« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月13日 (火)

北海道新幹線は正規料金で乗るのはやめたいな。

というのが第1印象です。

まあ、北海道新幹線の料金が発表されたんですが、それに目を通しての感想です。

詳しくは後日じっくり解説するとして、今日は一言だけ。

青函共用区間の速度制限が課されてこの料金、ただのボッタクリじゃねえか

・・・まあ仔細に見て適正かどうか改めて判断したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

(番外編)~高齢者は何を目的にデイを使えと?

神戸市から兵庫県全体へアミューズ型デイを規制する条例が10/13から施行されるようです。条例の目的や背景をみて、まあ理解できないわけではないですが・・・・・。

そんなカタイこと言っちゃうと、高齢者が余計に在宅生活できなくなっちゃうヨ

さらにデイの事業者も収益を上げる手段を狭められ、デイ事業者の生き残りがますます厳しくなっていきますヨ

と思いますね。

まあ役人が当blogを見れば、「介護保険法上の通所サービスの理念に則るようにすればいいじゃないか」と思うでしょうが、とりあえずこう言わせていただきましょう。

通所系サービスに限った話じゃないですが、利用者はそんな堅苦しい理念は意外にどうでも良くて、純粋にサービスを使い続けるメリットを追い求めるわけで、その中には「楽しみ」というのがあるんですよ(笑)

介護保険事業は給料は安いわサービス提供者の質は低いわ使って面白くないわと、超高齢社会にとっては重要な事業であるにもかかわらず、働く側から見ても使う側から見てもこの体たらくです。

その中で介護報酬は削減傾向ですから、デイはもちろん、全体的に介護保険事業は事業者それぞれ生き残りに必死であり、アミューズ型デイはその生き残り策の1つでしょう。生き残り策の方法論の1つをつぶされてしまう形のこの条例、事業者にとっては頭の痛い問題です。

この条例が全国的に広まってしまうと、介護保険事業はさらに厳しい局面に陥ったり、あるいは国が目指す地域包括ケアが難しくなったりしないか、私は非常に危惧しています。

クソ真面目にかかりすぎて結局は人々の生活を脅かす、こういう状況は避けていただきたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »