« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その12 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その13 »

2014年3月16日 (日)

JR北海道の新幹線車両、いよいよ誕生

いつもの通り乗り遅れてしまっていますが、JR北海道が新幹線車両製造を発注したそうで。

E5系がベースとなるのは当然として、どんな姿で出てくるか。

正直、私はE5系のデザインはあまり好みではないので、環境性能が変わらない様配慮の上、ちょっとデザインは変えて欲しいと思います。

私はE5系はE2系をそのまま320km/h走行に最適化させたデザインと思っており、少々物足りなさを感じています。そもそもE2系のデザイン自体もシンプルなんですよね。

比較のためにデザイナーを調べてみましたが、E2系福田 哲夫 氏(インダストリアルデザイナー)の手によるもので、E5系日立製作所のようです。

JR東日本では、E6系以降の車両は、奥山清行氏(KEN OKUYAMA DESIGN代表)が監修したものが増えてきました。
E6系は登場時はカッコイイと素直に思いましたし、E7系は青色の使い方に私個人は違和感を思えていますが、概ね好評と思います。
同氏が監修した中で驚かされたのが、山形新幹線のE3系。E3系はもともとJR東日本とGKインダストリアルデザイン社が共同で手がけたもので、オリジナルは結構シンプルでしたよね。

山形新幹線E3系の新塗色はやりすぎだろとツッコミを入れてしまいましたが、デザイナーが変わるとこうも印象が変わるのかと思わされます。

とまあ、格好つけて今回は新幹線のデザイナーのお名前を出させていただきながら書いてみましたが、何を言いたいかというと、デザイナーが変われば車両の雰囲気がガラっと変わるので、北海道新幹線車両がどうなるか、楽しみであるってことです。

JR北海道社内デザインでくるのか?あるいはほかにデザイナーを立てるのか?E5系そのまんまか?

車両が完成する日を楽しみに待ちましょう。

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その12 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その13 »

趣味」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

北海道新幹線ね.....  2016年3月開業だよね。
赤字のJR北海道が5編成も発注する金があるのかね? 社長・役員はJR東からの受け入れて...
俺は新函館駅の名称がどうなるのか? JR北海道のE5が何両編成なのか?が気になる。
少なくともE7の12両編成には驚いた。現行「あさま」は8両だよ。
やはり10両以外不可能か.....そして新函館行き「はつかり」となるか??

投稿: ちばなよ | 2014年3月27日 (木) 09時02分

>ちばなよ 様

コメントありがとうございます。

E2系N編成あさまは開業時、従来の特急よりも両数が減り、利用者増もあって混雑感がかなりあった旨の記事が
当時の鉄道雑誌に書かれていたのを記憶しています。
今回は長野-金沢間228kmというかなりの距離が延伸され、それなりの需要増が見込まれることから
12両化に踏み切ったということでしょう。

転じて、JR北海道発注の車両系式の名称はまだ決定してませんが、
E5系ベースで4編成40両発注したということはわかっています。
つまり1編成10両というわけですが、秋田新幹線と併結する限りは最大で1編成10両となってしまいますね。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年3月27日 (木) 17時19分

北陸新幹線 E7系が盛岡に出現!!
 http://www.toonippo.co.jp/tetsu_map/detail.asp?no=3785

きれいだな! 素晴らしい!! 俺は来月長野旅行でこれに乗る。(つもり、予定)
12両編成のE7系は、新青森まで来れるのか??
ところで、北海道新幹線 H5.のデザインも概要が出たらしいが.....

投稿: ちばなよ | 2014年4月18日 (金) 15時54分

>ちばなよ 様
12両編成のE7系は、八戸には来る可能性はありますが、新青森には来ませんね。
ホーム長が足りないからです。

もっとも、新青森は土木構造物の設計上では12両編成対応のところ、
輸送の実情に合わせて10両編成対応にしているというだけの話なので、
ホームから2両はみ出すという無茶をやる前提であればやってやれないことはありません。

H5系については別項をご覧下さい。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年4月20日 (日) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/55378551

この記事へのトラックバック一覧です: JR北海道の新幹線車両、いよいよ誕生:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その12 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その13 »