« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その8 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その9 »

2014年2月15日 (土)

番外編~関東ドカ雪ピンチ!

昨日から降り積もった雪の影響が今日になっても残っており、各地大変な状況かと思います。

私の自宅アパートのすぐ近くは某ディスカウントショップがあり、いつもの土日であれば駐車場が満車になっていますが、今日はガラガラ。駐車場の除雪ができないもんだから、さぞかし店は開店休業状態なんでしょう。

一方、私めはと申しますと、とりあえず引きこもっております(笑)
ただし明日は仕事なわけですが、相棒(クルマ)と通勤しているため駐車場から出られないとピンチなわけなので、本日休みなのを利用してちょっと出し入れしてみたんですが・・・・・・・。
やっぱりダメでした(笑)
雪が湿気を含んで重くなってるもんだから、全然前に進まない!
そのうち前にも後ろへも進めなくなり、ちょうどそばで雪かきをしていたアパートのオーナーさんにスコップを借りて、なんとか道路から駐車スペースへ相棒を引っ込めて事なきを得ました。
明日はバス・電車通勤決定だけど、ちゃんと動いてくれるんだろうな、ヲイ?
それにしても、首都圏の雪に弱いこと弱いこと。
驚いたのは、上越新幹線高崎-越後湯沢間と長野新幹線が終日運転取りやめとなっていることです。
当然雪対策が十分でないのが問題なんでしょう。
まあ無理やり動かして事故を起こすよりはマシですが、ただし、もうちょっとドカ雪対策屋ゲリラ豪雨対策などを強化しないと、いざという時にはどうにもならないでしょうに。
同様に驚いたのは、東急東横線元住吉駅の追突事故
普通じゃ「追突事故」というのは考えられません。まだ事故原因が完全に把握できてるわけじゃないので想像でモノを語るしかないんですが、保安装置が先行列車のオーバーランからの停止位置修正に対応しきれてないんでしょうか?
とまあ、記録的な豪雪でいろいろな意味でガタガタな首都圏、もうちょっと雪に慣れてくれんもんでしょうか?
あ、そうだ、私自身も偉そうに言ってる場合じゃない。
スコップを2~3種類買っとこうかな。

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その8 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その9 »

その他」カテゴリの記事

コメント

http://www5.plala.or.jp/tanukinekochan/Shinkansen/Dokan/Dokan_index.html
を経由して週に1回は拝見しております。私の今現在は東京都中央区晴海に住んでおりますが、北海道函館市出身です。いつも楽しく拝見しております。後2年後に北海道新幹線が開通する予定ですが経営主体は何処の組織になるのでしょうね?東京近郊には(E233系)の仲間がJR線・地下鉄線・各民鉄線に沢山走っていますが、2月の間に2件も衝突事故を起こし(E233系)の構造の脆さが露呈してしまったようです。昨年のJR北海道の数々の不祥事も露呈し、果たして北海道新幹線が何処の組織で運営されるのかが少し気なる今日この頃です。また次回も楽しみにしております。【やっぱし津軽半島はあずましい所ですね!】

投稿: 近藤克典 | 2014年2月27日 (木) 13時01分

遊郎殿、お元気でござるか。
いつもでも引きこもっておらんでそろそろご登場願いたい。
この度の(2014/3/15)ダイヤ改正ぜひともコメント頂きたい。
俺の最大の悩み、怒りは青森へ行く「はやて」がねえのだよ!
みな安物(鈍行)「はやぶさ」だよ。JR東のぼろ儲け主義にはただただ呆れるばかり。
消費税8%どころか、「はやぶさ」の名のもとに、しっか500円も値上げしている。
「こまち」しかり、スーパーが消えても、500円そのままぼろ儲け。
(E5、320K、E6はわかるけどね)

投稿: ちばなよ | 2014年2月27日 (木) 17時34分

>ちばなよ 様
コメント、ありがとうございます。
本業がやたら忙しいだけで、一応元気です。

>ダイヤ改正
もともと新青森-東京間の完全「はやぶさ」化は囁かれていたし、E5・E6系開発費の回収もしたいし、
地方の在来線の赤字が膨らんでるんでしょうから、
とりあえず自分は「トクだ値」の有効活用でなるべく自衛することにします(笑)
まあ、新青森-東京間の「トクだ値35」の対象列車がなくなるのはちょっと腹立ちますが・・・。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年3月 1日 (土) 14時27分

>近藤克典 様
コメント、ありがとうございます。

E233系及びその派生車種については、車両の構造の問題というよりも、まずは衝突をしないようにする対策の方が重要だと思います。
衝突時に乗客の負傷を最小限にすることは必要と思いますが、同時に車体の軽量・省エネも求められているわけで、
私は近藤様のコメントを読んで、逆に車両の設計の難しさについて意識してしまいました。

北海道新幹線の運営主体は、今のところJR北海道から変わるということにはなっていませんので、このままJR北海道かと思います。
ただ、JR東日本から保守に関するノウハウを十分にもらわないと、安全は保てないのではないかと危惧しています。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年3月 1日 (土) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編~関東ドカ雪ピンチ!:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その8 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その9 »