« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

ここから飛行機飛ばすなという短絡的な論理は反則!~調布市小型飛行機墜落事故

7/26、調布飛行場から離陸した直後の小型飛行機が住宅街に突っ込むという事故が起きました。私はもっと多くの犠牲者が出ると思っていましたが、良くこれだけで済んだな、というのが正直な感想です。

犠牲者の方々にはご冥福をお祈りいたします。

さて、現在事故調査チームが原因究明中ですが、まずひとこと。

飛行機落ちてくる可能性が高いところに住んどいてヒステリックに「飛行機飛ばすな」は勘弁してください。いや、現地付近にお住いの方よりも外野の方がうるさいか。

少し調べてみましたが、調布飛行場が開設されたのは1941年。当時の航空写真を見てみましたが、田園の中に存在する飛行場で、甲州街道(国道20号)に沿って建物が存在する程度でした。

高度経済成長時に周辺が急激に宅地化されたわけですが、順を追って言えば、飛行場開設の後から住み始めた方々が墜落の危険性云々を言っているわけで、道理がおかしいと私は思うんですよね。住宅街のそばにある飛行場という言われ方をされることが多いですが、これは「結果論である」ということは、絶対に忘れてはいけません

今回、私は敢えて周辺住民に問いたいことがあります。

あなたはそこに住む前に、飛行機の墜落について考えましたか?

この論点は、周辺住民が「不快な思い」をするため、メディアはほぼ確実に避けてくる論点です。しかし、私にとっての今回の事故の本質は、

1:飛行機の離着陸そのものの安全性の確保
2:飛行場開設後に成り立った周辺の住宅街との共存

と思っており、「危ないから飛行機飛ばすな」は、ハッキリ言って反則です。

当blogの主役である新幹線においても、時には1000人超の乗客を乗せた車両が市街地を高速で駆け抜けるんですから、新幹線が脱線し、住宅をなぎ倒したりビルに突っ込んでしまう、という可能性があるんです。日頃の保守点検や安全対策などで、その可能性をゼロに近づける努力をしているわけです。

航空機においても安全を確保する努力はされているはずであり、もちろん今後の飛行場の運用はこれまで以上に安全に配慮されるべき。1についてはこれからに期待です。2については、いろいろ述べている通り。

まあ行政も考えどころでしょう。飛行機墜落のリスクが考えられる場所に宅地開発の許可を出したわけですから、行政は「私たちは何も関係ありません」では済まないはず。滑走路の前後一定の距離の宅地開発は制限してもよかったのでは?まあすでにできてしまっている住宅街についてはもはやどうしようもないので、この一件を今後の都市開発、あるいは住宅街の再開発(土地区画整理事業など)にいい影響が出れば、と願っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

北陸新幹線敦賀以南~結局どのルートを選択するか?

1970年代に始まった新幹線整備計画(整備新幹線)、このうち未だに決まらない北陸新幹線敦賀以南のルート

決定に向けての議論が再開してはいますが、またもめにもめるんだろうな。

ご承知かと思いますが、現在3案が検討されています。

①小浜(若狭)ルート
②湖西ルート
③米原ルート

どれもそれぞれにメリット・デメリットがあります。

①は東海道新幹線から運用系統が独立されられるので輸送系統の3重化(東海道新幹線、リニア、北陸新幹線)が可能だが、建設費が最も高く、費用対効果が最も悪い

②経済波及効果は関西に限定すれば3案中最大だが、輸送の2重化(リニアは現在のところ京都乗り入れは想定していない)は東京-京都間にとどまる。また、湖西線で新線建設ができなかったり京都以南で東海道新幹線に乗り入れられなければ、FGTの利用が大前提で、FGTの実用化も不確定。

③(湖西ルートをスーパー特急かフル規格とする条件で)新線建設費用が最も低く、費用対効果は最も高いが、JR東海は、東海道新幹線(米原-京都-新大阪)への乗り入れを困難視しているため、東名阪の輸送の3重化は東京・名古屋間にとどまってしまう可能性が高い

まあ、このほかにもいろいろありますが、それぞれの案ともクリアすべき前提条件があります。その中でJR東海(東海道新幹線)との関係性を軸に考えると、東海道新幹線に乗り入れない小浜ルートか湖西ルートとなるでしょう。JR東海が乗り入れに対して消極的ですし、JR西日本がヘタをやると、北陸新幹線における増収分はJR東海に持っていかれる可能性は考えた方がよさそうです。

一方、費用対効果を、JR東海・西日本の関係性を無視して、かつ東海道新幹線への乗り入れをしなくてもかまわない、という考え方で考えると、湖西ルートか米原ルート、ということになるでしょう。

私個人の好みとしては、小浜ルートです。東海道新幹線に乗り入れる必要が無ければJR東海からいろいろ注文されなくて済むし、増収分はJR西日本が独り占めできます。まあ湖西線を経営分離するかが新たな議論として出てくるでしょうが、経営分離は行政などのやり方次第では止められるかもしれません。
ただ、費用対効果が最小なのもわかっているつもりなので、湖西や米原のどちらかのルートで決定しても、理由に納得はできます。まあ、早い話どのルートでも間違いじゃないと思っているわけです。

さて、考える前提として、費用対効果や経済波及効果はもちろんとして、
・東海道新幹線への乗り入れを条件とするか
・東名阪の輸送の2重もしくは3重化というのは、どこからどこまでの範囲で実現させるべきか

等々という視点で、じっくり議論をしていただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

番外編~まだまだ試乗は続けています。

少し前にクルマの試乗についての記事を書いたのを覚えていらっしゃる方もいるかもしれません。

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-8318.html

あれからしばらくたち、さらに試乗した車種数が増えました。

コチラ↓です。

ルノー・メガーヌRS
ルノー・ルーテシアRSシャシーカップ
ホンダ・S660(CVT、6MT車ともに)
ホンダ・ステップワゴン
マツダ・ロードスター(AT、MTともに)
ランドクルーザー・プラド(ディーゼル)

この中で異質なのはステップワゴンですが、これはホンダが本格的にダウンサイジングターボってのをやったから。メカニズム的な特徴が無ければミニバンを試乗はしませんヨ。
プラドも異質と言えば異質ですね。最近クリーンディーゼルが載ったのでそれに載ってきたわけですが、ハッキリ言って試乗は物足りなさしか感じませんでした(笑)。
個別の感想は、メガーヌRSはMT車だったんですが、クラッチがクソ重かったことを覚えています。まあ、自分の相棒のクラッチ交換前とだいたい同じ重さだったので試乗の終わりごろには慣れましたが。ルーテシアはデュアルクラッチATだったのでメガーヌよりも取っ付きやすいかったですね。さすがにルノーの両モデルはスポーツグレードだったのでサスが引き締められてる分、乗り心地が固い固い(笑)。嫌な硬さじゃなかったですけどね。

S660はリアミドシップだけあって、頭の回頭が早い早いステップワゴン低回転域でターボのタービン音が鳴るのが印象的ロードスターはホロの取り扱いがものすごく簡単で、S660ほどではないにしろ、回頭が早い。1トンちょっと超えるだけというボディの軽さはやはりフィーリングにも表れます

ホントはBMWの1シリーズあたりも乗りたいんですが、マイナーチェンジ直後で試乗車がやっと入ったとかなんとか。それと、ルーテシアやVWゴルフ・ポロの素のモデルに乗っておきますか。あとプジョー208GTiあたりも興味があるなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

(番外編)「先生」と言われてる人たちの人間性は、実は尊敬されるべきでなかったりする。

当blogにしては珍しく時事ネタです。

今日、yahoo!のトップニュースを眺めてたら、こんな記事が。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000008-mai-soci

成年後見制度について、成年後見人に選任された弁護士が被後見人の財産を着服・横領する事件が相次いだことを受け、東京地裁は弁護士が弁護士をチェックする「後見監督人」選任の運用を始めたが、弁護士会が反発している、というニュースです。

まじめにやっている弁護士の皆様にとってはとんだとばっちりですが、残念ながら世間の目は冷たいもので、弁護士も監督されないと信頼は得られないのは至極当然のこと。私は弁護士会が言っていることはただの逆ギレと思っています。
まあ、弁護士会自体は「実績を造るしかない」と自浄努力が必要であることはさすがに感じているようではありますが。

さて、このニュースに関連して、気まぐれで本日言いたくなったことは次の内容です。

「先生」と世間一般で呼称される職種として、医師、弁護士、国会議員、教師などがありますが、意外にこれらの方々の人間性は、尊敬されるべきものでは無かったりします

意外に多いのが、議論の最中に駄々をこねて拗ねてしまうこと。このほかにも何かしらかのだらしなさがあったりします。「不祥事」においては「先生」方もやっぱり人間、ということでしょうが、結構件数が多く、当然批判されるべきであるということです。

私は、周りから意味なくあがめられ、調子に乗るだけ乗って、人のために尽くす意識のない「先生」は大嫌いで、軽蔑すらしています

みなさん、意味なく変に人をおだてすぎると、勘違いした人間はろくなことしないですよ

今回の記事は皆様に共感は求められませんが、私が人を無条件で尊敬するほどマヌケではない人間性であることをお知らせしてみたくなり、書いてみました。

お目汚し、すみませんでしたm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

奥津軽いまべつ~さすがにこっちはホーム無人化ってわけにはいかないでしょう。

九州新幹線の新玉名をホーム上駅員を無人駅化すると報じられました。正直、驚きましたね。

何でもJR九州の株式(東証一部)上場にあたり、鉄道事業の赤字の圧縮が狙いとのことですが、結構思い切っていると思います。

単純に乗降客数だけで言えば、いわて沼宮内あたりの方が少ないですが、今のところJR東日本管内にはこういった話は無いです。

ただ、心配されるのが、JR北海道が所轄となる奥津軽いまべつ

利用者数は恐らくいわて沼宮内より少なくなるでしょう。

また、駅前後の線形は良く、ホーム部には曲線がありません。ホーム駅員無人化させるとすれば、新玉名の考え方を当て嵌められてしまいます

JR北海道もなるべくコストをケチりたいでしょうが、私は今のところ、奥津軽いまべつのホーム駅員無人化は避けるべきと思います。

1:JR北海道のイメージを悪くする。
2:青函トンネル異常時対策におけるマンパワー

現時点で思いつくのはこの2点の理由です。他にも思いついたら書いてみたいとは思います。

とくに1はさんざん非難されているので、やりたくてもやれないのではないでしょうか?

ただ、将来的に代替の安全対策が確立されたなどであればわかりませんよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

東北新幹線 八戸ー新青森間~一応、順調に利用者が増えてると言っていいでしょう。

毎年7月になるとさりげなく更新されるデータがあります。

そう、JR東日本の乗車人員や路線別利用状況のデータです。

例によって前年度のデータが公開されましたね。

今日は仕事が休みで暇していますので、せっかくだからということで過去数年分をまとめて東北新幹線や青森関連を見てみます。まあ一部比較のために盛岡-八戸間を含めてはいますが。

20122014


20102014

20122014_2


※すべてExcelのデータをjpeg化したものです。

このうち、新幹線乗車人員はJR東日本が2012年度からのみデータを出しているものです。
また、駅全体乗車人員の青森は、注釈がないので青い森鉄道との合算なのか否か不明である点に注意が必要と思います。青い森鉄道と改札はJRと分離されていないからです。

まずは新幹線乗車人員
七戸十和田は二戸と利用者数が近くなってきていますね。乗車人員数の差に注目していくと、126人→116人→105人と、だんだん小さくなってきているのを確認できます。
新青森については、なぜか2013年度いったん減ってますが、2014年度は4850人/日と新記録(当然ではありますが)。来年度は北海道新幹線新函館北斗開業があるので2年後の集計結果がどう動くかは楽しみではあります。

次に駅全体乗車人員について。
二戸は2014年度は817人と、新幹線開業以後もっとも多い数字でしたが、七戸十和田は年度によっては二戸を上回る結果もチラホラ。前述の新幹線乗車人員の両駅の乗車人数の差も含めて考えると、新幹線停車パターンは現在のパターンにして正解と言えるのではないでしょうか?
新青森全体の乗車人員よりも、駅全体の乗車人員の集計結果が少ないのが面白いところですが、これは前者が乗り換え客のカウントが入るのに対し、後者は乗り換え客がカウントされないというのが理由でしょう。
意外だったのは八戸と弘前。年度によっては弘前のほうが「JRの乗車人員」は多いという結果になっています。八戸も在来線改札は青い森鉄道とJRで分離されていませんが、どういう集計の仕方をしてるんでしょうかね?
さあ問題の青森ですが、2013年度から2014年度にかけては微減であるとは言え、やはり順調に乗車人員を減らし続けています。詳しくは改めて述べるとして、先日駅周辺整備の最終結論を2015年度末までに先送りするという報道がありましたが、コストのかけすぎを防ぐ意味で、この数字は着目し続けるべきでしょう。

最後に、路線別利用状況(平均通過人員)について。
津軽線中小国-三厩間の数字を見ると、津軽二股が北海道新幹線奥津軽いまべつと一体整備されない理由がよくわかります。あまりにも利用者数が少なすぎて、廃止の話が出ても文句は言えません
一方で、新幹線八戸-新青森間が10,000人/日超えをしています。着工前は7,500~8,000人/日とされていましたが、2010年度からすべての年度で、国交省の予測を上回った実績です。
やはり整備新幹線は、公共事業の中では需要予測を上回る実績を上げている優良事業であると言えるでしょう。

3種類のデータを使っていろいろ言ってみましたが、結論としては、やっぱり順調に新幹線の利用者数が増えて行っている、ということですね。
先ほども申し上げたように、2015年度末には北海道新幹線新函館北斗開業がありますから、来年度や再来年度も引き続きこの数字、要注目です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

札幌駅位置問題~JR北海道さん、いまさらこんなこと言うんですか?

ここ2日ばかり、新幹線についての話題に目を通せていなかったんですが、北海道新幹線札幌駅を西側300mにずらす案が出ているじゃあありませんか。

報道によるとこれまでは現在の1番線・2番線を新幹線用に転用する計画とされていましたが、これを行って在来線ホームを増やしても、技術的な問題で運行できなくなる在来線列車が多数発生する恐れがあるため、いうのを理由にしてるそうです。

早速ツッコミを入れさせていただきますと

いくら何でもこれはマヌケ過ぎないか?

それと、「技術的問題」っていったい何なんだ?というのもツッコミどころです。

私はこの一件、JR北海道は二重にマヌケだと思っています。理由は2つ。

1:JRタワーの設計時に、新幹線札幌駅位置について土木技術的評価をしなかったと思われる点
2:現駅1番線・2番線転用案(現行計画)でまとめた際に、在来線の運行シミュレーションを行っていなかったことがバレた点

皆さんもすでにご承知でしょうが、現計画のさらに前は、現在のJRタワーの位置に純粋に高架橋を増設するという計画だったところ、新幹線計画が進まないためにこの高架用の用地をJRタワーの用地に充て、先に建ててしまった、という経緯がありました。

とりあえずJRタワー造って商業的に儲けることにするけど新幹線のことは後から考えればいいやというノリだったのではないでしょうか?その結果、今になってこのザマです。

色々なご意見があるでしょうが、私はこの問題を解決するのは3つの方法があると思います。

1:JRタワーの改造もしくは解体で新幹線専用高架の増設をする。当然費用はJR北海道が全額負担。
2:新幹線部は国が立案している地下駅とする。
3:在来線の運行体系の見直し

まあ言われなくてもやってるんでしょうが、湘南新宿ラインの渋谷とか、京葉線の東京等じゃああるまいし300mの移設はいただけませんね

建設主体はJR北海道ではなくて鉄道・運輸機構なので、同機構が出す結論が待たれます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

東海道新幹線焼身自殺事件~同情はするが、やってることはただの八つ当たり

6/30、東海道新幹線新横浜‐小田原間において71歳男性が走行中の車内でガソリンをかぶって焼身自殺をし、巻き添えで女性1人亡くなるという事件が発生しました。

敢えて私は当日に記事を書かず、少し関連情報が出てきているこのタイミングで記事をアップしましたが、記事内容が基本的に事実を伝えている前提で言わせていただくと・・・・・・。

同情はする、しかしやったことはただの八つ当たりです。

まあ、記事タイトルの通りです。

自殺した男性は年金額に不満を持ったのが事件発生の動機と報じられていますが、だとしたらなぜ大勢の乗客を巻き込む必要があるんじゃ?と思います。
恐らくは多くの人を巻き込むことによって自己顕示し、世の中変わる切っ掛けになればとでも思ったかもしれません。しかし、

乗り合わせた乗客は、とばっちりを受けた感情しか持ちません。

自己顕示は結構ですが、せめて大勢の方々を巻き込まないようにしていただきたかったですね。

それと、男性と同じような問題を抱えている方々は多くいらっしゃると思いますが、今はネット社会なので、いろいろなことを知ることができ、本件と関連する自衛策も調べることもできます。私は近頃ふと思うことがあるのは、正しい知識を豊富に持つ努力をしないとこれからの世の中を生き残ってはいけないのではないか、ということです。その調べる環境を持たない方々も、それこそ男性自身が区議に相談したように、ダメもとでもいいから役所やいろいろなところへ相談するなど、手立ては全く無い訳ではない。孤独を感じている人も実は孤独でなかったりするわけです。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥とも言いますから、はっちゃけたくなる衝動を抑えてまずは色々なところへ相談してみてくださいな

今回の記事は殴り書き調でまとまりを欠いている感はありますが、6/30の事件は新幹線にとって世の中の厳しさを反映する事件であると感じましたね。心情としては結構複雑・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »