« H5系と4時間10分 | トップページ | 盛岡-七戸十和田間、走行試験の意味 »

2014年5月 3日 (土)

10月、北海道新幹線、設備検査開始

乗り遅れギリギリセーフということにしていただきたいのですが・・・・・。

http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140502-2.pdf

ということです。

夜行列車については、まあそうだろうなというところなので割愛するとして、車両を使用した検査は、
・平成26年新在共用区間をEH-800を使用、
・平成26年12月からは奥津軽(仮称)-新函館(仮称)間、新幹線車両を使用、
・平成27年度には新青森-奥津軽(仮称)間を含む全区間へ拡大
新幹線新設区間は新青森側からEast-iを送り込むかと思いきや、北海道側からやってくるとは・・・・・
まあ土木工事の工程上そうなるのは想像はできますが。
ただ、新幹線車両については「H5系を使って」とまでは書いていないので、East-iをバラして新函館(仮称)から入れるとか・・・・・、まさかね。

これについては九州新幹線800系U001編成の例があり、必ずしも「いかにも検測車」っていう車両を使う必要はないので、普通に考えればこの方式で行くんでしょうね。少々斜め上の予測をすれば、East-iの後継車を投入するというものですが、流石に時期が間に合わないか。

さて、取材はどうするか。
次回は6月やるとして、その次は10月に合わせてみようか。

|

« H5系と4時間10分 | トップページ | 盛岡-七戸十和田間、走行試験の意味 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/56040454

この記事へのトラックバック一覧です: 10月、北海道新幹線、設備検査開始:

« H5系と4時間10分 | トップページ | 盛岡-七戸十和田間、走行試験の意味 »