« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »

2014年7月6日 - 2014年7月12日

2014年7月12日 (土)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2014年6月~その5

今回は、飛鳥高架橋工区です。

工区起点、浜田川橋梁から。
20146_106 20146_107
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。

同じ位置から奥津軽いまべつ方面をズームしたもの。
20146_110
種類はわかりませんが、作業車両が高架橋上にありました。

本線の西側から。
20146_113 20146_112 20146_111
左が奥津軽いまべつ方面、右が新青森方面。
奥に写るき電区分が邪魔なので、こちらからも撮りました。

本線東側から。
20146_114 20146_115 20146_116 20146_117
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。

門戸に異変が見えたので、
20146_118
「新富田き電区分所」と看板が掛けられていました。

1本北側の農道より。
20146_119 20146_120 20146_121
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。

高架橋沿いに北へ移動する途中、
20146_122 20146_123
こいつを見つけました。「680」の距離標です。

さらに北へ進み、農道から。
20146_124_2 20146_125_2 20146_126_2
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。

次回は瀬戸子高架橋工区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2014年6月~その4

今回は、羽白高架橋工区です。

工区境界付近に「677」の距離標があったので、
20146_78
まずパチリ。

ちょっとだけ離れて、
20146_84 20146_83 20146_82
左が奥津軽いまべつ方面、右が新青森方面。

市道より。
20146_88 20146_87 20146_86_3 20146_85
こちらも左が奥津軽いまべつ方面、右が新青森方面。
左2枚の写真の防音壁の高さに注目。
このあたりから住宅地に差し掛かってくるため、恐らく騒音対策から防音壁高が上げられています。

富田架道橋付近。
20146_91 20146_90
左写真が新青森方面を撮ったもの、右写真は本線西側から富田架道橋を撮ったもの。
油川市民センター近くのお馴染みの場所です。

こちらもお馴染みの場所。ローソン青森羽白店駐車場より。
20146_92 20146_93
右写真はズーム。数字の判読はできませんが、距離標が見えます。

ローソン青森羽白店出入り口の歩道から。
20146_94 20146_95
右写真はズーム。

距離標の字が判読できるポイントを見つけたので、
20146_96 20146_97
「678」の文字が。

お馴染み、青森県民生協生協はまなす館そばより
20146_98 20146_99 20146_100
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。

少々北へ進み、農道より。
20146_101 20146_102 20146_103
こちらも左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。
ここ3枚目の写真に注目。
ここでやっと防音壁高が低くなります。

GPSデータを使って通過速度を想定してみましたが、防音壁高が上げられてる箇所を、上り列車は新青森停車に向けて減速する場合は170~135km/hくらい、下り列車は新青森から加速していく場合は165~200km/hくらいで通過するかと思われます。

工区終点付近。
20146_104 20146_105
左が新青森方面、右が奥津軽いまべつ方面。
右写真に写っているのは浜田川橋梁です。
防音壁高が上げられているのは、浜田川橋梁のやや新青森寄りまで。

浜田川橋梁の橋脚に建植された架線柱に、
20146_108
「679」の距離標がありました。

次回は、飛鳥高架橋工区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月29日 - 2014年7月5日 | トップページ | 2014年7月13日 - 2014年7月19日 »