« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月18日 (日)

(番外編)CHAGE & ASKAの復活は、永遠に無いものと思うべき

今回は、当blog初の芸能ネタです。まずはこちらを・・・・・・・。

今夜もクスリを射ち込んだ 若者がいる
自分の中のもう一人に 押し返されて

夢を買うにせよ コントロールが必要だ

こういう詩を書いていた張本人が5/17に逮捕されました。

そう、ASKA(本名:宮﨑 重明)容疑者です。

上記は1998年リリースのソロアルバム「kicks」のタイトルチューン、kicks streetという曲の歌詞の一部ですが、若者とオッサンの違いはあるとして・・・・・、

これ、アンタそのまんまなやないですか

実は、私の青春時代はCHAGE & ASKAの楽曲、特にASKA曲と共にありました。中途半端に音楽をかじっている私にとって、彼の歌の表現(とくに歌番組やライブでCDからリズムをちょっと崩すバリエーション)の豊かさは尊敬すべきと思っており、面白味のないボーカリストが多い日本の中ではトップクラスであると思います。

いろいろな報道などで活動の経緯はお調べいただくことができるでしょうからそれは省略しますが、私が宮﨑容疑者に対して、様子そのものに違和感を覚え始めたのは2000年以降で、1996年から1999年までCHAGE & ASKAとしての活動が3年間ストップしてしまったあたりにその前兆があったと思います。

この頃はちょうど2度目のASIAN TOUR(ASIAN TOUR II - MISSION IMPOSSIBLE)を行っていた時期で、フジテレビ系列でドキュメンタリーも放映されました。その後3年を経てやっとCDをシングルとアルバム各1枚リリース、翌年の2000年にいきなり韓国公演です。

テレビのドキュメンタリーで本人自身が「(興業的には)ものすごく赤字だと思うんですよ」と言っていたし、今回の騒動で2000年の韓国公演は失敗し負債を抱えた事務所が倒産したとの報道が一部にありますが、これが2つとも事実であれば、大規模海外公演→ほとんどCDリリースなし→韓国公演と、事務所が得る収入よりも出す金の方が圧倒的にデカいことも想像でき、前事務所の「リアルキャスト」がこの世から消えたのは、彼が原因と思えてしまいます。

さて、彼自身に関する違和感の話に戻りますが、精神的なバランスを崩している人間独特の雰囲気が次第に強くなり、だんだんいわゆる「アブナイ人」になっていくのが、過去にリリースされた映像作品を見ても確認できます。

かつて言われていた声の不調は戻ってきたのとは逆に、歌う時の表情は暗く目を瞑りっぱなしでライブを楽しんでるとは思えないもの、MCトークの呂律は現在に近づくにつれ回らなくなっていき、内容もおかしくなってきていました。
(ちなみに、私はこういう様子を見てられないのでMCはカットして映像を見てました)

怪しいな~と思っていたところ昨年、CHAGE & ASKA復活イベントライブ開催発表→「一過性脳虚血発作(TIA)」を理由に延期を発表→薬物使用報道→5/17の逮捕ときたわけですが、私は大して衝撃は受けませんでした。

現在のところ本人は容疑を否認しているようですが、自分の尿から薬物の陽性反応がでて、さらに自宅から薬物が押収される状況、否認に根拠がなければさっさと自白して欲しいですね。そもそも使う覚せい剤の種類によってはTIAも出るのではなかったかしら?

先ほどのASIAN TOURと韓国公演の話と絡めますが、ここの部分を書きながら、当時所属事務所にとっても利益が出る形にしないまま「やったほうが絶対いいって!」と強行実施したイメージをしてしまいました。ひょっとしたら勘だけで海外公演を強行し、今回も「否認続けていれば絶対いい」とでも思ってるんでしょうか?

意図の有無はさておき、宮﨑容疑者は結果的に大ウソ付きの犯罪者に落ちぶれてしまったわけです。

これからASKA曲が誕生するか、ひょっとしたらしない可能性の方が高いとも思います。そういうことで、ファンの方々もCHAGE & ASKAはもう復活は永遠に無いものとした方が気が楽でしょうね。
今回の事件で、私はこう思っています。
歌そのものには尊敬は続けるが、ただそれだけ、人間としては認めるつもりはありません

しかし、尊敬した人を扱き下ろすことになろうとは・・・・・・、人生わからないもんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

盛岡-七戸十和田間、320km/h化へ生ぬるく期待します。

ダラダラとネットをする中RABのサイトを見たところ、盛岡-七戸十和田間の走行試験に触れたニュースがアップされていました。

これは定例記者会見のものですが、JR東日本自身は、盛岡以北について、可能であればさらなる速度向上をさせたいとしました。

一方でそれが難しいのもわかっているようで、環境基準を満たさないと320km/hを当然やるつもりは無いですね。

さて、参考までに。

http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kankyo/kankyo/files/2014-0311-0829.pdf

青森県内は現在は騒音基準超過の地点はありません。だから新青森まで高速化してもいいじゃん、と思われがちですが、私がふと思い出したのは、八戸-新青森間の開業時にあたり、に、青森市合子沢地区の騒音・振動が報道されたことです。

ここで問題の地区をどのくらいの速度で通過することになるのかを、手持ちのGPSデータを使って確かめてみました。
現行の最高速度260km/hの場合では上りは青森市野木地区でトップスピードとなり、下りは細越トンネル手前から減速しています。
仮に七戸十和田-新青森間全区間を320km/h化すると、問題の地区を上り列車は280km/hくらい、下り列車は320km/hで通過することになってしまうと思われ、苦情が発生している以上は高速化ができないということになってくるでしょう。
こういったところが試験区間を新青森としていなかったり、七戸十和田-新青森間320km/h化についての検討を述べていなかったりしている原因なのかもしれません。

だったら、320km/h区間を八甲田トンネル以東に絞るとかしてなんとかしてくれませんかね、などと言いたくなりますが、それは今後に期待するとして、試験の結果がどのようになるか、要注目です。
前回の記事でも述べましたが、とりあえずは期待しすぎないように見守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

盛岡-七戸十和田間、走行試験の意味

少々前の話。

わけあって4/25~4/28まで青森に行ってきていましたが、その最中にこ~んな記事が。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2014/20140425083849.asp

文章に大嘘が混じっているのはともかく、これをどう読むか。

妙なのは、試運転区間が盛岡-七戸十和田間であるという点です。なんで新青森までじゃないんだろ?

盛岡-八戸間はかつてE2系で320km/h、E954形とE5系で360km/h試験をやったことがあります。
今回は八戸-七戸十和田間が延長されているわけですが、その意味するものはいかに?
私が想像するに、八戸-七戸十和田間が延長されている理由は八戸通過を試験項目に挙げているといったところでしょうか。八戸駅構内を320km/hで突っ切るのか、あるいは260km/hに落として通過するのかはわかりませんけどね。

一応整備新幹線区間の高速化が期待されますが、恐らくそのために必要なデータを集めるというのが今回の試験の目的でしょう。そして高速化をやるとしたら、まずは開業後11年以上経っている盛岡-八戸間に限定し、八戸-新青森間の高速化はまだまだ先なんじゃあないでしょうか。

何度も言うように騒音基準Ⅰ類型70dBのクリアができなければ話になりません。一部でⅡ類型75dBと類型指定されている箇所はありますが、それはごく一部ですから、260km/hだろうが320km/hだろうが70dBで走行できなければならないことは同じなわけです。これが相当難しいのは容易に想像できます。

盛岡以北の高速化は、現時点では本当に誰も何も言えません。
この走行試験には期待しすぎずにじっくり見守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月、北海道新幹線、設備検査開始

乗り遅れギリギリセーフということにしていただきたいのですが・・・・・。

http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140502-2.pdf

ということです。

夜行列車については、まあそうだろうなというところなので割愛するとして、車両を使用した検査は、
・平成26年新在共用区間をEH-800を使用、
・平成26年12月からは奥津軽(仮称)-新函館(仮称)間、新幹線車両を使用、
・平成27年度には新青森-奥津軽(仮称)間を含む全区間へ拡大
新幹線新設区間は新青森側からEast-iを送り込むかと思いきや、北海道側からやってくるとは・・・・・
まあ土木工事の工程上そうなるのは想像はできますが。
ただ、新幹線車両については「H5系を使って」とまでは書いていないので、East-iをバラして新函館(仮称)から入れるとか・・・・・、まさかね。

これについては九州新幹線800系U001編成の例があり、必ずしも「いかにも検測車」っていう車両を使う必要はないので、普通に考えればこの方式で行くんでしょうね。少々斜め上の予測をすれば、East-iの後継車を投入するというものですが、流石に時期が間に合わないか。

さて、取材はどうするか。
次回は6月やるとして、その次は10月に合わせてみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »