« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »

2014年1月26日 - 2014年2月1日

2014年1月31日 (金)

今更ながら、E7系

久しぶりに車両ネタです。しかも今更感が漂いますが、E7系について。

このネタを今アップする理由は、本業がメチャクチャ忙しいってのもありますが、報道公開時の情報や12月の時点で明らかになっていたデータでは、個人的には満足していなかったっていうものです。

さてE7系、個人的には北陸勾配区間の走行性能を上げていないという点で、少々残念かと思っています。まあ20年の時間を経ても通用しているという点でE2系の完成度の高さの裏付けということなんでしょうか

スペックを見渡して改めて思うのは、E7系はE2系を基本に改良を加えつつ、一部E5系のメカニズムを取り入れているという車両であるってことです。

車両構体はE5系をベースにしており、中間車においては0.8~1.6t軽量化されています。その恩恵により、電動機の出力が300kW/台とE2系およびE5・E6系と同一ながら、トン当たり出力はE2系19.6kW(N編成)に比べ、22.1kwと向上しています。

この他主回路や基礎ブレーキ等、E5系ベースだったり、環境基準への適合速度や動力性能、制振装置の使い方はE2系がベースだったりと、製造する時代の違いと整備新幹線区間の最高速度などを考えると、開発のアプローチはこういった流れにはなるかと納得できるものです。

ただ、ブレーキ性能は上がっているわけなので、勾配区間の走行速度が上がって欲しかったなとは思います。そうしなかったのは、電力設備的の容量的な問題があるのかな~と個人的に想像しています。

あとは快適性や静粛性がどれほどのものかですが、これは実際乗り比べてみないと何とも言えません。

皆さんの感想はいかがでしょう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その5

今回は、飛鳥高架橋工区です。

お馴染みのカットですが、
201312_56_2 201312_57 201312_58 201312_59
左写真が新青森方面、右写真が奥津軽(仮称)方面。
新富田き電区分所沿いの市道から。

北へ移動して。

201312_62_2 201312_63 201312_64
農道より。
左写真が新青森方面、右写真が奥津軽(仮称)方面。

さらに北へ移動して。
201312_67 201312_68 201312_69
こちらも左写真が新青森方面、右写真が奥津軽(仮称)方面。
電化工事がほとんど終わってるんじゃないかと思わされてしまいます。

瀬戸子川左岸から新青森方面を。
201312_70
大体工区境界の位置ですが、望遠入ってます。

次は瀬戸子高架橋工区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月2日 - 2014年2月8日 »