« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

番外編~帰ってきた相棒といくつかの試乗車

前回、わが相棒が急きょ入院したとの話をしましたが、4万数千円の臨時支出と引き換えに無事カムバックしてきました。先週の土・日と今回の土・日で結構な距離乗り回しましたが、故障前に鳴っていた異音が消え、とりあえず調子が戻っています。

さて、次はバッテリーやタイヤ、欲を言えば足回りのブッシュ類の交換まで手を付けたいですが、さすがに一気にはできないので、段階的にやっていきましょう。

相棒よ、限界までよろしく。

さて、社会人になってそんなに経たない時期に、ちょっと無理して乗り始めた相棒が限界を迎えることに備えて、時間があれば自動車ディーラーに駆け込み、興味があるクルマに試乗してたりします。
最近乗ったのは次の車種。

・ホンダ・フィットハイブリッド
・マツダ・アテンザXD
・フォルクスワーゲン・ゴルフGTI
・ダイハツ・コペン
・フォルクスワーゲン・ポロGTI
・スズキ・アルトターボRS

(試乗順)

クラスやジャンルがバラバラの感はありますが、よく見るとスポーティ系に偏ってて、いかにも昭和のクルマ好きっぽい傾向です。その中でフィットやアテンザを試乗しているのはi-DCDとスカイアクティブ-Dを体感しておきたかったから。

時期相棒をどいつするかの考え方として、とにかく乗り味が気に入るか気に入らないかを重視したいわけですが、いきなり外国車に手を出すかもしれませんし、逆にひょっとしたら割り切って軽自動車にしてしまうかもしれません

仮に軽自動車にするとすれば、アルトターボRSっぽいのがもっと出てくれるとうれしいなといったところ。
アルトターボRSはまずデザインが気に食わないことと、AGSのオートモードは面白味はあるけれどまだまだ熟成が足りないと感じたことで、ちょっと惜しいとおもいましたね。
AGSはシングルクラッチの自動制御であるがゆえに変速のタイムラグがどうしても発生してしまいます。これだったら自動に任せず、自分でやっちゃった方がええわい、と思うわけです。MT出してくれませんかね。

一方、DSGを載せるフォルクスワーゲン(VW)車は、デュアルクラッチ方式なだけあって、変速そのものはさすがにスムーズですね。一時故障が多く信頼性が怪しまれたとの話もありますが、現行モデルは熟成が重ねられているとの話。ホンダのi-DCDもデュアルクラッチという点では共通してますが、リコール頻発した時期もありまだ熟成が望まれるし、コペンのCVTは悪くはなかったのですがあくまであれはターボエンジンがいい仕事してるので不自然さが無いだけでは、ということで私個人的にはミッションはVWのDSGに最も高い評価をしたいです。
あ、言っておきますけど、どのクルマもミッションについては使えないほど悪い、ってわけじゃないですよ。

今後はVWのゴルフやポロの売れ筋モデルに乗りながら、BMWあたりにも乗り、などなどやっていきたいですね。国産車?乗るとしたらマツダ車かスバル車になってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

番外編~相棒が緊急入院。しかし、それだけではなかった!

いやー、いきなり相棒が緊急入院と相成りましたよ。

3/16、相棒を駆り、いつも通り無目的のドライブをしていましたが、突然アイドリング時に異音が出るとともに、充電警告灯が点灯。私の自宅から数十キロ離れていたんですが、自宅のすぐ近くにディーラーがあるのでそこまで自走することとして、取説を慌てて確認し、使用していた電装品の電源をOFF。

ガクブルしながら何とか自宅最寄りのディーラーにたどり着きましたが、ここは、

何と定休日

しかし、同メーカーの系列ディーラーはそう遠くない場所にまだあるので、乗り付け先を変更、今度はしっかり営業しており、事なきを得ました。

ボンネットを開けると焦げ臭いにおいが。ディーラーの工場長いわく、「あ、こりゃ発電機(オルタネーター)がダメになってますね」とのこと。現在通勤は相棒と共にしているわけではないので、即決で置いていくことにしました。ということで、緊急入院です。

オルタネーターは一応新品とリビルト品どちらにするかの選択でしたが、肝心な部分は新品になるのでリビルト品で直すことにしました。4~5万の臨時支出です。

しかし、ディーラーに持ち込むまでにもっと時間がかかっていればちょっと危ないところでした。オルタネーターから給電されないということはバッテリーの電池をどんどん消耗するというわけで、当然バッテリーが切れれば力尽きてしまっているわけです。自走不能になる前に間に合ってよかったよかった。

そう言えば、かつて運転免許を取って脱初心者したころの冬、親のお下がりの13年落ちのクルマを運転中にいきなり水温計が上がり始め、そのくせエアコンが寒いまんまという異常事態に見舞われ、行き付けの修理工場に持ち込んだときのことを思い出しました。この時はウォーターポンプが逝って水漏れをしており、修理代金5万程度かかると言われました。カネもなかったんですが、まあ大学卒業直前だから生活にそんなに支障が出ないということで、親に急きょ相談して即廃車としました。

いやー、走行中のクルマのトラブルって、久しぶりでしたね
機械ってのはいつか突然故障するものですから、メンテをしっかりやるのはもちろん、トラブルへの対処も冷静に行えるようにしたいものです。

この記事をアップしようかなーと思っていた矢先、実家から電話が・・・・・・。

実家の10数年落ちの軽自動車の車検の問い合わせをしたら、別途修理が必要で○○万円掛かると言われた、だと。

マジっすか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

次は北海道新幹線開業だが、盛り上がる準備は大丈夫か?

いきなりですが、青森の商工関係者に質問です。

北陸新幹線の開業祭り、誰か参加されたんですか?

・・・・・まあ言われなくとも勉強ぐらいはしたさ、とツッコミは受けそうですが、前回記事の通り、私は盛り上がり度は正直、新青森は負けたと感じています。まあ人口は当然として新青森は郊外に位置しており商業施設の出店も規制されたため、イベントは屋外を中心として行わざるを得ないとは言え、なんだかなあ、と思わされてしまいます。

根本的な問題として、人の心の捉え方が上手いか下手かということだと思いますが、これはビジネスでも観光でも、結構重要でしょう。何分いろいろな人たちに自分たちが暮らす街を訪れてもらうには、これが大事なわけですから。

その辺は、青森は上手くいってるとは思えません。

さて、来年には北海道新幹線新青森-新函館北斗間が開業し、青森にとっては新幹線第3の開業を迎えることとなりますが、青森の真価が発揮される逆の言い方をすればボロが出るのはここからです。

ひとまず関係者諸氏には来年、恥ずかしくない盛り上がり方を十分に計画していただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

北陸新幹線開業祭り~その3

今回は人の様子について。

まずは東京駅
まあ先頭車周辺や車両の行き先表示などの写真を撮りまくる方の多いこと多いこと。警備員が写真撮影者に汚ねえ言葉を投げかけてました

黄色線(点字ブロック)からはみ出して写真を撮るアホども、お前らが悪い。

また、乗車前の横入りってのもありましたね。私の指定した号車はホームの案内上、列車のドアから少し離れた位置に乗車案内のラインがありました。乗車案内ラインには私の前に数人並んでおり、ドア前で乗車するのか見学に来ただけなのかよくわからない人が2人いたという状況でした。
車両が開扉された瞬間、私の前に並んでいた方とドア前に立っていた方がぶつかりかけながら少々口論。両者少々キレてました

まあ、傍から見て言わせてもらうわ。

どっちもどっちじゃ

ドア前に立っていた方、謝り方が「自分が悪い」と思っていない謝り方だし床や周りををよくみろや

乗車案内ラインで私の前でお待ちだった方、どうせ指定席なんだからそんなに目くじら立てることも無いだろうが

さて、金沢駅の様子ですが、やはり開業祭り。駅名標を撮ったり駅設備を撮ったりする人が多かったですね。私ももちろんやりましたが。
さて、これだけで終わるのは鉄道マニアらしくないので、当然マニアックなものも撮ってます。曲線標停車場中心標です(ちなみに、金沢駅の停車場中心は高崎起点345.46km)。
金沢駅構内は本線・副本線とも曲線が混入しています。駅前後の曲線も規格外であり、通過列車が設定されることはほぼ絶対に無い、あったとしてもごく低速度の通過と割り切られている(まあ白山車両基地の入出区の兼ね合いで、ほぼ限りなく通過の可能性は無いでしょう)といった感じです。恐らく可動式ホーム柵の設置位置はそれが反映されているということでしょう。ホームの自由に動けるスペースは新青森と比較して確実に広かったですが、これはホーム全体幅は新青森と恐らくほぼ同一でありながら、可動式ホーム柵をホーム外側に、つまり車両に近づけて設定している恩恵。可動式ホーム柵の設置の基本的な考え方は新青森と違うわけです。これに対し、富山は新青森と基本的には同じ考え方(と言っても新青森と違って、駅前後の線形から言って高速通過はできない)のようでしたが、金沢駅のホーム、カネ遣うところにはしっかり遣ってますね(笑)ホームの柱のアクセントに金箔を使っているんですが、これがまた光の当たり加減で当然輝き方が変わるわけですから、きれいな写真を撮るのが意外と難しかった。

また、コンコースのトイレの加賀友禅には目を奪われましたし、事細かに置かれた調度品は、成程これが和の未来か、と感じさせられました。

一方、開業祭りそのものの盛り上がり方ですが、駅舎内ともてなしドーム周辺は相当の混雑でありながら、少々駅から離れると市場方面へ向かう人が多かった印象がある他は意外に静かでした。

盛り上がり度は、金沢の人口、在来線を併設している、商業施設も周辺にあるという条件もあったことから、新青森開業と比較して断然上のような気がしました

金沢着が13:00すぎであり小腹がすいたので、ロクに下調べせずに、とりあえず日本海の魚食っとけ的なノリで食事をしてみたんですが、今回はあくまで往復するのが目的だったため、復路の新幹線を早めの時刻のものを指定してしまいましたから、実際滞在時間的に少々物足りなかったです。今度はじっくり調べてから行きたいですね。

まあ救いとしては、私が立ち寄った食いもの屋は旅行者にとっては「ハズレではなかった」ことですかね。

さて、今回で本レポートは終わりますが、次はいよいよ北海道新幹線開業というわけです。次回記事でその辺物申したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

北陸新幹線開業祭り~その2

さて、乗車レポートです。

まず、先に結論。

また行かなきゃなりませんな(笑)

今回は、新兵器のビデオカメラ、定番のGPSロガーを携え、各駅通過時刻をチェックするという乗り方をしました。まああちこちに神経を使って意外と忙しかったですね。今回ちょっと困ったのはGPSの受信。北陸に入ってから続くトンネルと明かり区間が断続的に続くところとか、駅通過時の全覆上屋内で、ところどころで受信ができない状態になりました(前回記事の表の中で「(エラー)」となっているものがそれです。)。
前回記事の通り、完全に定時運転とまでは言えなかったし、かつビデオカメラで車窓を採ってはみましたものの、使いこなしができておらず、満足のいく動画が撮れなかったんですよね。

車両の方は往復とも、E7系になってしまってます。片方W7系だったらラッキーと思っていましたが、やはりそうは問屋が卸しませんでした。
E7系に乗ること自体が初めてでしたが、内装の基本構造はE5系と似ている部分がありますが、シート柄が異なる、証明が白色のLED灯であるなど、E7系の内容は、これはこれでいいですね。まあLED灯のせいでシート柄と比較してビジネスライク感が出ており、個人的好みとしてはもう少しだけ証明の色を暖色系にしてくれたらなーと思いましたね。

また、車内アナウンスは、会社が異なればやっぱり違います
東京-長野間はJR東日本、長野-金沢間はJR西日本が乗務を担当したわけですが、東日本は余計なアナウンスをほとんどしないのに対し、西日本は車窓の景色や駅についての紹介、運転士のアナウンスなどがありました。自分が乗った列車に関していえば、妙高山と立山連峰についての紹介や、金沢開業のお祝いご挨拶のアナウンスを車掌がしたり、運転士が「最高速度260km/hで走行しています」などとアナウンスされていました。かつて500系のぞみで運転士が「時速300km/hの旅をお楽しみください」的なアナウンスをしたことを思い出しましたね。これからどういうあり方を目指していくかはわかりませんが、今回乗った限りでは、西日本はやはり芸が細かかったですね。

走りそのものについては、3509Eに充当された編成は車輪が荒れていたらしく、ややうるさかった以外は、E7系は車体構造を320km/h走行するE5系を部分的にベースにしているだけあって、最高速度260km/hまでしか出さないという走行条件下では相当に余裕があるように感じましたね。
また、高崎-長野間のDS-ATC化によって上田付近の通過速度が230km/hに上がっていること飯山‐上越妙高間(飯山トンネル)にある30‰勾配による速度制限は課されていないようである、というのがポイントとしたいところです。

つづいては東京駅、金沢駅とその周辺で目にしたことついて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

北陸新幹線開業祭り~その1

まずは、各駅実際通過時刻表とGPSデータから。

選択した列車は、かがやき509号(3509E)、かがやき510号(3510E)。

まずは3509Eから。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
3509E
下り 実キロ 駅間
    距離
  時刻表所定 実際通過時刻 駅間
    所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
    平均速度
東京 -108.60   10:32 10:33:15  
    3.60       0:03:40   58.90909091
上野 -105.00     10:36:55  
  10:36:55
    27.70       0:18:10   91.48623853
大宮 -77.30   10:55 10:55:05  
10:56 10:56:41
    36.60       0:10:42   205.2336449
熊谷 -40.70       11:07:23   234  
    21.10       0:05:25   233.7230769
本庄早稲田 -19.60       11:12:48   234  
    19.60       0:05:03   232.8712871
高崎 0.00       11:17:51   230  
    18.50       0:05:19   208.7774295
安中榛名 18.50       11:23:10   239  
    23.30       0:07:03   198.2978723
軽井沢 41.80       11:30:13   104  
    17.60       0:06:02   175.0276243
佐久平 59.40       11:36:15   213  
    24.80       0:06:05   244.6027397
上田 84.20       11:42:20   230  
    33.20       0:09:53   201.5514334
長野 117.40   11:52 11:52:13  
11:54 11:54:56
    29.90       0:08:54   201.5730337
飯山 147.30       12:03:50    (エラー)  
    29.60       0:07:05   250.7294118
上越妙高 176.90       12:10:55   245  
    37.00       0:08:55   248.9719626
糸魚川 213.90       12:19:50    (エラー)  
    39.20       0:09:30   247.5789474
黒部宇奈月温泉 253.10       12:29:20   241  
    33.80       0:10:54   186.0550459
富山 286.90   12:40 12:40:14  
12:41 12:41:44
    18.90       0:08:06   140
新高岡 305.80       12:49:50    40  
    39.70       0:14:20   166.1860465
金沢 345.50   13:00 13:04:10  

3509e ←3509EのGPSデータ

東京発が遅れたのは、たぶん写真撮影をする連中が黄色線(点字ブロック)の内側になかなか引っ込まなかったため、金沢着が遅れたのは、先行列車であるはくたか557号(557E)が6分延(定時は12:55金沢着)となり、その影響を受けたため。

続いて、3510E。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

3510E

下り 実キロ 駅間
    距離
  時刻表所定 実際通過時刻 駅間
    所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
    平均速度
金沢 345.00   16:38 16:41:06  
    58.10       0:11:19   308.0412371
新高岡 305.80       16:52:25   253  
    18.90       0:06:37   171.3853904
富山 286.90   16:57 16:59:02  
16:58 17:00:17
    33.80       0:09:55   204.5042017
黒部宇奈月温泉 253.10       17:10:12   256  
    39.20       0:09:10   256.5818182
糸魚川 213.90       17:19:22   252  
    37.00       0:08:40   256.1538462
上越妙高 176.90       17:28:02   252  
    29.60       0:07:04   251.3207547
飯山 147.30       17:35:06   258  
    29.90       0:09:09   196.0655738
長野 117.40   17:44 17:44:15  
17:46 17:46:14
    33.20       0:09:43   205.0085763
上田 84.20       17:55:57   228  
    24.80       0:06:15   238.08
佐久平 59.40       18:02:12   243  
    17.60       0:05:01   210.4983389
軽井沢 41.80       18:07:13   105  
    23.30       0:07:45   180.3870968
安中榛名 18.50       18:14:58   190  
    18.50       0:05:35   198.8059701
高崎 0.00       18:20:33   93  
    19.60       0:07:16   161.8348624
本庄早稲田 -19.60       18:27:49   200  
    21.10       0:06:19   200.4221636
熊谷 -40.70       18:34:08   201  
    -36.60       0:11:44   187.1590909
大宮 -77.30   18:46 18:45:52  
18:47 18:47:14
    27.70       0:18:29   89.91884581
上野 -105.00     19:06 19:05:43  
  19:07 19:07:13
    3.60       0:04:37   46.78700361
東京 -108.60   19:12 19:11:50  

3510e ←3510EのGPSデータ

金沢発が3分延でしたが、在来線からの乗り継ぎ客待ち合わせ、と説明されていました。その後、富山で1分回復し、長野からは定時運転と、バッチリ回復できていました。

次回は列車の乗車レポートをアップ予定です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

北陸新幹線開業

皆さんこんばんは、青湘遊郎です。
今日はあの日でしたが、いかがだったでしょうか

そう、北陸新幹線長野ー金沢間が開業したわけです。

まあ、予告通り、日帰りで金沢まで往復して来ましたわけですよ❗️

今日は、追加されたもの含め、結構な装備を使いながらの旅だったので、結構忙しかったですね。

帰宅したら早速旅のまとめをしますが、何しろ書くことが多そう。
明日か明後日には記事アップしたいと思うので、お楽しみに〜❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

番外編~首都高中央環状線と圏央道を走る

今回は番外編です。

3/7に首都高中央環状線大橋Jct-大井Jct、3/8に圏央道(さがみ縦貫道)海老名Jct-寒川北ICがそれぞれ開通したわけですが、意味もなく開通区間をただ走って往復するだけ、とくだらないことをやってきました。

首都高は敢えて西新宿Jct→大橋Jct→大井Jct→首都高湾岸線→同11号線、同都心環状線を一回りして同じルートを引き返すという走り方をしてきました。
圏央道は県央厚木→海老名Jct→寒川北IC→寒川南IC、同じルートを引き返すというものです。

やっぱり開通したての道路を走るって、いいですね。ただ、中央環状線はやっぱり「山手トンネル」なわけなので、どうしても車窓がつまらなくなります。この辺は割り切りが必要でしょう。一方、圏央道はホントに開通したての時間帯に走行したんですが、内回りの片側1車線工事用に塞がれており、なにかな~と思ってみてみたら、行先標識のマスキングをはがす工事をやってましたね。普段なかなか見たことが無かったのでちょっと得した気分。

ところで、最近開通した高速道路のJctって、やたら危険を感じるものが多い気がするんですよね。
海老名Jctがドライバーの皆様が構造上相当な無理を感じてる方が多いと聞きますが、大井Jctも危ないなと思います。
最近クルマ好き自体が減って男性でもペーパードライバー増加するとか、そもそも運転がうまくなることを目指す人が減っているせいでしょうか、運転技術が低い方も中にはいらっしゃるわけです。そんななかで前述の危険な構造のJctなどはドライバー泣かせと思いますね。

ともあれ、3環状(首都高中央環状線、東京外環道、圏央道)のうちの1つが完成し、残る2環状も鋭意工事中です。個人的には外環東京区間(関越道~中央道~東名)の早期開通を期待したいのと、圏央道は桶川北本-久喜白岡Jctがつながると東北道まで便利になっていいなあと思っているところ。

普段帰省には新幹線を使うけれども、ドライブでは東北道も使いたいですからね。

さて、今週末はいよいよ北陸新幹線開業祭り
青湘遊郎は、例によってくだらないことを真剣にやらせていただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

こりゃ駅よりも庁舎が先だわ~庁舎建設と青森駅整備~

青森駅周辺整備の事業費が1.5倍に増えたことで、市役所庁舎改築と同時並行すると2019年度には基金がマイナスになるという試算が示されたそうです。

市役所が100億円規模、青森駅が約70億円(青森市負担見込み額)、確かに厳しい。どっちかを優先させるのが順当な見方かもしれません。としたら・・・・・・、

やっぱり市役所庁舎整備が優先でしょ

青森市民にとってどちらの方がより大事か?これを考えると、駅整備の優先順位は下がります。

そもそも私は何度が青森駅が現位置にあり続けることに疑問を持っており、青森駅について述べた直近の記事でも巨額投資してよいのか、疑問を呈しています。

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-1b7e.html
(これは事業費が約82億円と試算されていた時期の記事)

同じ青森駅周辺にあるアウガも経営的に怪しいままであり、さらに北海道新幹線が開業すると、青森駅の拠点性がほとんど無くなる以上、費用対効果の観点から駅舎建設そのものをより慎重に吟味すべきであり、むしろ時間を掛けるのが望ましいですね。

過激な表現ではありますが、そもそも青森県民は、在来線鉄道の存在をナメていると私は思っています。そういった意味からも、駅周辺整備は結論を急ぐべきではないですね。

逆に、市役所がまともに機能しなければ、そもそも駅周辺を含めた都市整備自体ができんわ、とも思います。

ということで、この両者の選択、庁舎優先で迷う必要はないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »