« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »

2014年10月26日 - 2014年11月1日

2014年10月27日 (月)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2014年9月~その7

今回は、木古内・新函館北斗です。

まず述べておきますが、木古内付近も新函館北斗付近も、すでに他の方が撮影してくださっているので充実した内容は他の方にお任せしまして、その代わり当blogは青森県内の写真点数なら誰にも負けるつもりはないぞ、ということです。

さて、木古内は時間の都合上スーパー白鳥車内からの撮影しかできませんでした。悪しからず。

20149_296 20149_297 20149_298 20149_299

20149_300 20149_301 20149_302
パッと見はさすがにほとんど完成ですね。

そして、新函館北斗ですが・・・・・・、

滞在時間わずか15分

この体たらく(?)です。

函館発七飯行きの列車に乗り七飯に降り立った後、一瞬徒歩で渡島大野まで行ってみようかと思いましたが、それはやめてタクシー移動しました。2年前の5月と同様ですね。

平日で作業員の数が多かったこと、渡島大野発函館行の列車がちょうどうまい具合に乗れること、復路にて新在共用部通過時に日が暮れると意味がないことなどの理由からこうなったわけです。一瞬次の列車まで付近をウダウダ徘徊するかとも考えましたが、こういった理由でやめました。では写真をどうぞ。

まずは外観。
20149_244
タクシーを降りてすぐ撮りました。結構シブくて自分好みだったりして。

在来線ホームへは新幹線本線を潜って行き来します。
20149_250
奥が在来線方面。
そしてこれは新幹線ホーム方面。
20149_251
奥に何か見えるかな~とも思いましたが、見えませんでした。

在来線ホームへ上がり、工事用フェンスの上から駅舎内を覗いてみると、
20149_253 20149_255 20149_257 20149_258
こんな感じです。

同駅の特徴は在来線との対面乗換なので、在来線との接続部も注目。
20149_259
こんな感じです。

札幌方に目をやると、
20149_260 20149_261
掘削工事が始まったばかりの村山トンネル。

さて、同じ位置から
20149_262
在来線部をもう1枚。

函館方面への跨線橋の窓から。
20149_263
お昼休み中の作業員さん、写しちゃってごめんなさい。

跨線橋から札幌方。
20149_264 20149_265
村山トンネルや工事用作業車が見えます。
右写真はズーム。

さて、こちらは函館方。
20149_267
在来線ホームを手直ししている真っ最中。

上りホームから函館方。
20149_269 20149_270
右写真はズーム。

在来線副本線側。
20149_271 20149_272
右写真はズーム。

列車に乗る直前に、
20149_273
跨線橋ごと1枚。

函館行キハ40系車内から。
20149_274 20149_275 20149_276
まず駅舎部。
乗り換え改札部がよくわかります。

函館総合車両基地。
20149_277 20149_278
着々と設備が出来上がってきています。

しかし、新函館北斗、現在上り1線相対式+下り2線(島式、開業時は暫定1線のみ軌道敷設)となっているわけですが、欲を言えば新潟方式にしてほしかったですね。

新潟は在来線高架化工事を実施中ですが、同駅11番線(新幹線副本線)の北側に在来線特急乗り換え用の島式ホームを設置して対面乗換とする方式となる予定です。新函館北斗は新幹線上り本線ホームに直接在来線乗り換えホームを設置するという構造を採っているわけです。将来もこのまんまなんでしょうか?

まあ八戸も新青森開業後は副本線をほとんど使用しなくなっているほど盛岡以北は本数が少ないし、青函間は恐らく東北・北海道新幹線間で最も本数が最少になると予測されるわけで、札幌開業時は札幌方にシーサスポイントを造って下り副本線に列車を逃がすことで何とかなると踏んでいるんでしょうけれどね。

ただ、新函館北斗で上り方面の新幹線の緩急接続ができない構造を採っているというのは、将来的に見てちょっと心配です。長万部あたりでやったり、あるいはそもそも不要と考えてるんでしょうか?

ともあれ、無事H5系の車両の搬入が済み、12月から試運転開始など、開業に向けて着々と進んでいますね。

欲を言えば開業前にもう1度訪れたいもんです。

次回はレポートとしては最終、新在共用区間です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »