« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その9 | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、廃止発言撤回?~しかし安心してはいけません。 »

2013年7月24日 (水)

大丈夫か?JR北海道

皆さん、お久しぶりです、青湘遊郎です。

多忙を極め半分浦島太郎状態ですが、何とか取り返すべく、今日は豪華3本立てで行きたいと思います。
※7/25追記:7/24、結局3本目は間に合いませんでした。

まずは続発するJR北海道の車両事故から。

7月だけでなんと3件ですよ!

7/6:北斗14号(キハ183系)
燃料噴射ポンプ内のスライジングブロック折損。トラブルは平成24年9月と平成25年4月に続いて3回目

7/15:スーパーおおぞら3号(キハ283系)
配電盤出火

7/22:スーパーとかち1号(キハ261系)
エンジンからのオイル漏れ

ディーゼルカーだけで話は終わらせることができるのかと思いきや、5月にもスーパーカムイ6号(789系電車)で電車でのトラブルもやっぱりあります。

ただ、不可解なのが本年7月にやたらと集中しているということですね。さらに確か他に今年に入ってさらに2~3件ありませんでしたっけ?

機械ってのはいずれは壊れるものではありますが、それにしてもひどい。特に故障が頻発しているディーゼルカーってのはJR北海道にとって主力なわけですから、ディーゼルカーの運用、整備などにおいて他社よりも優れているぐらいじゃないといけないでしょうし、老朽化に対する研究ってちゃんとやってるのかしらと疑問に思ってしまいます。

事故を続発させてしまっているJR北海道はあと3年後には新幹線の営業を開始し、車両の整備も始めるわけです。今回トラブル続発がディーゼルカーが中心だからまだマシかな~と思いたいところですが、JR北海道の整備不良が原因で新幹線が使い物にならなくなってしまうなんてことは絶対に避けてほしいですね。

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その9 | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、廃止発言撤回?~しかし安心してはいけません。 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫か?JR北海道:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その9 | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、廃止発言撤回?~しかし安心してはいけません。 »