。
正直、古くから鉄道を趣味としている者にとっては感動ものです。フル規格新幹線車両と一般貨物列車が複線上ですれ違うなんてのは国内鉄道史上初のシーンですからね。
なので願わくば周りが明るい状況でこういったシーンが見たいので、正月の試験運転の際に是非、撮影お願い致します。

投稿: ロイス | 2015年12月20日 (日) 21時57分

青湘遊郎 様

ご無沙汰しております。
さて、新函館北斗での幹在乗換えの件ですが、やはり心配していたとおりになりました。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0215781.html

さすがに、11番線だけで回すということはないだろう、とは考えておりましたが、まさか、到着列車のほとんどが12番線到着だったとは………。
こうなってくると、10分の乗換時間では意外とタイトなものになります。
乗換時間は、幹→在よりも在→幹のほうを余裕を見るだろうとは思っていましたが、ここまで極端にするとは驚きです。

まあ、この件は、新幹線が延伸した際に必ず起きてくる問題ではございましたがね。
お土産等で荷物が多くなる上り方面は、今後も確実にノンステップ(?)で乗換えられるので、良しとしましょうか。

取り急ぎ、記事の紹介まで。

投稿: 仙ミノ | 2015年12月23日 (水) 12時35分

>ロイス 様
遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
元日、あくまでも設備検査なので、訓練運転をやるかどうかは、正直わかっていません。
やってくれたらうれしいんですがね。
一応時間を作って張り込みはしてみます。

>仙ミノ 様
遅くなりましたが、コメントと記事のご紹介、ありがとうございます。
新函館北斗の構造、私は概要を見てから不思議でしょうがありませんでした。
まず、新幹線部2面4線とするように造っていないこと。
ダイヤ調整を考慮するのであれば、新幹線部を2面4線にしてもいいじゃないかと思います。
まあ今回の件は、遅延の可能性の高さと回復性を重視している、というのがわかるので、
納得せざるを得ないでしょうね。

投稿: 青湘遊郎 | 2015年12月26日 (土) 11時33分

明けましておめでとう御座います。
今年も貴方のご意見(ご能書)楽しみにしております。
昨年の暮れにもJR北海道は函館本線内で二件も重大インシデントをしでかしましたね。このような状態であるならば3月26日以降の北海道新幹線も数々の想定外のインシデントに見舞われるのは必至であるのは予想出来ますね。幾ら一年以上も試運転や模擬訓練を重ねても実際の営業運転開始以後も数々の重大インシデントに遭遇されるでしょう。特に貨物列車と共用する(約82km)区間が特に危険かと思われます。世界中の鉄道路線を見渡しても上記の区間は類例がないので、幾ら卓上(図上)で想定訓練されても必ずと言って云い程、想定外の事象に見舞われるのは常であります。
私は昨年の大晦日に北陸本線と福知山線の在来線の特急に乗車して来ました、北陸新幹線開業後の金沢駅始発の在来線特急は非常に解り易く便利になりました、その北陸新幹線開業後の二次的影響により山陰本線や福知山線の特急列車郡も非常に解り易く便利になりました。それらに吊られて金沢始発や福知山始発の高速バスは(夜行や昼行も含めて)もっと便利になって使い易くなりました、
果たして北海道新幹線新函館北斗駅開業後の二次的影響は好影響や悪影響に関わり無くどの位まで影響を及ぼすのかじっくりと観察して行きたいと思っております。

投稿: 近藤 克典 | 2016年1月 3日 (日) 11時39分

お久し振りです、
私も東北・北海道新幹線に乗車して来ました。
往路=4月9日08時20分東京駅発はやぶさ5号4号車7番A席
復路=4月9日13時35分新函館北斗発はやぶさ24号3号車7番E席
とてもいい旅でした。
木古内駅付近から大平高架橋付近までの時速140km減速区間もそんなに遅いとは感じませんでした。下り線では津軽線の後潟駅付近をEH800牽引の貨物列車が走行しているのが見えました。上り線では木古内駅から青函隧道の吉岡定点までの区間で3本のEH800牽引の貨物列車とすれ違いました。初めて実物のEH800を見ました。
私も全国各地の新幹線駅を観ましたが、新函館北斗駅がコンパクトでこじんまりとして非常に解り易い駅だと感じました。
次回は4月23日に青森県に行きます。東京から青森までは夜行高速バスで往復し、午前中は新青森駅から新函館北斗駅までを往復するかも知れません。午後からは弘南バスに乗車して津軽五所川原駅に行くかもしれません。また、貴殿の見聞録を楽しみにしております。

投稿: 私も乗って来ました。 | 2016年4月 9日 (土) 20時37分

前回の続き!
北海道新幹線にはE5系やH5系は持った無いです。
秋田新幹線で使用しているE6系の車輛で十分だと思われます。
23日(土)にも新青森と新函館北斗駅との区間を往復して来ました。
新青森駅を9時6分に発車する「はやぶさ95号」でH5系でした。
新函館北斗駅を13時35分に発車する「はやぶさ24号」でE5系。
もし将来に渡って乗車率が低調に進むようなら、
E6系ならぬH6系で十分だと思われます。
病気は早いうちに直した方が宜しいかと思われます。

投稿: 近藤 克典 | 2016年4月24日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/63041411

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線ダイヤ発表~まあまあこんなもんでしょう。:

« いつの間にか5周年~東北新幹線新青森開業~ | トップページ | 青森・北海道をどう走る?~TRAIN SUITE四季島 »