« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その5 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その6 »

2014年1月31日 (金)

今更ながら、E7系

久しぶりに車両ネタです。しかも今更感が漂いますが、E7系について。

このネタを今アップする理由は、本業がメチャクチャ忙しいってのもありますが、報道公開時の情報や12月の時点で明らかになっていたデータでは、個人的には満足していなかったっていうものです。

さてE7系、個人的には北陸勾配区間の走行性能を上げていないという点で、少々残念かと思っています。まあ20年の時間を経ても通用しているという点でE2系の完成度の高さの裏付けということなんでしょうか

スペックを見渡して改めて思うのは、E7系はE2系を基本に改良を加えつつ、一部E5系のメカニズムを取り入れているという車両であるってことです。

車両構体はE5系をベースにしており、中間車においては0.8~1.6t軽量化されています。その恩恵により、電動機の出力が300kW/台とE2系およびE5・E6系と同一ながら、トン当たり出力はE2系19.6kW(N編成)に比べ、22.1kwと向上しています。

この他主回路や基礎ブレーキ等、E5系ベースだったり、環境基準への適合速度や動力性能、制振装置の使い方はE2系がベースだったりと、製造する時代の違いと整備新幹線区間の最高速度などを考えると、開発のアプローチはこういった流れにはなるかと納得できるものです。

ただ、ブレーキ性能は上がっているわけなので、勾配区間の走行速度が上がって欲しかったなとは思います。そうしなかったのは、電力設備的の容量的な問題があるのかな~と個人的に想像しています。

あとは快適性や静粛性がどれほどのものかですが、これは実際乗り比べてみないと何とも言えません。

皆さんの感想はいかがでしょう?

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その5 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その6 »

趣味」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

反応が遅くなってしまいました。
ご指摘のように、車両性能が上がっているのは間違いありませんから、勾配区間をより高速走行する潜在性はあるのでしょうが、ご存じのように「E2系と同等の走行性能」と公にされているわけですから、〝より速く走ることができない〟というより〝より速くは走らない〟ということなのだと勝手に理解しております。なにしろ連続30‰は特殊な区間ですから、該当する僅か30キロ余りで速く走っても、さほど全体の所要時間短縮には寄与しないので、わざわざ無理はしたくないのでしょう。

3月15日から北陸区間でもDS−ATCが稼働し、若干の所要時間短縮が実現しますが、E2系も速くなるので、乗って測っても(笑)、E7系の性能は見えてこないでしょうし。E2系が淘汰され、E7系に揃ったら、また改めて、更なる時短を考えてくれるのかもしれません。

そのE7を間近で見ることができるようになってきましたが、運転席部分だけを見ると、500系っぽい印象を受けます。一方、全体を眺めると、E2系のようでもあり、どことなく300系のようでもあり・・・・。

投稿: たぬき | 2014年2月 9日 (日) 16時11分

>たぬき 様
いつもコメントありがとうございます。
E7系については、私も”より速くは走らない”とか、「速く走る必要を現時点で感じていない」ということなのかと考えています。
何しろ最高速度は260km/hよりも高く上がらないし、勾配区間の速度を上げても1~2分しか短縮されないということなんでしょうからね。

スペック以外のところで勝負して欲しい車両ですが、ちなみに私はまだ実物を見られてません。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年2月 9日 (日) 18時48分

はじめまして。

E7系のスペックについては自分も少し残念だった気がします。
勾配性能、加速性能はもっと上げてほしかったですね。
北陸の場合は距離も比較的近く、260km/h、いやそれ以下でも航空にほぼ余裕で勝てる関係で、
速く走らせる必要がないってことでしょうか。
色々写真見ると、横にも縦にもくねくねしてるし・・・東北や九州も含めた整備新幹線の象徴みたいな
線形になってるのも残念なところです。
300km/hで走れると思われるのは上越妙高-富山間くらいでしょう。

色々と政治的に翻弄され、速く走る必要がない分「内装は良くしてあげるからこれで許してネ」
って所でしょう。

けど、一度は乗ってみたい車両の一つではあります。

投稿: neverbechi | 2014年2月10日 (月) 21時01分

>neverbechi さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

neverbechi さんは300km/h走行の想定を一部区間でなさったようですが、
私は整備新幹線区間のさらなる高速化は、東北や九州も含め、最新車両でも騒音基準クリアがやっとである現状から、
なかなか手を出してこないと思っています。

北陸新幹線の歴史をたまに見ることがありますが、整備新幹線の中では最も政治的に翻弄されているのが北陸新幹線ではないでしょうか?
どうも米原ルートに落ち着きそうですが、未だに敦賀以南のルートが決まっていないんですから。

投稿: 青湘遊郎 | 2014年2月10日 (月) 23時25分

>青湘遊郎さん

返信ありがとうございます。

北陸の敦賀以南の米原乗り入れは自分は反対だったりします。
滋賀県とJR東海がいろいろめんどくさいし・・・
米原終点にしてもリニア開通までは結局乗り換えを強いられると思います。
一番金がかかる若狭ルートが最も無難かと・・・京都を通らないのがネックですが・・・

北陸が一番政治的に翻弄されてようやく開通ってところですね。
長野-金沢間は着工してから通算で東北の盛岡以北以上に年数がかかってしまっています。
スーパー特急で金沢付近を先に完成させてもう10年以上・・・開業まで着工から26年?です。
こっちの海峡線区間は開通して28年でようやく新幹線になります。
盛岡以南開業から新青森開業までも28年・・・
ん?青森は28に縁があるような気が・・・?

投稿: neverbechi | 2014年2月12日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/54738580

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら、E7系:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その5 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年12月~その6 »