« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013年4月14日 - 2013年4月20日

2013年4月14日 (日)

さらば200系新幹線電車!

本日2013年4月14日、初代東北・上越新幹線電車である200系新幹線電車がラストランを終えました。

リニューアル工事をされながら開業時から31年弱走り続けてきた系式ですが、ついに完全引退、これによって旧国鉄の新幹線車両が全廃となったわけです。

ふと思い返すと、私が初めて乗った新幹線系式です。
その当時はまだ物心つく前のガキんちょだったので乗車の感想は覚えてなんかいませんが、当時撮った写真は今でも手元に残しています。

なんとなく記憶しているのは、青森の地元のニュースでたま~に新幹線やら新青森やらの言葉が聞かれたことです。東北新幹線大宮-盛岡間開業時は青森市の新幹線駅を新青森とすることで決定済みで、当時は整備新幹線建設が凍結されるかされないかの時期だったんですね。この車両との出会いと青森での新幹線誘致の動きを知ったことが、当blogの存在の本当の起源なのかもしれません。

話は戻りますが、200系という車両、初代東海道新幹線車両・0系に基本的には似ていますが、写真などを見比べてみると、200系のほうがスッキリしています。デザインは0系を基本にしているとはいえ、やはり製造開始時期が17~18年も違うとフェイスリフトくらいはされるよといったところでしょうか。

いきなり話は飛びますが、実は私、上越新幹線での定期運用を終了する前に200系で東京-新潟を往復してきました(実は長野にも足を延ばしたんですがね)。

普段E2系やE5系に乗ってるため久しぶりだったんですが、現代の標準系列に比べると、あらゆる意味で「重厚」ですね。特に「音」が重厚で、モーター音をはじめ室内の空調音の重厚さが特に印象深いです。

走行そのものは乗車日も快調そのもので、もう少し乗っていたかったですね。

まだまだ走れそうな気がしますが、E5系が320km/hで走り始めているのに対して上り10‰で220km/hも維持できない(上り10‰均衡速度は216km/hとのこと)のでは、走り続けるのにはさすがに厳しいか。旧くなってきた車両はやはり引退をしていくわけですが、その分現在標準系列になりつつあるE5系に頑張っていただきましょう。
それと、1回くらい新青森に来てほしかったですが、仕方ないっすね。

200系、お疲れ様っした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »