« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2014年6月~その2

今回は、大平高架橋工区です。

まずはお馴染み、館沢トンネル真上から。
20146_372 20146_374
左がズーム無し、右がズーム。
確かここは新幹線は勾配を下って在来線と合流していくんですが、それがよくわかりますね。

トンネル坑口の近くが写るように、
20146_375
まあこちらもおなじみのカットですが、防音壁が完成し、電化工事真っ最中といったところ。
と言っても、まだ饋電線すら張られていませんでした。

一気に新在共用部起点のすぐ南側より。
20146_438 20146_437 20146_436
本線西側から撮影。左写真が奥津軽いまべつ方面、右が新青森方面。
電化工事真っ最中なのは、大平線路橋の新青森側であり、奥津軽いまべつ側は未だ手付かずです。

一気に、大平トンネル真横。
20146_444 20146_443 20146_442
訪れてみてだいぶ様変わりしてました。

新幹線路盤が写るように移動して撮ったのがこちら。
20146_448 20146_446 20146_447
上3枚とともに、左写真が奥津軽いまべつ方面、右が新青森方面。

今回は、セキュリティ上、載せる写真はこういったカットでご勘弁ください。
代わりに状況を文章で説明すると、
・坑口すぐそばに建築物基礎がある。詳細は分からないが、新中小国第2 信通機器室ってやつか?
・これに伴い、このあたりに不法廃棄(?)されていたバスが撤去され、さらに整地、用水路改修がされ、すっきりしている。
というものでした。
ちなみに、大平トンネル真上に行こうとはしましたが、工事用車両で塞がれており、進入できませんでした。

次回は、一気に工事起点側へ戻って、岡町高架橋工区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2014年6月~その1

お待たせしております、北海道新幹線青森県内部分レポート、2014年6月分を始めます。

写真を撮り終わってから18日後からレポート開始という立ち上がりの悪さ、ご勘弁ください。

さて、変化著しい奥津軽いまべつから。

20146_3 ←道の駅 半島ぷらざアスクル(休止中)出入口付近から。
下側が駐車場、奥が奥津軽いまべつ駅の駅舎⇔通路⇔昇降棟。
この出入口から駐車場への通路が造られています。

津軽今別の階段を上がり、さらに現・海峡線下り本線の軌道中心上から。
20146_7 20146_9
こちらは新青森方面、

20146_10 20146_12
こちらは木古内方面です。

さて、新幹線ホームの構体ができている様子を写真にはおさめたんですが、取り直したもののほうが出来が良かったので、いきなり海峡線上りホームへ。
20146_16 20146_18
まず、この2枚。
駅舎ですが、ここでお浚い。
奥津軽いまべつの新幹線ホーム部は2面3線の相対式ホーム、副本線は下り線側に設けられることになっています。
右写真では写真の真ん中から右にかけて3本縦方向に鉄柱が見えますが、これは下り本線と下り副本線の間にあるもの。

海峡線ホームの南端にて。
20146_22 20146_24
単純にズームなしとズーム撮影の並び。
現在の海峡線上りホームと下りホームは南北に少々ズラされているので、上りホームからは駅舎部にあまり引っかかっていません。

海峡線上りホーム北端より。
20146_27

新幹線路盤の様子はというと、
20146_28 20146_29
こんな感じでした。海峡線上下線間の踏切から撮影。
左が新青森方面、右が木古内方面。
この写真の撮影当日はゆっくり撮れなかったので、取り直したものはまた下に載せました。

今度は海峡線下りホームへ上がり、南端へ行きながら・・・。
20146_34 20146_33 20146_31 20146_30
駅舎⇔通路⇔昇降棟の並び。

海峡線下りホーム南端より。
20146_35
新青森方面。

南端から北端(津軽今別駅出入口方面)へ戻る途中で。
20146_37
駅舎を南側から。

作業員さん、ごめんなさい。
20146_38
ホームの上屋部分と思われます。

上の写真の真下の部分。
20146_39
少し前は基礎部分だけでしたが、今やこんなになっています。

同じ位置から。
20146_40 20146_41
昇降棟⇔通路⇔駅舎の並び。

この大きな穴は・・・・・。
20146_43
エレベーターあたりでも入るんでしょうか?

改修中の駅前広場から。
20146_45
駐車場と昇降棟がお出迎えという感じですね。

さて、「同業者」や作業員さんがそれなりの数でいらしており、特に新幹線本線路盤あたりゆっくり撮影できなかったので別の日に出直したわけですが。

奥津軽いまべつ南方、新在合流ポイント付近。
20146_461
よくわかりませんが、路盤が造り直されているような感じです。

そして、以前見たとき駅東側によくわからないコンクリート構造物があるなと思っていたら・・・・・・。
20146_462 20146_463
階段が設置されていました。
非常用・業務用階段でしょうか?

さて、再び新幹線本線路盤部分。
海峡線上下線間の踏切上から。

木古内方面。
20146_467 20146_468 20146_469
ズーム無しとズームの並びです。

新青森方面。
20146_473 20146_474 20146_475
こちらもズーム無しとズームの並び。

新幹線ホーム。
20146_477 20146_476
左が上りホーム、右が下りホーム。

津軽今別ホームへの通路から。
20146_480
駅前広場全景。

最後に、おまけ。
20146_482
県道から撮影。
軌道用PCマクラギです。三線軌用じゃありませんでしたね。

次回は大平高架橋工区です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

軌道が原因でなければ、さすがにJR北海道を責めるのはかわいそう

北海道新幹線の今回のレポートを開始する前に、江差線内の貨物列車脱線のニュースが飛び込んできました。

今回は札苅駅ですが、2012年にも2回同線区で脱線事故が発生していたのは記憶に新しいところ。

今回は今のところ原因はわかっていませんが、軌道が原因でなければ、今回はJR北海道を責めるのは非常に気の毒な話です。行ってみればJR貨物の車両のせいで脱線ということになるんですからね。

はたして、軌道が問題なのか、車両が問題なのか、原因についての続報を待ちましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PC復旧完了!!

ご心配おかけしました、青湘遊郎です。

PCの復旧、無事完了しました。

前回の記事でHDD購入して自力復旧するぞ的なことを申し上げましたが、デルサポが示した金額が3万円程度とされてきたことに比べ、12,000円あたりで済みました。

まあ、その代わり、昨日の日曜日はほぼ完全に引き篭もる羽目になってしまいましたけど(泣)

今回は現行PC購入時に作ったWindows7のリカバリーディスクが役に立ちました。
物好きでWindows8.1まで入れていましたので、これへバージョンチェンジするのと、iTunesの音声データの復旧は少々手間取りました。

特にiTunesの音声データは、エクスポート作業を完全にサボっていましたので、あるソフトをかませてiPodから音声データを抽出→iTunesにブチ込むという、少々めんどくさい作業をしました。ただ、またCDを1枚1枚読み込ませるよりは全然マシでしょう。

HDDのパーティション分けとWindows8.1のリカバリードライバーを作るぐらいまではやりたかったので、本日その作業を実施し、晴れて計画していた全復旧作業が終了したというわけです。

というわけで、やっとまともに記事が書けるぞ!

・・・・・・と、ムードがガラッと変わってしまいますが、この話題から始めるか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

ただ今PC復旧作業中。

先日お伝えしたPCの不調の件の続きです。
ダマしダマしいけると見込んでましたが、やっぱりダメでした。
デルサポにtelすると、3万くらい掛かるっつーことで、同じ容量のSATA HDDを買って自力での復旧をすることにし、現在作業中です。いまOSが立ち上がるかといったところ。

もう少しでPCからの書き込みを再開できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

ヤヴァい!!~PC不調!!

む~、調子悪い。

PCが絶不調です。HDD逝っちまったか?

とりあえずHDD内のデータを全力移動中です。

新幹線関連のデータは外付けHDDに退避が無事完了したので、PCがいきなり力尽きてしまったり、修理に出さない限りダマしダマし記事アップは可能ではあります。

早いとこデータ移行してサポートにtelしたいですが、ちょっと時間かかるかも・・・・・。

ということで、せっかく取材してきたばっかりなのに、記事アップのペースを上げられないかも。

皆さん、ご迷惑おかけしますが、引き続きお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

2014年6月~はやぶさ26号各駅通過時刻と平均速度

今回は、はやぶさ26号(3026B)です。

まずはおことわり。
この日は山形新幹線(奥羽線)において架線支障があったため、少々遅れが出てしまったので、お含みおき下さい。

上り 駅間
    距離
  時刻表所定 実際通過時刻 駅間
    所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
    平均速度
備考
新青森   15:52 15:52:27    
  45.70       0:12:24   221.1290323  
七戸十和田       16:04:51   256    
  36.10       0:10:24   208.2692308  
八戸   16:15 16:15:15    
16:16 16:16:50  
  30.90       0:08:41   213.512476  
二戸       16:25:31   253    
  34.60       0:08:09   254.7239264  
いわて沼宮内       16:33:40   255    
  31.10       0:10:00   186.6  
盛岡   16:44 16:43:40    
16:50 16:50:54
  33.40       0:08:17   241.9315895  
新花巻       16:59:11   314    
  14.50       0:02:47   312.5748503  
北上       17:01:58   316    
  17.30       0:03:15   319.3846154  
水沢江刺       17:05:13   314    
  25.00       0:04:45   315.7894737  
一ノ関       17:09:58   318    
  20.60       0:03:57   312.9113924  
くりこま高原       17:13:55   315    
  21.90       0:04:10   315.36  
古川       17:18:05   316    
  38.40       0:10:35   217.7007874  
仙台   17:29 17:28:40    
17:30 17:30:54  
  39.20       0:11:13   209.6879643  
白石蔵王       17:42:07   298    
  31.10       0:05:54   316.2711864  
福島       17:48:01   315    
  41.20       0:07:54   312.9113924  
郡山       17:55:55   311    
  35.50       0:08:40   245.7692308 100km/hまで減速
新白河       18:04:35   109    
  26.00       0:07:08   218.6915888  
那須塩原       18:11:43   253    
  43.40       0:08:29   306.9548134  
宇都宮       18:20:12   268    
  28.70       0:06:18   273.3333333  
小山       18:26:30   272    
  49.00       0:13:12   222.7272727  
大宮   18:38 18:39:42    
18:39 18:42:04  
  27.70       0:23:26   70.92460882  
上野   18:58 19:05:30        
18:59 19:06:37        
  3.60       0:04:19   50.03861004  
東京   19:04 19:10:56    

201406103026b ←GPSデータをjpeg化したもの。

上記による遅れが影響し、7分程度の延着となってしまっています。上野の手前でも4回くらい機外停止くらいましたし。

仙台の時点で運行情報が流れたので、これは怪しいな~と思ってたんですよね。

さて、郡山までは定時走行していたと思われますが、まずはその辺から。

盛岡以北は大体255km/hあたりでの巡航、盛岡-仙台間は315km/hあたりでの巡航をしていたようです。

仙台-福島間は下り列車もそうですが、速度を控える傾向があるようで、この日は300km/hオーバーとなったのは白石蔵王通過後でした。

新白河-那須塩原間はこの日は275km/hにすら届かなったようで、那須塩原通過後は316km/h程度で巡航、宇都宮通過後は272km/h程度で巡航となっていました。

この結果、大宮着は時刻表通りの時刻で到着できていますが、先行列車の延発により、大宮発車が3分延、あとは上記の上野機外停止により遅れが拡大というわけです。

こういう時、東京駅のホームがギリギリの状態であることを思わされますね。
もう1~2線ホームがあればもう少しマシになっていたでしょう。
まあ、今回はものの数分遅れただけなので、別にいいんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月~はやぶさ13号各駅通過時刻と平均速度

久しぶりの各駅通過時刻とGPSデータです。
まずは3013Bから。

下り 駅間
距離
  時刻表所定 実際通過時刻 駅間
所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
平均速度
備考
東京   10:20 10:20:32    
  3.60       0:04:28   48.35820896  
上野   10:25 10:25:00    
10:26 10:26:28  
  27.70       0:18:38   89.19499106  
大宮   10:45 10:45:06    
10:46 10:46:46
  49.00       0:12:42   231.496063  
小山       10:59:28   253    
  28.70       0:07:02   244.8341232 一旦190km/hまで減速
宇都宮       11:06:30   238    
  43.40       0:08:30   306.3529412  
那須塩原       11:15:00   315    
  26.00       0:05:00   312  
新白河       11:20:00   315    
  35.50       0:06:45   315.5555556  
郡山       11:26:45   313    
  41.20       0:08:09   303.3128834  
福島       11:34:54   309    
  31.10       0:06:03   308.4297521  
白石蔵王       11:40:57   308    
  39.20       0:11:23   206.6178624  
仙台   11:52 11:52:20    
11:54 11:54:18  
  38.40       0:09:45   236.3076923  
古川       12:04:03   313    
  21.90       0:04:09   316.626506  
くりこま高原       12:08:12   313    
  20.60       0:04:05   302.6938776  
一ノ関       12:12:17   306    
  25.00       0:04:50   310.3448276  
水沢江刺       12:17:07   312    
  17.30       0:03:20   311.4  
北上       12:20:27   313    
  14.50       0:02:47   312.5748503  
新花巻       12:23:14   313    
  33.40       0:09:04   221.0294118  
盛岡   12:33 12:32:18    
12:37 12:37:25  
  31.10       0:09:38   193.7024221  
いわて沼宮内       12:47:03   253    
  34.60       0:08:09   254.7239264  
二戸       12:55:12   255    
  30.90       0:09:13   201.1573237  
八戸   13:04 13:04:25    
  13:05 13:05:56  
  36.10       0:09:49   220.6451613  
七戸十和田       13:15:45   253    
  45.70       0:12:52   213.1088083  
新青森   13:29 13:28:37    

201406073013b ←こちらはGPSデータをjpeg化したもの。

全体的な印象としては、大宮-宇都宮間では余裕がありすぎるかというところ。
今回は宇都宮でそのまま加速するかと思いきや、逆に減速し、再加速しましたからね。
時刻表を確認すると、原因は207Bであることが一発でわかるわけですが。

それと郡山-仙台間では、ちょっとだけさらに余裕をつけているようです。巡航速度を5km/h下げていました。

仙台-盛岡間については、一旦一ノ関近くで280km/h近くまで減速し、さらに新花巻以北で巡航速度を10km/h下げて流して盛岡へという走り方でした。

盛岡以北は巡航速度は250km/h内外ですが、松森トンネル(青森市)を抜けるところで240km/h以下になっています。
おそらく八甲田トンネル内ですでに流し始めていたのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

決定~北海道新幹線駅名

今回は、ズバッとタイトル通りです。

起点側から確認しましょう。

新中小国(信)

奥津軽いまべつ

湯の里知内(信)

木古内

新函館北斗

赤字が仮称であった駅名、黒字は既存の名称から変わらず、緑字は仮称だった信号所の名称です。

まずは意外だった点から。
JR北海道のプレスリリースを見て気づいたんですが、新中小国信号所って、仮称扱いだったんですね。全く意識してませんでした。

さて、本論に参りますが、私は6/4付けの記事でやや懐疑的な意見を言いました。しかし、新函館とだけまとめるよりもマシとも思ってはいましたね。
こういった中、「北斗」の言葉は入るのが気に入らない方からコメントを頂いたりしました。
かつて私が申し上げた繰り返しになりますが、駅とは場所を表すものなので、所在地を表す言葉が入るのが望ましいと思っています
JR北海道は「新函館北斗」の名付けをした理由を「函館行きであると分かることと、函館駅から約18キロ離れており、すぐ隣でないことが分かること」と説明しています。
函館から近くて遠いっていう自覚があるようですし、結果的に所在地である北斗の名前も入ったので、まあ強引にまとめたなという印象です。

当ブログをご覧の方々に1つ言わせていただくと、

ネームバリューのある函館、所在地である北斗の両方の名前がつけられてたんだから、これ以上文句言うな

です。

それにしても駅名って地元にとっては非常に大事に思われている以上、最近ではどんどん長くなる傾向が見られます。いい加減長い駅名は辟易してくるので、平仮名での字数制限、そろそろ設けたらどうかと思いますね。

さて、新青森-新函館(仮称)の駅名が正式決定したということで、今後当blogでは駅名表記は正式名称に切り替えてまいります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

帰って参りました~。

こんばんは、青湘遊郎です。取材から本日帰ってまいりました。

さて、今回はいつもの工事レポートのほか、ここ数回すっ飛ばしていた各駅通過時刻とGPSデータを載せてみたいと思います。
今回ははやぶさ・こまちのパターンダイヤの列車を指定して乗車したので、E2系と比較してみるとなかなか見ごたえがあるんじゃあないでしょうか。

ここで予告ですが、ご承知のとおり北海道新幹線新青森-新函館間は、土木工事が終了しており、現在軌道・電気・建築工事を実施中です。青森県内部分においては、高架橋区間が結構連続していますが、さすがに軌道工事の進捗はなかなか確認ができません。八戸-新青森間に比べて、軌道を高い位置から見下ろせるスポットが数少ないもので。
ということで、全工区の写真を載せるのは今回が最終とさせていただきます。

今回、欲を言えば今回は北海道方面まで足を伸ばしたかったんですが、クソ真面目な用事もあったので、さすがに無理だった・・・・・。次回は絶対行ったるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

ただ今移動中

皆さん、おはようございます。
青湘遊郎です。

え〜、皆さんにロクにお知らせしてませんでしたが、ただ今青森に向け移動を開始してます。

今回クソ真面目な用件があり北海道新幹線の取材ができるかが直前まで怪しかったんで、お知らせが今になってしまいました。

まあ、何にしろ青森も梅雨入りしてるので天気が心配ですが、とりあえずは行って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

新函館北斗って何なんず?

結構久しぶりの記事になってしまいました。

さて、本日ですが、ダラダラとネットのニュースをチェックしていたところ、変な字面を見かけました。

新函館北斗

???

北海道新幹線の新函館(仮称)駅(現:渡島大野)の駅名案です。これは北海道が発案し、JR北海道に提案するというもの。このままいったらこれで決まりそうです。

これまで新函館やら北斗函館やら、駅名で結構揉めていたようですが、それにしても情けない。
たかが駅名、されど駅名ですが、北陸新幹線の黒部宇奈月温泉よりもマシとは言え駅名が長い上、駅が所在していない地名が頭にきて、これじゃあある意味詐欺ですがな
駅の所在地は函館市じゃなくて北斗市ですよ、北斗市

某ネズミ園が東京ではなく千葉県浦安市に所在するって例など、探せばこういうのは数多いと思いますが、駅名で所在地を誤解されるようなこと、やめたほうがいいんじゃないかなあ・・・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »