« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その3 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その5 »

2013年10月26日 (土)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その4

今回は羽白高架橋工区です。

こちらは工区起点。
20139_053
第2岡町高架橋のCt13です。

北へ移動して本線に近づいたところ、
20139_056 20139_057 20139_058 20139_059 20139_060
数か所で可動ブラケットまで取り付けられていたので、撮ってみました。

市道より。
20139_066 20139_065 20139_064 20139_062 20139_061
ここもお馴染みの場所。左写真が奥津軽(仮称)方面、右写真が新青森方面。

20139_068
奥津軽(仮称)方面のズームです。

20139_070
防音壁の取り付け作業中だったので、撮りました。
なるほど、半覆い式防音壁ってああやって取り付けてるんですね。

富田架道橋。
20139_072 20139_073
こちらもおなじみの場所ですね。
左写真が本線東側から、右写真が本線西側から。

少々本線に近づいて。
20139_077 20139_076 20139_075 20139_074
左写真が奥津軽(仮称)方面、右写真が新青森方面。

少し離れた位置から。
20139_078 20139_080
可動ブラケット取り付け中。この当時作業中なのは上り線側で、奥津軽(仮称)側を向いてました。

ローソン青森羽白店より。
20139_086 20139_087
左写真は歩道から。写っている道路は国道280号内真部バイパス。
右写真は道路から離れて、駐車場内より。

青森県民生協はまなす館そばより。
20139_088 20139_089 20139_090 20139_091
前回と同じ場所から。左写真が新青森方面、右写真が奥津軽(仮称)方面。

20139_093
奥津軽(仮称)方面のズーム。

少し北へ移動して、農道より。
20139_094 20139_096
飛鳥高架橋工区である浜田高架橋まで写ってますが、電化工事が最盛期を迎えつつある様子でした。

20139_098 20139_099 20139_100 20139_101
上の2枚の撮影位置から本線に近づいて。左写真が新青森方面、右写真が奥津軽(仮称)方面。

20139_102 20139_103
奥津軽(仮称)方面のズームを2枚。

工区境界付近。

20139_104 20139_105
左写真が新青森方面、右写真が工区境界となる浜田川橋梁。

20139_111
本線に近づいて、浜田川橋梁をもう1枚。

次は飛鳥高架橋工区です。

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その3 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その5 »

工事レポート」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

度々貴重な情報を有り難うございます。

九州新幹線の当初の八代~鹿児島中央間のラーメン連続高架橋とこの北海道新幹線のラーメン連続高架橋との変化を素人視点で見てもやや変化を感じるのは私だけかなぁ…と。

ハンチが省略されているのは、整備新幹線として再開した東北新幹線盛岡~八戸、北陸新幹線軽井沢~長野間でも同様ですが、九州新幹線よりも橋脚の間隔が再び狭まってきている、橋脚の太さがやや太くなっているとした外観上の変化を感じます。

これは、やはり地震を考慮した設計なのでしょうか…。
同じJRTT施工であるものの、九州新幹線のラーメン連続高架橋は、橋脚が心持ち細くその橋脚の間隔も広がっていて、まるで鉄道模型の高架橋の様な感じでしたから。
しかし、旧技術研究所のOBのスタッフの話によると、素人が見ても不安定な構造物は本当に不安定とか聞いた事が有ります。

投稿: 旧国鉄の愚息 | 2013年10月26日 (土) 11時50分

>旧国鉄の愚息 さん
コメント、ありがとうございます。

>九州新幹線よりも橋脚の間隔が再び狭まってきている、橋脚の太さがやや太くなっているとした外観上の変化
これは当たり前のお話なのではないでしょうか。土木構造物を造る条件は現場ごとに違うわけですからね。
根本的なこととして地質が違うことに加えて、北海道新幹線は高架橋上に積雪が発生することも設計上考慮しなければならないんですから。

>これは、やはり地震を考慮した設計なのでしょうか…。
九州新幹線でも地震を考慮しないなんてことは無いでしょう。

>しかし、旧技術研究所のOBのスタッフの話によると、素人が見ても不安定な構造物は本当に不安定とか聞いた事が有ります。
どこかで見たような論調ですが、全く意味なく設計された方々を見くびるようなコメントは、控えていただくことをお勧めしますよ。

投稿: 青湘遊郎 | 2013年10月26日 (土) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/53714701

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その4:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その3 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年9月~その5 »