« 13往復、10往復、各1往復 | トップページ | 今回は何をやろうかな? »

2015年8月30日 (日)

札幌駅問題はまだグダグダ!

これ、何とかなんないんですか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00010001-doshin-soci

北海道新幹線札幌駅についてです。

現駅を中心に検討を進めているのは良いんですが、在来線高架拡幅(東西約1km、最大北側へ10mほど)に伴い、10棟前後のビルに立ち退きの可能性が考えられているようです。

ここで報道を気を付けて見てみると、大丸とJRタワーを解体して、北側への在来線高架拡幅を最小限に抑えるという考え方が全く無いんですよね。

ここで爆弾発言を一言。

大人しく大丸とJRタワー、潰しちゃいなさいよannoy

ここまでグダグダだと、大丸・JRタワーをいったん解体することも検討せにゃならんと思います。実はJR北海道の内部で実は最終手段として考えており、恐らく整備新幹線関連事業として位置付けて国と自治体で金を出させようと企んでいる、という好意的な解釈もできなくはないです。しかし・・・、

甘ったれんじゃねえ(怒)

これらを仮に解体するならば、新幹線時代を見据えなかった授業料としてJR北海道が自己負担してほしいもんです

少し前に西側移設案が出た際も、JR北海道は在来線運行のシミュレーションをやってないだろう、と批判しましたが、今回も批判せざるを得ません
何よりも腹立たしいのは、素人である札幌市や北海道が出してる案なのではなく、実際に運用をする立場であるJR北海道がコロコロいろんな案を出してくるというこの状況「お前らは素人なのか?」と疑問を禁じえません。

この札幌駅問題の早期決着を望みます。

|

« 13往復、10往復、各1往復 | トップページ | 今回は何をやろうかな? »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

確かに爆弾発言ですね。大丸とJRタワーのみならずJR北海道の解体も招きかねない、という意味で。
新幹線繋がりでJR東日本が食い止めようにも、首都圏の遅延続きで足元が乱れて逆に誘爆したりして。JR九州も新幹線駅の無人化を進めますし、JR体制解体へのカウントダウンが始まったんでしょうか?その後どうなるかは更に分かりませんが。

投稿: 日置りん | 2015年8月31日 (月) 12時45分

11番線のホーム復活と配線改良、スルー中心のダイヤ・運用で何とかなるやろ、という話ですね。「新幹線ができても大丈夫」と、駅ビルを自社で建ててしまった以上、自分で何とかしないといけません。

学園都市線に限って見ても、11番線を専用にすれば大丈夫でしょう。単純折り返し運用でも、ラッシュ時10分間隔も可能です。
そうすれば、函館本線と千歳線は、これまで同様の8線(3~10番線)を使えます。

同じ新幹線建設でも、博多駅は1線1面を新幹線に提供し、4面8線だけで、
鹿児島線下り:特急5~6、快速3、普通3
鹿児島線上り:特急3、快速3、普通3
福北ゆたか線:快速2、普通3
をこなしていたわけですから、函館本線と千歳線は3~10番線だけでも楽勝でしょう。

百歩譲って、12番線を新設するにせよ、学園都市線は札幌終着なので、行き止まり構造で十分で岩見沢方面は不要。よって、少なくとも東側については北側に拡張する必要がない。
また、単純に学園都市線専用と考えると11・12番ホームは短くていい(最大6両編成に対応すれば十分)ので、分岐は札幌駅構内でも十分。西側も、配線を上手くし直せば、北側に拡張する必要がない可能性が高い。

配線の改良には結構な額がかかると思いますが、これこそ新幹線整備に必要な経費として、堂々と(ただし丁重に)国や地方に負担をお願いすればいいのですから。

結論:JR北海道は素人以下か。。。
↑叱咤激励の意味です。プロ根性を見せてほしい。

投稿: つばめ800 | 2015年8月31日 (月) 16時15分

大丸、JRタワーについては、札幌市も絡んだ駅前再開発で建設したものですので、JRの一存だけでは判断はできないと思います。
というか、地元の報道を見る限り、札幌市も南側の取り壊しは全く想定していないし、望んでもいないようですよ。
青湘遊郎さまは、ことこの問題になると徹底的にJR北海道「のみ」をご批判なされますが、JRだけの責任に帰すご主張には同意いたしかねます。
JR北海道の在来線運行シミュレーションが不十分であったことは全くその通りですあり、その点についてはJRは責められてしかるべきではあります。
ですが、南口の新幹線用地を駅ビルに変えてしまったことについては、再開発事業の一端を担った地元札幌市にも責任があり、しかも、札幌市は「南口は今のままで。でも現駅乗り入れで。」という、ある意味都合のいいことを考えているようですから、札幌市にも責任の一端があるといえるのではないでしょうか?

投稿: 道民 | 2015年8月31日 (月) 19時32分

>日置りん 様
コメントありがとうございます。

私の今回の記事は、文章表現自体は結構刺激的とは思いますが、さすがにJR体制までは解体はしないでしょう。
また、あまりに利用者が少ない新幹線駅は、ホーム上は無人にはなるでしょうが、無人駅にはならないでしょう。
というより無人駅化まではやらないで、というのが個人的な願いですが。


>つばめ800 様
コメントありがとうございます。
私がこの問題についてJR北海道を批判している内容の1つに、在来線部大改良を要する理由として具体的なものを出していないというものがあります。
在来線高架を拡幅しない場合はどういった運用上の支障が出るのか、そのうちお示しいただきたいもんです。

>道民 様
コメントありがとうございます。
大丸とJRタワーって、札幌市も絡んでいたんですね。これは調べが足りませんでした、お詫びします。

>地元の報道を見る限り、札幌市も南側の取り壊しは全く想定していないし、望んでもいないようですよ。
そりゃあそうでしょうね。大丸とJRタワー取り壊しは、あくまで私個人の主張です。
そもそも、地元報道や市民の皆様は、「大丸やJRタワーを壊さずに単純に在来線ホームを転用」、というのが基本的認識であるためでしょう。
大丸やJRタワー建設時はこれがJR北海道自らによって問題にされてこなかったわけですし。

>札幌市は「南口は今のままで。でも現駅乗り入れで。」~いえるのではないでしょうか?
前回記事と同様、今回もJR北海道を批判する書き方をしていますが、道民 様がおっしゃるように札幌市も責任の一端があるのかもしれません。
ただ、建築物を設計する際に、専門的見地から新幹線対応を考慮の上、しっかりと意見を述べるというあり方は可能だったと思うんですよね。
そういった意味で「鉄道の運用に関しては素人」の行政が責任を負うとすれば、その範囲はかなり限られてくるのではないかと思います。
それと、「南口は今のままで。でも現駅乗り入れで。」という条件でいけると当初判断したのはJR北海道ですから、
ある種札幌市も「騙された」感覚を持っているかもしれませんよ。

>青湘遊郎さまは、ことこの問題になると~同意いたしかねます。
徹底的に批判するまではしていないつもりですが、この問題の本質を見ていくと、
JR北海道が批判の中心になっていくのは、やむを得ないような気がします。

投稿: 青湘遊郎 | 2015年8月31日 (月) 21時09分

北海道新幹線の利用客の大多数である札幌市民は、JRでなく地下鉄を利用して新幹線札幌駅まで来ます。その点を不祥事連発させたJR北海道に変わってポストについた東日本の人たちが理解していないから、ここまで揉めているのてす。

JRタワー解体案が出てこないのも、在来線札幌駅の利用客より、地下鉄やバスでJRタワーを利用する客の方がはるかに多いからです。

投稿: tak | 2015年9月 3日 (木) 16時14分

>tak 様
コメントありがとうございます。

そうなんですか?
東日本は2面4線の東京駅であれだけの本数を捌いていますし、在来線でも短時間で折り返し運転なんて当たり前すぎるので、
私としては東日本の無理解が本件の原因とはちょっと思えないんですが・・・・・。

投稿: 青湘遊郎 | 2015年9月 6日 (日) 11時54分

青湘様。返信、ありがとうございます。

北海道の旅客輸送は、民営化以前から国鉄北海道よりも地下鉄が圧倒でした。(国鉄北海道は石炭の貨物輸送で儲けていました。)。貨物輸送がなくなり、民営化されてその中で利益を得るため、札幌市内の駅増設、本数増加、快速エアポートの充実、jrタワーを建設し、輸送人員、列車運行本数を増やしてきました。

それが、より利益の得られる北海道新幹線の運行で、在来線の運行本数を増やしてきたがゆえに、一番乗客を期待できる地下鉄から新幹線への乗り継ぎを減らす西300m案(南北線から500m、東豊線から750m)を提案しなければいけないとか、jr北自身が民営化後何をしてきたのかと思っているでしょうね。

構内都合で1番線2番線案は無理、西300m案ーと提案した人が誰かを知りたいものです。
長文失礼いたしました。


投稿: tak | 2015年9月 6日 (日) 23時13分

お久しぶりです、
先日はこのサイトのCMでも時々流されている岩手県花巻市内にある「愛燐館」に2泊程滞在して来ました、約一年振りに東北新幹線の東京駅から新花巻駅まで「やまびこ号」に往復乗車して来ました、
所で、北海道札幌市内では今現在札幌駅周辺で約12年後に延伸される新幹線駅を何処かに設置しようかと揉めているようですが、新幹線施設を建設される組織で札幌市内を全部地下線にしようと企てて居るそうですが、普通の北海道民や札幌市民は新幹線延伸を望んでいる方はどれだけいるでしょうか?それほどに関心を寄せているとは思われません。JR北海道か札幌駅周辺の一部の業界団体かその地元選出議員さんだけしか関心を寄せて居ないのかもしれません。その関心を寄せていり方々達も新幹線の駅を何処に造れば良いのかと揉めている様はとても見っとも無いように思われます。いっそうのこと延伸計画工事自体を白紙に戻されたほうが無難なようですね。北海道民や札幌市民は鉄道事業に関心を持たれいる方はほんの少数派かも知れません、阪神電車が沢山の大阪府民や兵庫県民に愛着されているようにJR北海道か北海道民や札幌市民に愛着されている鉄道とは如何見ても思われません。

投稿: 北海道新幹線札幌駅延伸工事は止めましょう。 | 2015年9月 9日 (水) 19時07分

北海道新幹線札幌駅延伸工事は止めましょう さんへ

国富となるインフラ,庶民の目で要る要らないを判断してはいけないものです。
(そういう要る要らないの判断は裏方の国交省の連中がしっかりと行ってます)

もっとも優先順位が高いのは,国富となるかならないか。便益は一定量得られると国が判断してるので,
白紙にすべきはナンセンス。国家も優先度の高いプロジェクトと判断してるので,暖かく応援しましょう。

投稿: とおりすがり | 2015年9月10日 (木) 10時34分

ちょくちょく拝見させて頂いております。
新函館開業日も決まり次は札幌延伸というところで、こんな場面で札幌駅の問題が出てくるというのはさすがに想定せず、逆に腹立たしい限りな訳ですが、札幌駅には若干構造的な問題があるんですね。

まず、現在函館本線旭川方面が出発することの多い8番線と札沼線の使う9,10番線、そしてホームの無い11番線。これ小樽方面で線路を共有しております。ですので、函館本線下り列車と学園都市線列車を同時発着させようとすると必然的に6番7番などのホームを使わざるを得ないという問題があります。この区間既に高架ぎりぎりまで民間ビルがあり、残念ながら線増できる雰囲気ではありません。ここがネックになりそうです。
特に札沼線を11番線専用とし、9,10番線を函館線下りとするなら、小樽方面からの列車は札沼線と必ずかち合うことになり現実的では無いんです。

当然JR関係者はそれを知っていて今まで口出さなかったんじゃないかと思うんですね。当初予定の1,2番線新幹線ホームという時点でわかっていた話なんですから。

いま札幌駅西側に駅とか言ってるのは、結局どれだけ国から金を引けるかみたいな駆け引きの材料にされている。結局札幌駅を人質に取っているようなものなんですよね。それが情けなく腹立たしいわけです。本来札沼線は桑園駅付近で立体交差的に別れる形で函館本線と直通できるようにしなければ解決しませんが、これは新幹線と金の出所も違いますし、JR北海道が負担できるわけでも無い。だからここに来てこんな話をしてる。

北海道新幹線は国家プロジェクトですし、南北3000kmの国土軸が乗り継げばどこでも途中で降りられる新幹線で結ばれるのは点でしか結べない航空機(もちろんこちらも利点はある)にはない利点な訳で、国民の移動の自由を担保する公器なんですけどね。結局未だに反対だのが出るのは、その利点を説明せず、ただ政争として汚い争いだけを見せつけられることに他なりません。
単純に札幌は新幹線が無く不安定な航空でしか移動できないから産業の拠点にもなりませんし、一流アーティストのコンサートすら敬遠されるんですよね。空港閉鎖したからしょうがないべさぁ♪とか言ってる方を見て他府県の方がどう見てるかそろそろ思い知った方が良い。

まぁ、とりあえず一歩としての新函館北斗開業で、北海道の産業がどう変わるかは見物です。まぁ北斗市函館市が足引っ張り合ってるあの状況じゃ期待は薄いですが、少なくとも首都圏の観光客は面倒な飛行機を避けて道南に入れることは少なくとも観光にはメリットなので、これを生かせれば良いのですけどね。

投稿: 牛 | 2015年9月17日 (木) 15時39分

昨日は北陸新幹線「はくたか」と北陸本線の特急「しらざき」に乗車して来ました、東京と金沢は夜行l高速バスで移動し、6時48発の特急「しらざぎ54号」に乗車し金沢から米原まで移動し、米原と大垣との間は普通「岐阜からと岐阜までは特別快速」で往復し、11時30分発の特急「しらざき91号」に金沢まで移動し、14時17分発の北陸新幹線「はくたか568号」に乗車し金沢から上越妙高まで移動し、上越妙高から越後トキメキ鉄道妙高はねうまラインに乗車し直江津まで移動し、直江津から越後トキメキ鉄道日本海しすいラインに乗車し愛の風とやま鉄道の泊まで移動し、泊から富山まで愛の風とやま鉄道に乗車し、富山駅前から金沢駅前まで富山地方鉄道バスの高速バスで金沢まで戻って来ました。愛の風とやま鉄道の「クモハ413-10」や越後トキメキ鉄道「ET122-7」にも乗車して来ました。まだまだ富山県や石川県は北陸新幹線新規開業ブームに沸き立っているようです。来年春の新函館北斗も金沢や富山のように賑わいが来ると良いのですが?飽くまで北海道新幹線が新規開業すると云うとよりも、実質的に東北新幹線が新函館北斗まで約148Km北進しただけのお話なので余り期待しない方が無難なようですね、後々に北海道新幹線の悪口を徐々に話して行きたいと考えております。「大間原子力発電所」の建設にも絡む終わりなき日本国のエネルギー問題にも深く関係した複雑な問題でもありますので!?

投稿: 昨日は681系に乗車して来ました、 | 2015年9月21日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/61389834

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌駅問題はまだグダグダ!:

« 13往復、10往復、各1往復 | トップページ | 今回は何をやろうかな? »