« 竜飛・吉岡両定点と木古内・奥津軽いまべつの両駅は無駄ではない~その2 | トップページ | ただいまいろいろ準備中 »

2015年4月13日 (月)

はやぶさ宇都宮停車を少しだけ妄想してみる

今日は短めに参ります。

北海道新幹線新青森-新函館北斗間開業まで1年を切り、もうすぐ新青森-奥津軽いまべつ間の試験運転も開始されるところまで来ました。

さて、過疎地域を走る新幹線なので、どれだけ多くの方に乗ってもらえるかがカギですが、航空機から一定数の乗客を獲得するために、やはり北関東のいずれかの駅への停車は積極的に行っても面白いと思います。函館市などでは宇都宮停車を働きかけているようですが、北関東の駅で停車駅をもう1つ選ぶとすれば、利用者数と在来線の利便等の兼ね合いから、やはり宇都宮あたりが有力でしょう。

そこで突然ですが、宇都宮停車について少々妄想してみます。

次の条件を設定し、何とかならないもんでしょうかね?

①:はやぶさに途中で追い抜かれる先行列車をE5系・E6系に統一
②:宇都宮停車の対象とする列車は下りは午前中発、上りは夕方以降に限定。

いけそうかいけなさそうか、時間があるときに時刻表を眺めてみることにします。

|

« 竜飛・吉岡両定点と木古内・奥津軽いまべつの両駅は無駄ではない~その2 | トップページ | ただいまいろいろ準備中 »

ダイヤ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

初めまして、日置りんと申します。

やたらと金がかかる方法ですが、
①東北新幹線に久喜新駅か古河新駅を作る

②設置した新駅を始発としたはやぶさ・こまちを走らせる
(停車駅は宇都宮・那須塩原・仙台から北は現状通りとする。小山は入れるか入れないか判断しづらい)
というのはいかがでしょうか?
はやぶさとこまちだけのためにここまでするのはいかがなものかとは思いますが、久喜か古河の新駅をうまく使えば東京〜大宮間の線路容量不足がかなり解決できるかもしれません。

ここまでしなくても指定席を
東京〜宇都宮〜新青森
の各区間でそれぞれ別の一人に一つの同じ座席を売る、つまり一つの座席に何人か詰める座席予約方式にすれば解決するか、と考えていましたがそれは難しそうです。
はやぶさ・こまちとなすのが1時間に1本ずつ停まれば新駅もそこそこのステータスを手に入れると考えます。いや、これは空想であって考えじゃないか。

投稿: 日置りん | 2015年5月20日 (水) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/59453637

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ宇都宮停車を少しだけ妄想してみる:

« 竜飛・吉岡両定点と木古内・奥津軽いまべつの両駅は無駄ではない~その2 | トップページ | ただいまいろいろ準備中 »